人と仲良くなれる時、挨拶だけにしておく時

f0073848_10255473.jpg
趣味の習い事の発表会がありました。

一人で踊る舞台、仲間と踊る舞台、上級者と組む舞台。
プロのアーテイストが奏でる歌、演奏という豪華な環境の中、いろいろ学び、いい経験になりました!
当日の様子をちょっぴりと・・・・(^^)

f0073848_10250408.jpg
両方とも踊り仲間のお友達が撮影してくださいました。感謝~!


しかし、体力的にはきついなあ~!
コラーゲン、筋肉の減少を実感!
体力が減退していることをしみじみ感じましたねえ。気管支喘息にもかかって、なかなか治らないし。

あと何年生きられるのかしら? とも思いました。
生きたとしてもせいぜい数年だなあ・・・とマジで思いましたねえ(こうやって年を取っていくんだなあと思いました(^^) 

さて、こうしたイベントの良さですが、今まで挨拶はしていてもお付き合いはなかった人と思い切り仲良くなれることですね。

向こうもきっとそうだと思うんですよね。

この人、どういう人だろうか?
とか、
いくつくらい? 
なれなれしくしても大丈夫?とか。

なんとなくきつい印象の人だなとか、苦手だなとか。
忙しそうな人だなとか。

このお教室ではフラメンコにかなりお金をつぎ込んでいるリッチな方が多く、いかにもお金持ちの奥様って感じの方や、社会人生活でも結構エグゼクティブな方なんだろうなあという方もいて、こちらもあまりなれなれしくするのもなんだか申し訳ないなあとか遠慮します。

きっと向こうもそうかも? 

だからお互い、挨拶はしてもお付き合いはない期間があるわけですが、それはそれ。

が、一つのイベントを一緒にやることによって垣根がとれる。

「あ、私、この人たちの前ではここまで見せてもいいんだ」とお互いに思うようになるんですね。

なので、もし、人間関係で取り付く島がないような状況にいる場合は運動会やイベントなどの機会に付き合える人を焦らず、待てばいいと思います。

そういうチャンスがない時は無理に仲良くしようとしないでタイミングを待つといいんですよね。

挨拶だけしておく人から付き合える人をじっくり吟味する「待ち」ができるようになると楽しくなりますね。

私も挨拶はすれど付き合いはなかった人と仲良くなれました。これがイベントで得た収穫。

発見はほかにもあり、確かに踊りに「その人のすべて」が出る。

私より年齢が高い女性でも難しい踊りをしっかり踊っておられて、とてもいい刺激になりました。リハーサルの時の課題を本番では克服しているということは相当練習されたんだと思います。

踊れる踊れないは年の問題ではないですね。要は本人の志だなあと。

さて、相場ですが、この先、21000円を割る場面があるかもしれませんね。
ぼつぼつ、打診買いのタイミングでしょう。

気が早く、すぐ買い始めてしまうのですが、こちらもじっくり粘り強く126.png

待つことができると踊りも人間関係も投資もうまくなる!

f0073848_10491345.png
チャートはクリックすると大きくなります。





by yoshi-aki2006 | 2019-10-04 11:00 | 日々雑感 | Comments(0)  

<< 美ボディ維持に効く習慣 家電はどんどんバカになっている?! >>