大丈夫だよ~いじめっ子に負けるな!

いつも利用しているお店に行くたびにてきぱき、にこにこの女性がいて私は好感を持っていました。お店が一段落ついたとき、その女性と思いがけず長い時間お話する機会がありました。
「ここのお店って働きやすそうでいいですね」と水を向けると
「人間関係に耐えられれば・・・」
と意外な答えが返ってきました。
悩みがあるようです。職場の人間関係に悩む人は多いと聞きますが、A子さんも例外ではなさそう。

聞いてみると、いじめがあって仲間外れにされているとのこと。
「大丈夫よ!」と私は励ましました。
f0073848_0402998.jpg

たいていはやきもちだから。

いじめっ子がやきもちを妬く内容はくだらない子供っぽい、理不尽な事柄ばかり。
たとえば・・・。
私は独身なのにあんたは旦那がいるじゃないの⇒A子さんは既婚者、いじめっ子は独身。
私は学歴が低いのにあんたは学歴が高いじゃないの⇒A子さんは四年制大学卒なのにいじめっ子はそうじゃない。
私は小さなマンションに住んでいるのにあんたはそうじゃないじゃないとか、言いがかりとしか言えないようなことがベースになっている。

A子さんをいじめている人は職場の一人ひとりをご飯などで呼び出してはいじめ仲間を作り、ささいなことをあげつらって真綿で首を絞めるようにA子さんを職場で孤立させるように仕向けたそうです。自分の心の中の問題点を昇華することができずに仲間を利用して、自分を脅かす目障りな相手を攻撃し自らの成長を拒んでいるわけで、下手すりゃ一生、その枠組みに縛られる。そのことの不幸を本人が気付けないのが実は一番残念なこと。

「ここは、意地悪されればされるほどワタシのことが心底うらやましいんだと思って気持ちを大きく持って明るく仕事に邁進することをお勧めするわ。それにね、悪行は祟るものだから、そのうちいじめっ子自身に同じような事態が起こるものよ。だから、ガマンガマン」
と励ましました。
因果はめぐるというけれど、したことは必ず跳ね返ってくるもの。しかも1000倍返しが常。
だから、あとは神様の采配に任せて忘れることと。

いじめられているイコールやきもち妬かれている⇒相手は死ぬほどあなたがうらやましいのだから堂々と自信持って頑張ってよと。

しばらくしてA子さんの明るいてきぱきとした姿は一段と輝き、お客さんにも上司にも評判上々。
いじめっ子はどうなった?
柱の陰から明るく頑張っているA子さんの姿をエプロンの端を噛みながら窺っているそうです。

全国のA子さん、ファイト!!

先生業とか特殊な仕事についている人、付こうとしている人もご注意を。同じ職場ですらこうなのです。不用意に嫉妬に狂う人と出会う確率は先生稼業の人のほうがもっと高いと思います。サイコパスに近い彼らの特徴に注意を払えば災難に合いにくいかもしれません。

嫉妬狂いの人は突き詰めれば「同じ枠組みにいた人が別世界を持って充実している」とか「羽ばたこうとしている」ことが許せないわけで、長女として親から「お姉ちゃんでしょ。我慢しなさい」と押さえつけられたとか初めての男の子として必要以上にちやほやされたような人かもしれません。
彼らは一人では何もできず「自分がコントロールできない世界にいる人を誹謗中傷して自分のコントロールが効くと錯覚したくて徒党を組む」ようなことをしがちです。言葉巧みに人を洗脳する能力は高いので見込まれないようにしないとなりません。

こういう人と出会わないためには先生業の人はできればそういう人と同じ教室で学ぶようなことや、同じ領域にあまり近ずかない用心が必要でしょう。メールをやり取りするときも情報管理に注意しましょう。本職のHPやブログFaceBooKページを見ただけで嫉妬のスイッチがオンになるようなケースがあります。メール管理に工夫すればどこから誰が何をしているのか推理するのに役立ちます。ある人はメールのひな形を個別管理し、ブログなどから話に尾ひれを付けて悪評が立つように動いていたキーパーソン(いじめっ子)を早い段階から特定できていたそうです。それくらい情報管理しないとうっとおしい目に合いますよ。

今、大活躍している元商社マンの場合、ボイストレーニングに通っただけで、その主催会社の営業氏に目を付けられてしまいました。元商社マンが人気者になる過程で営業氏はものすごく妨害をしていました。

元商社マンは成長しようとして勉強していただけなのに、理不尽ともいえる目にあったのは営業氏からすると「同じサラリーマンの癖にフリーで出世して行くのはけしからない」という言いがかりも同然な理由から。きっと営業氏は死ぬほど元商社マンがうらやましかったんでしょう。

人もやはり動物で種族保存、仲間形成の要求があり、単独で羽ばたくような人の足を我知らず引っ張るように脳内指令が出ていいるのかもしれません。

なので特に先生業の人は注意して自己研修したほうがいいのです。私も元商社マンの人と同じような目にあったことがあり、割高になりますが、学びたい時はできるだけ個人レッスンで受けるなどしています。でも、畏れるなかれ! 一番効果的な撃退法は、成長しまくることに尽きるのて大いに頑張りましょう!

さて、こうした人間関係、職場関係の問題解決の一環で
2011年10月3日、私こと木村佳子は一般社団法人 くらしとしごと生活者フォーラムの代表理事に就任いたしました。身の丈に合わない金銭感覚で不幸な消費生活を送ることで家族も巻き込んで破綻していくことのないように堅実な金融リテラシーの普及に貢献するほか、こうした職場などのいじめ、人間関係の問題も取り上げて問題解決に働きかけたいと思っています。どうぞよろしくお願いいたします。

by yoshi-aki2006 | 2011-10-09 01:04 | 人間考察 | Comments(0)  

<< 柿採りのシーズンですね! サリーに学ぶ処世術~なるべく怒... >>