ドンマイ! 仕事

2007年の自分のブログを読み返すと、
「死相漂う忙しさ」と日々の暮らしを記述したものがありました。
その時、お会いした先輩からちょっとシニカルなコメントをいただいたものです。
意訳すると「お忙しくて結構ですね。こっちは暇でしょうがないのに」というものでした。

その時はコメンテーターの気持ちにいまいちピンときませんでしたが、今は、ちょっぴり分かります。
暇になると人が忙しそうにしているのに自分がそうでない状態をさびしく感じ、こんちくしょうと思い、なんで優秀な自分より、あんなアホが忙しいんだとかつい、思ってしまうものです。

特に仕事ができる優秀な人ほど、そう思うでしょう。暇になってしまった原因は望まない早期退職だったり、会社がいきなりTOBされて役員全員解雇というようなよもやまさかのケースで椅子が無くなったり、ある日、突然、顧客がいなくなる、そんな事態に遭遇したからでしょう。

私もよくしてくださった方が亡くなったり、退職されたり、転職されたりして、コミュニティをひとつ、ふたつ、無くしたようなときに、同じようなさびしい気持ちを味わいました。

で、気がついたのです。コミュニティをひとつ、ふたつ、なくしたら、新たにそれを作らなければならないと。
常にそう心掛けないと、知っている人、よくしてくれる人、分かってくれる人、居心地のいい人にばかり甘え、無くした時に一気にさびしくなるよと。

退職したり、引っ越ししたり、働く場所が変わった時こそ、最初は怪訝に思われてもどんどん出て行って新しい知り合いを作ろうと努力したほうがいい。

死相漂う忙しさの時も、どんよりよどんだ空気にいる時も、ぽつんと一人でいる時も、その乾きさえ忘れずにいれば、また、新しいドアが開き、いろんな人と出会えると思います。

なので暇な時も忙しい時もご機嫌に楽しく生きていきましょう。スマイル~!!

by yoshi-aki2006 | 2011-11-30 02:01 | ビジネス | Comments(0)  

<< 幼くて愛を知らず~自分しか愛せ... 食育研究家から教わった食べては... >>