猫知恵に学ぶ

猫を飼うなら一度はのらを体験したコ。
何故って野良猫体験がそのコをとっても賢い猫に育てるから。

というわけで我が家の猫は代々、野良猫体験者。
今いる猫もご多分にもれずそうなのですが、バカな飼い主が舌を巻くような処世術を見せてくれます。

猫は「おなかすいた」「トイレがしたい=ひねり出す前にひと暴れしたい」「猫恋しい」の三点で鳴くことが多いのですが、こちらが勘違いして、餌を上げた場合、
「おなか一杯なんだけど」という顔をしながら、付き合いで喜んだふりをするのが上手。
上げたものがまずい場合でも、
「餌をくれたあなたにありがとう」と指にすりすりして愛嬌をふりまく。
「猫恋しい」のに人が代理で遊び相手になってあげると、
「つまらないけど、あなたの一生懸命にありがとう」と目をぱちくりしつつ感謝目線。

飼い主としてはその気配りぶりに、ああ、まなばなければならないなと思う次第です(^^)

by yoshi-aki2006 | 2011-08-25 03:51 | 生きる力 | Comments(0)  

<< 大切なものをしまい過ぎてしまい... 島田紳助さん、見切り千両の明日... >>