鼻水

A子さんは悪気のない人であるが、一点、困ったクセの持ち主だった。
鼻水を啜り上げるのを日々、なんとも思わないのである。
彼女が鼻をすすり上げると気になるので、テッシュを持っていって「鼻かんでみる?」とやんわり、促してみたりした。
彼女は全然平気で「私ったら鼻水が出るたちなの」という。
私はそのすすり上げる音がとても気になるのだけど・・・。

ところが、昨日のことだ。面談の最中、鼻水が出ること、出ること。
あー、テッシュはー????

バックのどこかにあるはずだけど・・・・。

相手は大会社の役員を務めたようなとても立派なお方。
「経済の流れは・・・・。ヘロヘロ、グシュ、グシュ(私の鼻水の音)、あー、えーと」
思わず指で鼻に栓をしたりしてよけい気持が動転する。
「えー、グジュグジュ、ハクション!! あー、それで---」

あーあ、私がA子さんに感じたような気持をお相手に感じさせたのだろうなあ。
鼻水・・・・。
風邪か?
花粉症?

あー、何とかしたい。大事な相手との面談では鼻栓をしなきゃとマジで思いました。

by yoshi-aki2006 | 2008-02-14 09:41 | ボディ | Comments(0)  

<< 目に星 レストラン カンテサンス >>