2007年 01月 05日 ( 4 )

 

1月27日、2月3日東京 講演会のご案内

東京の講演会の予定もご案内いたします。
詳細はここをクリックしてくださいね。
お時間が合いましたらお出ましくださいませ!

by yoshi-aki2006 | 2007-01-05 23:03 | お知らせ | Comments(0)  

図書館5日から始動!

ありがたい!
図書館が5日金曜日からやっていますよ!

さっそく資料探しにお出かけしました。
面白いことに地区によって開館、閉館時間がまちまちなんですね。

東京港区は通常日八時閉館。
近隣は七時。

うちの近所は七時でした。

年々、図書館の運営は厳しくなると思いますが、気持ちよく利用できるようにいろいろ協力できることはしたいですねえ。

本の寄贈なども喜ばれるかもしれません。
以前、寄贈したことがありましたが、また、みんなに読んでもらえるといいなと思える本は「つんどく」しないで持っていってみようかな?
明日土曜日も図書館はやっているので、出撃予定。
原稿もとっとこ書いて編集者のかたにご迷惑を掛けないようにしなくっちゃなー。

by yoshi-aki2006 | 2007-01-05 21:48 | アンテナ | Comments(2)  

イザというときのピンチヒッター

かつて、沢田研二さんがどうしてもショーに出られなくなったとき、
細川たかしさんが「ああ、いいよ、俺がやってやる」と快諾。
無事、ステージは終了したそうです。

その話を聞いたとき、「やっぱり細川たかしさんってスカッとした青空のようないい男なんだなあ!」
と思いました。彼の心が晴れ晴れする伸びやかな歌声は背景に大きな男気があるからだとも。

細川たかしさんのスケールと比べると象と蟻くらいの差はありますが、
こたび、ある先生のピンチヒッターで急遽、新春経済講演会を引き受けることになりました。

都内、経済人のあつまりの席です。

急に何かあったとき、「あ、あの人なら」と思い出してもらえるのは幸せなことです。
代役を頼まれることが大変、光栄です。

こういうことがあるから、いつでも仕事オンタイムでスタンバイしていなければなりません。
ボーっとしていいのは棺おけのふたが閉まってから。
死んだら死ぬほど休めるのだから、動けるうちはガッテン承知で現場に行かなければなりません。
「あの人でよかった」と言われるようにがんばるとしましょう!

by yoshi-aki2006 | 2007-01-05 12:03 | ビジネス | Comments(4)  

プチ家出のススメ

ある会社の部長さんがおっしゃっていました。
「私は家で本が読めないのですよ」
せっかくおうちにいる時に本なんか読まないでくださいな、と奥様がおっしゃるからだそうだ。
ご馳走様です!(ちゅーかなんちゅーか・・・)

で、部長様はお休みのとき、本を読みたくなったら「散歩に行ってくる」といって、お気に入り本を片手に外に出て静かなサテンで読書にふけるのだそうだ。

ちなみにこの部長様は
「年に1~2回、会社から家に帰る時、すっと家のドアを開けられないことがある。会社で重大問題が発生したようなときだね。そういうときは1~2時間、散歩してから家に帰る」ともおっしゃっていました。
「男の人って大変なんだなー」
と思いましたねえ。
「ただいまー」と帰った途端、会社人の顔から夫の顔、父の顔に切り替えなければならず、素の自分にはなかなかなれない? お気の毒でございます。


しかし、女だってそういうことはありますわねえ。
家に人がいなかったらどんなにいいだろう? というような日もあるし、
誰とも会いたくない体調最悪の状態の時もあります(病は一人の方が早く直る気がします)。

そういうときは前述の部長にならってプチ家出が効くかも!

5時間もほっつき歩けば結構、一人タイムを堪能できます。
お芝居とか旅行とか、図書館とか、部長流サテン読書とか。

一人の輝ける孤独タイムを過ごすのはなかなかにいいもんです。
人は散歩の時や黙っているときにいろいろなアイデアに恵まれます。

家族に囲まれていつも誰かと話をしている人は全くのサイレント・タイムを。
プチ家出。
たまにやると疲れがよく取れます。
お正月でいろんな人行事をこなして人疲れなさった方は是非お試しを!
ただし、通常お一人でお話する相手に恵まれていない場合は逆をしたほうがいいですね。
プチ家出でお話相手を探しに行って脳の活性化を!

by yoshi-aki2006 | 2007-01-05 00:51 | ライフスタイル | Comments(0)