自分をブランド化するのが上手な小池百合子さんが語るリセット物語に乗る人・乗らぬ人 

小池百合子さんと安倍晋三さん。

いずれも今後の衆議院選挙で注目度がぐっと増す日本の二大フェイスですが、
小池百合子さんは余裕綽々で上手に演説もこなし、メディアの使い方がとても上手ですね。

しかし、安倍晋三さんは追われる立場という難しい立ち位置だけに余裕がないように見受けられます。
今までの実績にケチをつけられ、
そして、それをリセットし、その先に希望があるよ、と言われているのだから、そりゃあ、安倍さんならずともそわそわしてしまいますね。

一方の小池百合子さん。都知事として何したんだっけ? メディアに出まくり、公務をキャンセルしてまで希望の党に頭を突っ込み、まだ実績らしい実績がないじゃない?
そういわれるのをうまく逆手にとっていますね。突っ込まれるだけの実績がない、イコール弱みがない、突っ込みようがないという強みにしています。そこが彼女の転換のうまいところで、実績がない分、ケチをつけられようがない、という立場にたち、有利に運ぼうとしているわけですね。

勝負師、小池新党などメディアの報道を効果的に自分のブランディングに役立て、民進党が解党するほどに人を引き寄せてしまいました。

私は「弱そうなほうを気の毒に思ってしまう」ため、安倍さんが気がかりです(*^。^*)
選挙の世界ではリセット話は挑戦者が使う常套句。
現状に不満な人はいつの世にもいるため、現状を変えましょうという話は「私に投票して私に替えてください」話なので、
有権者として、どちらが乗れる話なのか、よく考えたほうがいいですね。

民進党と希望の党が合体する事態はしかし、小池さんにとって良かったのか悪かったのか。
政権をとっていろいろなことがあった民進党のイメージがちょっと残念すぎますから、勝負師としてはどうだったのかな。

いろいろと有権者として夢話ではなく「実績」で判断したいですね。


人は実績よりもイメージに誘導されてしまいやすい。
上がる株に飛びつく心理と似て、リセットとか希望とかいわれるとぐらぐらとしてしまいます。
安倍さんは心して、今までの実績に照らして、何も恥じるところがないなら、追われる防戦ではなく、挑戦者として小池新党に挑むべきだと思うなあ。

いずれにしても両者は改憲派といわれます。
めぼしい野党はナシ。
どちらが勝っても改憲含み。
日本はどうなるのか、しっかりと見据えていきたいものですね。
さて、撮影現場でテスト画像を確認し、愕然。

f0073848_09385999.png
f0073848_09392916.jpg
写真で客観的になってみて、実感。なんだか年をとっちゃったなあ。
f0073848_09532296.jpg
事実、実績に目を向けないとだめですよね。
ふわふわ、夢に引っ張られて崖っぷち。そうなりたくないものですよねえ(^_^;)

リアリストになろう、現実を見よう、
とつくずく思いました。

衆議院選挙にも生かしたい視点ですね(^○^)


by yoshi-aki2006 | 2017-09-28 10:03 | アンテナ | Comments(0)  

<< 衆議院選挙~10月19日発売号... 高学歴プアと低学歴リッチ、いず... >>