日本のメディアは今日もお花畑 中東問題緊張

世の中激しく動いている時、やはりメディアは大きな組織であるがゆえにか、なかなか迅速な報道ができないようですね。
組織のむつかしさを感じる内容で速報性がない状態が続いています。

せめてNHKニュースでも世界目線での速報を伝えてくれればいいのですが、トランプ大統領の異常ぶりを強調する識者が出てきたりして、残念です。

地政学的な視座が欠如している報道は一皮むけば情緒論に過ぎず、FACTではないものになってしまいます。
まず、安倍晋三氏はサウジアラビアに行くのか?
行くのか行かないかが大事な問題です。
その理由は
https://www.youtube.com/watch?v=BT71mAzxp7g
で触れたとおりです。

サウジアラビアには豊富な資金がサウジアラムコ上場によってもたらされており、アメリカの軍産共同体を動かすポンプがしつらえられています。

このポンプのスイッチを誰かに押させたいのが軍産共同体の株主です。
この度、押させようとの動きが見て取れたので、次の展開がどうなるか知りたい。
おそらくトランプ大統領も彼なりにそうした大株主たちをコントロールしようと、それなりにディールしているはずです。
意のままにならないよ、ちゃんと大統領選挙で応援してくれるなら考えてもいいよ、といったところでしょう。

だから安倍さんがサウジに行くかどうかは重要な情報です。

報道でそうした視点をもって示唆してもらえればいいのですが、ないですね。だからyoutube全盛となってしまうのでしょうねえ。
さらにライブ配信へと報道の沸点は移行していくでしょう。

この事態をロシアや中国はどう見ているのかも知りたいですね。
中国問題は片が付きそうなのか?

興味は尽きませんね。
おーい、プロの報道、もっともっとщ(゚Д゚щ)カモーン





by yoshi-aki2006 | 2020-01-08 13:53 | 時事 | Comments(0)  

<< やがて認知症だらけの日本に! 味覚障害が教える人生時計 >>