刺身売り場に眺めるだけの人だかりてな生活感覚と会社の金でM&A後、損切りする額の乖離

お刺身を買いたいなーとマーケットのお刺身売り場に立ち寄りました。

すると何人かが売り場に陣取り、試すすがめつお刺身の盛り合わせを熱く見ているんですよね。
マグロのお刺身ミニ398円(結構、安くないですかねー?)
盛り合わせ 680円(妥当では?)

もっと見たいなー、と思うのですが、3人ばかりがジーっと見ているのでそれ以上、売り場に近ずけません。お父さん(会社では結構、役職なかたではないかしら?恰幅がいいお上品な感じの方でした)が思い余ったようにマグロのお刺身パックをがばっと両手でつかみ、奥様と思しき女性に、
「これ買ってよー。ねえ、買って!」と哀願されました。すると奥様は「えーっ、いーわよ。今日は、いいっ。買・わ・な・いっ!」と却下されました。
お父さんは「なー!買ってよ、いーからっ」となおもせがみ、2人はちょっとした小競り合い状態に。

あぜんとその光景を見ていたことに気がつき、そんな場合ではないかと売り場に向き直ると、そのご夫婦にぴったり横シフトされていた初老の男性が最前列に移動していて、お刺身パックを試すすがめつチェックし始めていました。

ああ~、今晩は人のセミナーを聴きに行く予定で、その時間も刻々と迫るし、次第に焦る気持ちが強まり、

「見ていても値段下がらず、鮮度落ち」

と声にだし、一句ひねってしまいました。

すると、男性はちょっとびっくりして、私をしげしげご覧になりました(すみません!)。バツが悪くなり、私は、男性がぽかんとされている隙に、お刺身パックをパッとつかんでレジに急行。

大勢を立て直してレジ袋に買った品を詰めていると、知り合いの旦那さんが奥様に「今日はポイント5倍デーなのにたいした額、ついてないよねー」とレシートチェックをしていました。

わっ! ワタシはポイント5倍デーも知らずにカードを忘れてきてたんだ!
ここで、寒さからではなく頭がちょっとぷるっときました。

なんか、世の中、大変なことになってきてるんだわ。
みんな結構、大変な日常を生きてるっ・・・・・と思いながら、セミナーに行きました。
この日のテーマは企業M&A。

外資投資銀行でM&Aの実務に携わっていた方のセミナー。
実務家の話だけにとっても面白かったです。

しかし、ド派手な日本企業の外国企業M&A大損のオンパレードにびっくり!
某通信メーカーのこの10年ほどの間のM&Aは1兆円近くの特損を伴う損切りとか。
さっきまで私がいたマーケットとはあまりにも金額のけたが違う~。
話題になった某有名企業の2兆円ものM&A。業界の人なら「いくらなんでも進められない案件価格」というのが相場らしいのに気前良すぎの2兆円。これもどぶに金を捨てるの如くの状態になるかも? とか・・・。

2兆円って、はあ。

さっきのお刺身パックなら何個買える金額?
30億個買える金額。
365日毎日805万個もの刺身パックが食べられる金額。
100歳までの毎日、8万個は食べられる勘定。
5人家族なら100歳まで毎日各自が16100個食べられるくらいの金額・・・・、ってバカな計算をしてしまいました。

そんな金額をスッてもその日本企業が有利子負債ゼロでいられるってどれだけ金持ち?
いや、どれだけ儲けてるの? だったら通信費安くしてよ、みたいなことも考えました。

日本企業、気前良すぎの損切り大会(字余り)

家族でお刺身パックをチェックするときのように慎重すぎるM&A感覚ではダメなのでしょうか。
実にもったいな~い!
f0073848_22213.jpg

by yoshi-aki2006 | 2012-12-03 02:37 | 日々の暮らし | Comments(0)  

<< 新幹線「新神戸」から地下鉄駅口... アジア最後のフロンティア~ミャ... >>