筋肉の衣 2

バレエの先生を見ていて驚嘆するのは足を高く前に上げて、そのまま上げた足の太腿の付け根を回転軸にして横、後ろとよろけずに自在に動かせることだ。

とても、同じ人類とは思えない。

どうしてあんなことができるんだろう。

最初、先生が足をちょっとおって斜め前や横に上げて見せ、それを難なく顔近くまでまっすぐ上げてバランスしているのを見たとき、

「ひええぇぇぇ~」と絶句した。

また、股割り横、前後ができるのを見たときや
前屈してあごやお胸が床につくのを見たときも、内心、私は地動説を突きつけられたようにひっくりかえった。

あんなことができる人が居るなんて!!!! 何人ものバレエの先生を見たがみんなそんなことは朝飯前のようだ。

毎日の鍛錬のたまものだろう。


株式などマーケットは思い通りにはならないが、筋肉は鍛錬すれば思い通りになる体としてリターンをくれる。
オシャレ映えする筋肉の衣を着るために毎日、コツコツ。株のように恐怖の配当をたっぷりもらうより、こっちのほうがずっといい。

by yoshi-aki2006 | 2008-03-09 16:53 | ボディ | Comments(0)  

<< 縁起をかつぐ 「人はお湯」論 >>