中国の精華大学に留学する手を考えてみては?

ジム・ロジャーズさんは有名な投資家ですが、娘に英語と中国語を覚えさせようとシンガポールに拠点を構えたのは有名な話。
確かに中国語と英語はこれから飛躍したい人には必須です。

で、もしも留学を検討しているなら、思い切って中国の精華大学に留学してみるというのも手です。
精華大学は日本でいう東京大学。
中国のトップはほぼ、精華大学出身者で

習近平氏
胡錦涛氏

も出身者です。

面白いのはこの精華大学はアメリカが作った大学という点です。
これからのグローバルリーダーを作ろう、
人口が多い中国の成長を見据えてのことで、そこがアメリカのすごいところですね。

こういう大学に行って人脈を作って
しかもハイレベルな学業で磨かれるって、すごくない?

参考サイトは
精華大学への留学について参考リンク

さらに面白いのはこの大学の中にブラックロックという投資信託を運営している会社のトップやトランプ陣営と被る経営者たちが運営員会を構成している学部があるんですよ。
つまり、米中は商売としてつながるところはつながっているんですね。
表の対立、中での握手。
という点も日本人は知る必要がありますね。

というわけで、どうせ行くならハーバード、ケンブリッジだけでなく
精華大学も要検討です。位置的には欧米より近いしね。
ちなみに私が早稲田の大学院で驚いたのは中国人の留学生の多さでした。

会社に入って語学で苦労するのも大学で語学で苦労するのもどの道一緒。
留学を考えているなら一考の余地あり。


株価と政治についてのコラムは
木村佳子のブログ アメブロで更新しています

北朝鮮リスクと株価についてのコラム

ぜひお読みくださいね!

by yoshi-aki2006 | 2017-09-25 23:24 | ライフスタイル | Comments(0)  

<< 高学歴プアと低学歴リッチ、いず... 福を呼ぶ挨拶の力 >>