プチ家出のススメ

ある会社の部長さんがおっしゃっていました。
「私は家で本が読めないのですよ」
せっかくおうちにいる時に本なんか読まないでくださいな、と奥様がおっしゃるからだそうだ。
ご馳走様です!(ちゅーかなんちゅーか・・・)

で、部長様はお休みのとき、本を読みたくなったら「散歩に行ってくる」といって、お気に入り本を片手に外に出て静かなサテンで読書にふけるのだそうだ。

ちなみにこの部長様は
「年に1~2回、会社から家に帰る時、すっと家のドアを開けられないことがある。会社で重大問題が発生したようなときだね。そういうときは1~2時間、散歩してから家に帰る」ともおっしゃっていました。
「男の人って大変なんだなー」
と思いましたねえ。
「ただいまー」と帰った途端、会社人の顔から夫の顔、父の顔に切り替えなければならず、素の自分にはなかなかなれない? お気の毒でございます。


しかし、女だってそういうことはありますわねえ。
家に人がいなかったらどんなにいいだろう? というような日もあるし、
誰とも会いたくない体調最悪の状態の時もあります(病は一人の方が早く直る気がします)。

そういうときは前述の部長にならってプチ家出が効くかも!

5時間もほっつき歩けば結構、一人タイムを堪能できます。
お芝居とか旅行とか、図書館とか、部長流サテン読書とか。

一人の輝ける孤独タイムを過ごすのはなかなかにいいもんです。
人は散歩の時や黙っているときにいろいろなアイデアに恵まれます。

家族に囲まれていつも誰かと話をしている人は全くのサイレント・タイムを。
プチ家出。
たまにやると疲れがよく取れます。
お正月でいろんな人行事をこなして人疲れなさった方は是非お試しを!
ただし、通常お一人でお話する相手に恵まれていない場合は逆をしたほうがいいですね。
プチ家出でお話相手を探しに行って脳の活性化を!

by yoshi-aki2006 | 2007-01-05 00:51 | ライフスタイル | Comments(0)  

<< イザというときのピンチヒッター 仕事はじめ >>