人はホルモンで決まる!

筋腫治療で生まれてはじめてホルモン剤のお世話になったが、人はかくもホルモンで決まるものなのか! と日々実感だ。
医師に
「先生!  女らしさって女性ホルモンのもたらすもんだったんですねえ!」というと、イケメン先生も
「そう!  子宮筋腫が大きくなるのは女性ホルモンの影響なのですが、その女性ホルモンこそ、女性らしさの源なんですよ~」
とおっしゃっていた。

目下、私はその女性ホルモンを押さえる注射をしてもらって、筋腫を小さくしているところ。薬が非常に効く体質らしく、経過はすこぶる順調。鉄剤を飲まなくてもヘモグロビンの値は15近くまで跳ね上がり、もう、階段や坂道で息が上がることは全くなくなった。

が、どうも今の注射は効きすぎ。頭が船の汽笛のようにボーっとするし、第一、料理とか掃除とかそうした女性ならではのかいがいしい事柄が全くできなくなってしまった。

そこで、違う薬を処方していただくことに。これは楽だ~。
やっと風呂場の掃除ができるようになり、掃除のスイッチは入ったみたいだ。
以前、大貧血なのに魔法のようにいろいろな料理を作っていたモチベーションには今だ回復及ばずだが、包丁さばきを忘れる前に様子をみて、また、処方を変えてもらうつもり。

掃除を手際よくし、料理を苦もなくつくり、ちょっとぽっちゃりして、笑顔が素敵な優しい女性がいたら? その人はきっと女性ホルモンが一杯出ているんだと思う。そういう人は子供を産み、よく世話をし、男を男にし、よい妻、よい母、よいおばあさんになる人だ。

人間社会も環境ホルモンの影響を受けて、せっかくの女性ホルモンのもたらす女性性をかき乱されているのではないか?
ホルモンでいろんな世代の女性を絵巻物語のように体感して、そう思うことしきり。
私の理想のおばあさん像は英語と中国語でケンカができて、金も力も見識もある意地悪バーサン。女性ホルモンを押さえる治療中、予想外に早く一部分だけその日が来ると困っちゃうんだけど。
はやく語学やらその他を充実させなくては!

by yoshi-aki2006 | 2007-06-09 23:37 | ボディ | Comments(4)  

Commented by そらまめ at 2007-06-12 01:42 x
体調のご報告、参考になります。
たった一本の注射で、こんなに体調が変わるとは、怖いような???
私はまだ、一週間もたっていないのですが、少しむくんできたような・・。
せっかくの女性ホルモンをおさえるなんて、ホント勿体無いですよね。
早く他の治療法が開発されれば、女性ホルモンが
一杯でてる若々しい笑顔が素敵な優しい女性がふえますよね。
Commented by yoshi-aki2006 at 2007-06-12 04:03
そらまめさん
そらまめさんはどんな処方をしてもらいました?
手術をした女性から話を聞いたのですが、彼女は薬では筋腫が小さくはならなかったので切ることになったそうです。彼女は3カ月たったときに薬でなく自力で自分のサイクルで月のものになったので、薬が効かない人もいるんですね。私は効きすぎて困るくらいです。
今の薬に変えてもらって、ちょっと「るんるん」と気分が明るくなりました。料理もできるようになりました。薬ってすごいですね。また報告します。
Commented at 2007-06-13 22:19 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by yoshi-aki2006 at 2007-06-14 09:47
ありがとうございます。
私は一回目のおなじような処置で気持が非常に落ち込み、二回目のときに若手イケメン先生に「こんなんじゃあ、仕事できない」といって違う処方をしていただきました。すると、全く気分が変わり、毎日るんるんです。が、これってもともとの私ではない気がします(笑)
今は治療のおかげでお腹の厚みが横から見ると半分になりました。ダイエット広告のようです(笑)。
ま、焦らず直していきましょう。
あそこの先生は世界的名医ですから、信頼して治療を続けるつもりです。がんばって! また、報告しあいましょうね!

<< バブルのプロセス 角を取ってみた >>