高学歴プアと低学歴リッチ、いずれにもなりえる学歴とお金周りのこと

大学院関連の記事にアクセスが多いのできっと大学院に行こうかな、どっしよかな、と考え中の30歳代、40歳代が多いのだろうと思います。
ちなみに、ビジネス系の大学院が想定しているターゲット年齢層は30歳代です。

ビジネスの現場を知ったうえで、
さらに飛躍するためにグローバルなマーケテイングや財務、マネジメントの知識を増強すれば
将来の幹部候補になれますよね、という想定です。

もし、このコースにパチッとマッチングできれば大学院に学んだことは何倍にもビジネスの上で膨らませることができますので「あの時、行っておいてよかったね」ということになります。

が、大学院に行ける時間とお金がある余裕は、実際30歳代ではかなりむつかしいです。
だから会社が学校に行かせてくれることが一番幸せな社会人大学院生の在り方と言えるでしょう。
(会社に働きかけて、そういう制度を作らせ、まず「偵察」と称して、担当上司と一緒に大学院生になることをお勧めします!)

時間がある・・・つまり、現在、閑職、傍流であるというケースもありますし、
お金がある・・・・もうビジネスマンとしては名を成し、功を成した後で高年齢

であるケースも少なくないため、

大学院の想定する30歳代でMBAをとってバリバリ行きましょう! という理想と現実はずれています。
また、海外では転職文化が根ずいているから、会社を辞めて大学院で学んで、また、会社に勤めて、ということもしやすい。
が、日本ではなかなかむつかしいということがあります。

大学院がビジネスマンを想定しているかどうかは授業内容と教授でしっかり見極めることですね。

大学院側もビジネスですから
お金はたっぷりあり、新しい知識を得たいという社長向けのコースを設けている場合があります。
こういうコースは教授との連携も取りやすいため、教授側にもメリットが大きく実学的な意味合いが大きいですね。
(現役社長とビジネスをしたいがためにこのコースを創設する人もいるくらいです)

学術系の大学院にビジネスマンが行くとか
学部から大学院に進んでくる人数が多い大学院の場合、授業内容がビジネスマン向けではないとか、

ミスマッチになってしまうリスクがあります。これを避けるためにしっかり現場見学なりをして、理想と現実をすり合わせたほうがいいです。

私の場合のミスマッチをあげれば
ファイナンス系、経済系の大学院は文系文脈ではない、ということを肌で知ることになった点です。

経済というと文系的なイメージがありますが、実際はマクロ経済学、ミクロ経済学等、ギリシャ文字で経済モデルを数式で示したり、数学のアプローチが多いので、「えっ? なんで微分積分で経済を学ぶわけ?」とそこからですか的オドロキに見舞われ、激しく混乱と後悔するところからスタートしました。微分積分は証券アナリストにも必要な知識で経済はつまるところ数学だ、とアカデミックな世界ではとらえているわけです。(´;ω;`)

大学院入学の際、「数学、数学、数学ですが大丈夫ですか?」と聞かれたのに、その意味がよくわかっていなくて、
まあ、何とかなるか、と思ってしまい、実際、ものすごく苦労しました。

私と同じようにΣ(゚Д゚)状態の不動産ビジネスに携わっていた女性は家庭教師5名に学んでいましたし(どんだけお金がかかったでしょうね?)、外資系の証券会社にお勤めの女性も家庭教師にフォローアップしてもらっていました。
私も塾に通い、東京大学大学院の学生さんに個別指導してもらいました。

数Ⅰしか学んでいない、しかもそれがン十年前という文系頭でよく卒業できたと思いますが、難関数学科目にA評価をもらったので、何とかなるっ、と言えばなるかもしれませんが、

お金と時間はかかりましたよ~(´;ω;`)

それと大学院で観たのは
高学歴プアになりえることでした。

大学院には前職は有名銀行に勤めていたのに、辞めてまで、研究に没頭する人がいたり、
転職し、かえって年収が下がるような人が結構います。
英語も読み書きできる、博士課程で学識も高い、なのに年収が生活保護ギリギリ、そんな人がいるものです。
きっと親が金持ちなんですかね???
私も大学院に2年×2回で4年を費やすうちに、世の中の変化も進み、プア化が進んだような気がしますねえ(´;ω;`)

一方、仕事の現場で地歩を築いているのは大した学歴がなくても働いて頭角を現してきた人です。

どっちが旦那さんであれば幸せなのか、と考えると複雑なものがありますねえ。高学歴プアな人が低学歴リッチな女性と結婚してなんとか暮らしていけたりしている姿は結構あります。

結局、年収と地位を獲得するのは学歴ではなく本人のやる気とビジネスセンスということが言えるかと思います。
しかし、こうしたガッツで伸びてきた低学歴リッチをマネジメントして儲けようとする輩も世の中にいて、
それが会社であればMBAタイトルを持った役職者であったりするわけです。

誰からも舐められず、マネジメントされず、コンプレックスを掻き立てられて利用されることなく、
「どうだ!!!! 私のこのやり方は!!!」
と気迫で生きていくことがもっとも強いビジネスマンの姿だと思います。

ただし、この生き方で注意すべきは
健康管理と異性関係。

むつかしきかな人生は、というわけで、
けしてMBAタイトルをとればなんとかなるってことではないので、MBAに投資するならしっかりと得るものはなんなのだろう、とよく考えてから、学びに投資したいですね。

安い大学院でも卒業までに学費だけで250万円は必要だし、
有名私学の大学院なら400万円はつっこむのだから

投資した挙句、高学歴プアになっているようじゃ、世話はないというわけです(⌒∇⌒)
f0073848_10191561.png
もう2年たつわけですが、苦労しても卒業できたのはよかったです(*''▽'')
(学んだことを社会に還元すべく、これから大学院に行こうとしている人に折に触れ、いろいろ情報を提供していきますね)

さて、さて、
投資ストラテジーは
アメーバで更新しています!
f0073848_11355667.png
コラムは
金融ウエーブについてのコラム
が公開されました。
どうぞお読みくださいね!




by yoshi-aki2006 | 2017-09-26 10:42 | ビジネス | Comments(0)  

<< 自分をブランド化するのが上手な... 中国の精華大学に留学する手を考... >>