コトの前にクズる癖、グズらない癖



毎日の収録、頑張ってます! 観ていただきましたか?
ところでのど風邪・・・。
ガラガラ声からは復活しましたが痰、咳、鼻水がまだ続いています。

深く息をするとガラガラ~と肺というか気管というかから恐ろし音が聞こえます。
今年は春にもひどい状態になりましたが、秋にもこのありさまで、困ったこと・・・・。


さて、今日は表題のグズる癖、グズらない癖についてです。
何か大きなイベントを控えたりしている時、「はい、わかりました」とすっくと受けて立つ人がいれば、一方でどうせやるのにグズグズいってしまう人もいます。

私はどっちかなあ?

グズっても事態は変わらないので「やると決めた以上やる!」派かなあ。

「えーっ、それはえーっ、私、できない・・・・」とすべて段取りが決まってから言い出すような人がいますけど、周りの人は困りますよね。

たぶん、グズってしまう癖がある人は周囲に「そうかそうか」と事態の収拾に動いてくれる人に恵まれていたケースが多いのではないでしょうか。

グズってしまうと、周囲の人が過剰に気にしてくれ、手を差し伸べてくれた成功体験が多くあり、他者の力を借りるためにグズる方法論が身についたのかもしれない。


ただし、悪い人たちが強引にコトを進めてしまうようなときにグズることによって身を守れることもあるのでケースバイケースですね。

それと時間が値打ちを決めるようなケース。
すぐしたら価値があるけれど、どんずまってからやるとやらないほうがマシになるようなことは
早めにした方がいいですね。

例えば結婚式の出席の返事などです。

来るのか来ないのか、はっきりしないと主催者に多大な迷惑が掛かります。
では投資の世界ではどうか?


証券会社の人に聞いた話ですが
即断即決のお客さんはバブル崩壊の時、多くが飛んだ、とのことです。
グズグズ、態度がはっきりしない人に生き延びた人が多かったとのこと。

戦争などの時の生死もそうかもしれないなあ。
確かに「よし、私が事態を解決する!」と動いた人の多くは木っ端になることがビジネスの世界でも見受けられますよね。
グズクズ、はっきりしないでいた人の方が無傷で長残りしたケースが多い気がします。

アホで実力もないのに、ブレーキが壊れていて、アクセルだけ強い場合、せっかくの獅子奮迅も無駄に終わったり人に利用されて終わったりしますよね。

102.png102.png102.png102.png102.png102.png思い当たるところがある・・・・。

後で気がつく何とやら・・・・124.png124.png124.png124.png124.png124.png

自戒しなければとは思いますが、いまさら感も強いです110.png110.png110.png110.png110.png

さて、9月25日
東京金融取引所内 プラザにて14:00-16:00
セミナー開催いたします。

お気軽にご参加くださいね!
詳細です
コトの前にクズる癖、グズらない癖_f0073848_19085220.png



by yoshi-aki2006 | 2019-09-04 19:13 | 人間考察 | Comments(0)  

<< 親になり切れないクズ親を子供が育てる 年金健全度チェックで30年後、... >>