ケーキを三等分できない人 六麦先生の話がとても参考になった件

youtubeではいろんな動画が見られるのでとても便利だ。
googleの戦術勝ちでネットを制するもの、世界を制すということで、ゴジラさながらそれまで繰り広げられていたゲームを根底からチェンジしてしまった。
テレビ、新聞、週刊誌などメジャーメディアが衰退を余儀なくされ、メディアをメディアたらしめていた「マス」がばらけてしまった。

こうした現象のもとで、そもそも私は、僕は一体何が知りたかったのかということを自問する機会も得られている。
ニュースで報道されることの中には全く関心が持てない内容もあり、それに付き合わされている時間は無駄と感じる。
例えばロシア・ウクライナ問題だ。
たしかに人道上、とてもひどいことが行われている。だけど、結果の悲惨さを繰り返し見せつけられている視聴者の身にもなってほしい。そんな遠い国の悲惨な日常を朝から晩まで報道されたとて、私たち一人一人の生活者に一体どうしろというのだろう。
報道する側は受け止められ方についても想像力を持つべきだ。
私は、僕は、今日の寒さがいつまで続くのだろうかとか、電車はちゃんと動いているのか、野菜が豊作で安く買えそうか、そんなことのほうが切実な問題なのだ。

ロシア・ウクライナの悲惨な日々の結末より、では国連や人道問題に取り組んでいる組織はどう判断し、何をしようとしているのか、そっちのほうが知りたい。しかし、そういう取材をして報道している番組は寡聞にして知らない。

ロシアはいかんですなあ、はあ、さようですなあ。
ウクライナの人は気の毒ですなあ、まことに。

そんなことを語っている人の話を聞いても仕方がない。無力さからの逃避でしかない。

ウクライナに金をくれてやるより、戦争を止めるのに有効な取り組みについての報道をしてもらいたい。
金を他国に恵むほど我が国が豊かなのかも知りたいことだ。
そして、その金は何の予算から拠出されるものなのか? それも知りたい。この国の主権者は曲がりなりにも国民である。その主が視聴者であることを忘れてもらっては困る。行政執行人である内閣によって勝手に財布からどんどん金を使われていることは見過ごせないことである。

それにそもそも、我が国がいつからNATO側についたのか? 岸田首相は完全にDS直下の執事で、日本国民のほうを向かない政治家であることをもはや隠しもしなくなった。DSの御用聞き、メッセンジャーは昔、竹中平蔵、今は木原誠二なのだろうことも気が付かないほうが不思議だが
そうしたことを報道するメディアは見当たらない。

だったら私は僕はメディアに多くを期待せず、黙々と日々の自分のローテーションを完遂することにのみ集中したほうが自分の「生きていく」を完成できる。

さて、そこでyoutubeだ。

最近見た動画で考えさせられたのは「ケーキを三等分できない人」を扱ったアニメだった。とてもリアルな現実を扱った内容だった。
そういうことがわからない人がいる、という認識を持って人と接しなければならないな、と思った。
そして、そういうことがわからない人は意外と多いのかもしれないとも思う。
受け答えは要領よくできて、一応、常人と思える人でも、実は合理的判断ができない人もいる。
ケーキをきれいにベンツマーク型に三等分することはできないが、つまり合理的な判断力はないが、欲望だけは強烈な人もいる。

誰しもが合理的な判断ができているわけではない。
能力の多様性、レベルはまちまちだ。

人を見て、そして自分も見て、能力の度合いをよくよく見極めなければ「バカの壁」を自ら構築してしまう。
自分を見極める、という点では、ある事柄では合理的判断ができても、別の分野では「ケーキを三等分できない人」と同じことをしているのではないか、という疑いを持つことだ。
問題解決をしていくうえで、ものすごく重要な視点である。

この「ケーキの切れない非行少年たち」は新潮新書で60万部の大ヒットとなった作品で漫画にもなり、ドラマにもなった。
ケーキを三等分できない人 六麦先生の話がとても参考になった件_f0073848_07202956.png
この本が大ヒットしていたことを知らなかったけれどyoutubeで知ることができた。
私もyoutubeの動画を作ることでとても学ぶ機会が増えたし、確認作業もできている。
学びが大きい。

https://youtu.be/cLCJQWQQ0m0



【今後の予定】
2024年
★1月29日(月)
北野誠のズバリ! CBCラジオ ラジコで二週間程度聞くことができます!

■2月20日 名古屋  
主催/日本証券新聞主催 
詳細が決まりますと日本証券新聞社・セミナーサイトやこちらでもご案内いたします。
お申し込み、ご予約は日本証券新聞社のWebサイトから、もしくはお電話(03-6661-9414)でも可能です。
■参加をご希望されるセミナー日時をご指定くださいませ

■2月28日(水)東京
場所:東京証券会館
https://www.google.com/maps?ll=35.680651,139.779527&z=16&t=m&hl=ja&gl=JP&mapclient=embed&cid=12744885949811419906
主催/日本証券新聞社
お申し込み、ご予約は日本証券新聞社のWebサイトから、もしくはお電話(03-6661-9414)でも可能です。
参加をご希望されるセミナー日時をご指定くださいませ

■3月13日(水)大阪セミナー
淀屋橋 朝日ホール
主催/日本証券新聞社











by yoshi-aki2006 | 2024-01-22 07:30 | アンテナ | Comments(0)  

<< 為せば成る! 板を担いで幾千里 仮想儀礼 大東駿介さん何度目か... >>