外食味付けはなぜあんなに塩っぱいのか?

先日、インテリジェンスと社会的地位の高いお歴々の皆さまからのご指名で経済・株式に関するお話を幹事様のお手配された企業会員クラブにおいて一時間ほどさせていただきました。

この会合で講師をさせていただくのは四度目で、毎回、ご指名いただくたびに緊張感でいっぱいになります。

元官僚、一部上場企業の取締役、世銀などの政策サイドにいらした方などなどが集われている中で一体、私が何をお話すればいいのでしょうか????

ご辞退するのがほんとのところですが、「まあまあ」と誘われて、ついつい引き受けてしまいます。それが終わってほっとして、大阪出張へと一人移動した東京駅で「小腹がすいた」と思い、近場のレストラン街に出向き、定食のお膳を注文したのですが・・・・。

お~、舌がしびれるほどしょっぱい!
うなぎが載った小どんぶりのご飯が「こんな硬いご飯を食べたのは何年ぶりかなー」と考え込む硬さであるうえ、うなぎのたれがしょっぱい。

肝吸いの吸い物をすするとうまみは感じるものの、これまた、脳天直撃の塩っぱさ。
「私、疲れているんだわ・・・・」と気を取り直してお茶をのみのみ箸を進めると隣の席から
「しょっぱいなー」という男性の声が聞こえてきました。

「あら、私だけが感じていたのではないのね」と思い、冷めつつあるうなぎ小どんぶりに箸をすすめるも、塩辛くてつらい~。

残せばいいものを「食べ物は残してはいけません!」との実家の教えが身を縛り、ついに拷問の塩辛い夕食を食べ終わりました。と、ほ、ほ、ほ・・・・。

ここからは職業病の分析癖が。
たぶん、ここの板前さんは東北出身だろうと想像。
秋田県では塩加減が強めといいますから、秋田、青森あたりのご出身かな?
ご飯が硬いのは柔らかいご飯よりもおコメの消費量の観点、つまり経済的判断でしょう。
うなぎの仕入れ値が高いため、なんとか値上げしないでやろうとするあまり、ご飯にしわ寄せがきているのではないかと思います。

たれが塩辛かったのはたれの日持ちを考えてのことかしら。
これも経済的理由?

帰り道、「近為」さんにすればよかったかな~と思いつつ、エレベーターに。
うなぎの健康効果かもしれませんが、口の中の粘膜がつるつる。
いや、これは塩でぬめりとりをした後の食材を思えば、口内のぬめりが塩辛いお膳で取り払われたのでしょう。
胃の粘膜の状態を考えると、あな、恐ろしや。

外食でこうした塩加減のものに当たる確率を考えるとどうしても内食志向になります。
自分で作るものはなるべくお塩を控えています。
f0073848_9461724.png

お野菜そのものがごちそうですよね。それぞれの味が楽しみです。
f0073848_9471361.jpg

ハムにはたっぷりお塩が入っていますし、枝豆も塩でもんでから湯がくので、下味がついています。
サラダの塩気はこれで十分。タルタルソースを少しだけかけていただくことに。
f0073848_9484132.jpg

コメのとぎ汁で戻して甘辛く炊いたニシンの味を楽しむためにはお蕎麦の汁は出し味メインにして塩は控えます。醤油にも塩が入っているので、粉塩は入れないでも十分おいしいです。

さあ、これから関西へと予約サイトを確認したら、おお!
何を間違ったのか禁煙ルームではなく喫煙ルームを予約していました。

煙草のにおいとお塩と・・・。

なんということ???

とキャンセルして始発のノゾミで行こうとしたら、連休のせいか、グリーンまでびっしり満席。
混みあうグリーンではプレミアム感は大いに後退ですが、ま、いろいろなことと遭遇して人は知恵をしぼり、成長するのだと考え直して、やっと確保できた席で大阪に向かったのでした。

私のホームページを見て来場してくださった皆々様もいらして、ご来場に心より御礼申し上げます。
2時間半の長丁場をお付き合いいただき、私も普段、なかなか踏み込めない部分までたくさんお話しできました。ありがとうございました!

また25日も大阪朝日ホールに伺います!
話の内容はぐっと変えないと楽しんでいただけないかと思い、レジュメはそう大きくは変えないものの、中身は今から準備中です。

ご来場、お待ちしていますね~!

by yoshi-aki2006 | 2016-03-20 09:57 | 日々雑感 | Comments(2)  

Commented at 2016-03-21 11:35 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by yoshi-aki2006 at 2016-03-29 10:39
先日、大阪に出張した際、お口直しに紫藤さんの白焼き定食をいただきました。本当においしかったです。ご飯もほっこりしていましたし。やはり、おいしいお店で食べたいですね。名古屋冨士屋さんのひつまぶしは絶品でしたね。また、食べたいものです(^^)

<< ショーン川上さん現象のこれから 3月19日、25日木村佳子の大... >>