ホルモンはすごいよ!

ヤケドした左の指が治ってきた。うれしい~!

たかがちょっとしたヤケドであるが、人差し指の先端が使えないとなると非常に不便。
何かをつかもうとしても落としてしまうし、ヤケドの皮がむけて新しい皮と入れ替わるまで、周囲にはかさかさの皮がみかんをむいたように広がり、いろいろなものに引っかかる。忘れて顔を掻こうものならキャーッ!  とっても痛い~。

しかし、人間の体というのはすごい。ちゃんと日柄を経れば再生していく。
日に日によくなっていくのだ。

捻挫も治ってバレエを踊っても大丈夫。インフルエンザもおとなしくなってきた。

あとはりんご、りんご、みかん、ゆで卵大の四つの筋腫。
治療薬の成果が上がっているらしく、すこぶる順調。

しかし、ホルモン剤の影響には驚くばかりだ。
私は大人になってから牛乳が飲めなくなっていた。
だから、コーヒーもブラック。牛乳は1ヵ月にコップ一杯飲むか飲まないかといった摂取量だった。しかし、今の治療薬に変わってから、飲む飲む。
一日500ミリリットルくらい平気で飲める。これはどうしたことだろう?

味覚が大きく変わったことを感じる。

治療段階1の時は甘さに舌が敏感になり、一日20個は食べていた飴が食べられなくなった。また、苦いもの、例えばコーヒーが欲しくなくなった。
食べないにもかかわらず、水太りというのか、むくんで体重が二㌔増えた。眠くて仕方なく、頭痛がして、難しいことは頭が拒絶していた。生理前にありがちな強烈なむかつきが時々あった。
私の20歳台の時によくあったこと、感じられたことだ。

治療段階2の薬が投薬されると、ガラリと変わって、味が深く感じられるようになった。
甘いものがオッケーになり、やたら食べ、しかし、体重はもとに戻って減り、また、頭は以前のように精緻を志向するようになり、眠りは浅くなって、激昂するような強烈な突き上げはあまり感じなくなった。
感情が平板になったような気がする。

人間とはかくもホルモンに操られて、喜怒哀楽を感じるものなのか?

短期間に自分の15歳から45歳くらいまでを体験しなおしたというか、
過去から現在、そして近未来をタイムマシーンで飛んだような印象だ。

将来、ネットコンテンツとして話題を集めている「セカンドライフ」のホルモン剤版というか、時系列にホルモン状態を調節してタイムトリップが体験できる時代が来るのかもしれない。というか、私がメディカル関係なら、そうした研究がしたい。


体がガタピシし始めてから、肉体というのは時間の中であるとき、耐性を失い、消失していくものだ、ということを悟った。時間に耐性を持つものとなるとビジネスか芸術しかないと考えるようになった。
また、どんなに現実時間で好きな人と愛し合っても、身体我をベースにした色恋は肉体が消滅すればしたくてもできない。
残るのは心か技。つまり芸術かビジネスである。
情は身体に宿り、理は社会に宿るともいえる。
また、こうも考えるようになった。
肉体が滅びていく実感に「今までは肉体を借りて、何事かを行うような体系にいて、これからは肉体が滅びた後に備えて、肉体がなくなっても、何かできるように練習する体系に移行しようとしているのだ」と。それができるようになったとき、寿命が迎えられたら、本当に幸せな人生だったといえるのだろう。

そう考えると、肉体の変化に嘆く気持は消失していくような気がする。
これもホルモンが導く「安らかにシニア化する」プログラムに乗っかっているとするなら、「あのなあ~」といいたくなるが。

ホルモン様もいろいろ考えているのだろう。何時までも血気盛んなじい様、ばあ様ばかりじゃあ、社会が騒がしくてかなわないと。

by yoshi-aki2006 | 2007-05-13 09:57 | ボディ | Comments(4)  

Commented by sifer at 2007-05-14 19:41 x
本日のクロージングベル、見ました。
7月は、優待銘柄も少ないので、困ったものです。
決算日に関係なく 優待日を設定してくれないかな~と、いつも思いますね。
来月も楽しみにしています。
Commented by yoshi-aki2006 at 2007-05-14 23:13
ご覧いただきありがとうございます!
う、うれしいでーす。
Commented by おかじ~ at 2007-05-17 16:12 x
私も見ました!7月は本当に優待少ないですよね。
ところで私も左手の人差し指の付け根を怪我しています。
野良猫と遊んでいて引っかかれたのですが、一ヶ月以上経つになかなか治りません。手って炊事掃除洗濯等で酷使するので傷口が
乾く暇がないんですよね。いつまでもジクジクと体液が(生々しくてすいません)出てます。
30歳過ぎた辺りから傷の直りが遅くなった気がします。
Commented by yoshi-aki2006 at 2007-05-18 00:40
おかじ~さま

ありがとうございまーす。
ヤケドは皮がむけて赤くなっていまして、モノがつかみ辛いです。
で、赤くなっているところは皮膚が薄いので熱を強く感じ、顔を洗うときやお風呂の湯が熱くて困ります。
傷の治りは同感で30歳を過ぎたあたりから、遅いです。
昔は乾かしたほうがいいと聞きましたが今は保湿をしたほうがいいと聞きます。オロナインや軟膏を塗ってお互いに早く直したいですねえ。

<< 仕事の悩みを分かつ仲間 5月19日14時から大阪でセミナー  >>