自画自賛

写真を撮っていただくたび、「今日から謙虚に生きていこう!」と誓う。
この日はDVD撮影だったのでなおさらだ。
トークの時の目線。
発言しているときの首の筋。
からだの傾き。

それらが発するシグナルはすべて「加齢」というキーワードに集約される。

あーあ、年くっちゃったな、ワタシ。

映像をチェックしていてそう思う。

「いっそ、アニメにしませんか?」と提案してみる。
「予算ナシです」と即刻却下される。
「顔だけお面にして能スタイルは?」
「は?」
相手は検討すらしてくれない。

が、映像を縮小すると?

これが結構いけてるのである。ただし、誰でもに当てはまることだが。

昨年の資料をコマオトシ風に写真で記録してあったものをみんなで見た。
「あら? これ誰? 瀬戸朝香みたーい!!」
声に出すとぼこぼこにされるリスクを回避すべく、ひとり、つぶやく。
昨年のワタシがマイクの前でさまざまにアクションしている。
昨年のワタシ、今年のワタシよりひとつ若いわけだけど、
結構いけてる~038.gif!

あら、やだ、ワタシってこんなにきれいじゃーん。037.gif

とたんに膨らむ全能感。019.gif

なにも今みたいに謙虚に生きなくても、もっと派手な格好をして男性にわがまま言ってもいいんだわ!041.gif

二毛作は畑だけでなくても!
二度なければ三度はないんだし!!

が・・・・。
ここに誰がが映り込むと?

一目均衡先行スパンがワタシってな見え方になるのだろう。テレビでは美人の局アナ引き立て役になってしまう痛さを思い出す。

やっぱ、謙虚に生きていくことが大事。
つんくも著書で世の中を渡るには腰を低くしろと説いていることだし。

ところで、この間のワタシの誓いは「見かけで売ってるんじゃなくて中身で勝負」だったような?

by yoshi-aki2006 | 2008-08-15 00:46 | ボディ | Comments(0)  

<< 受けて立つ! 大きなお荷物 >>