2013年 04月 03日 ( 2 )

 

雨の日のお客様こそ、明日の大口客=相手を思いやる心=シンクロナイズEQ能力

今日もひどいお天気でしたねー。
一番嵐のひどい時間に何とお出かけの用事ができ、靴も持ち物もすべてお風呂に浸かったような状態になってしまいました。

尋ねた先は頑丈なビル。
しーんとしていて外の嵐は全く感じられない状態。

ちなみにこういうマーケットにいたら怖いなーと思いました。外の荒れた状態に身を置いておいたほうが安心かもしれないなと。今の日本、いや、自分がどっちかにどっふり身を置いていやしないか、考えたいなと思いました。

さて、今日、私と同じように強い風に吹かれて、水浸しになった方はお疲れ様でした。
逆にお客様をお迎えした側だったら、嵐の中、来てくださったお客様に心から感謝を。

お客様は「こんな雨の日によりにもよって出かけなければならないなんて」と思っておられることが多いと思います。
それを踏まえて、
「雨の中、すみませんね」とねぎらうとか、ボロボロの傘を観たら、「うちの傘をお持ちになりますか?」と声をかけるとか。
今日、尋ねた先では、そのようにお声をかけていただいて、とてもありがたく思いました。

会社人としてお客様をお迎えする場合は、相手の立場に立って、シンクロ(ここでは共感という意味に使います)し、特に相手の方が初めて訪ねてきてくださった場合は、迷われたりすることもあるわけですから、暴風雨の時にご訪問いただいた場合、特に丁重に対応したいですね。

乾いたタオルをお出ししたり、温かいお茶を出したり、面談の前に気分や身だしなみを整えるお時間を作ってあげるといいですね。

余力があれば駅まで車を出すとか、相手をねぎらえばぐんと印象が増します。

相手の立場に立って考える癖をつけて社会人生活を送るのと送らないのとでは会社人としてのクオリティがいつか大きく開きます。

一流の会社人としてのマナーが身についていれば、つまらないちょっとした言動で相手の気分を台無しにしたり、人間性の底の浅さを見透かされたりすることなく、大きなお客さんを逃さないでしょう。

どんな人もだいたい団子のようになってもつれ込んでゴールに到達するものです。
試験の採点を担当させてもらった時に感じたことですが、合否の判定などわずかな差でしかないことが多いものです。大天才と大凡人の突出が上下にわずかにあるだけで、あとはだいだい同じようなモノ。

とすれば相手を思いやるシンクロEQ能力があれば天才にはなれなくても、団子の競争状態からは浮上します。

新社会人には特に知ってもらいたいですね。雨の日のお客様こそ、明日の大口客になる可能性大!
相手をいたわる気持ちで接してみましょう。
そして、それを10年も続けたら自分の周りはロイヤルカスタマー(ここでは自分を特にひいきにしてくれる人の意味に使っています)だらけに!

by yoshi-aki2006 | 2013-04-03 23:09 | アンテナ | Comments(0)  

一生学ぶことだらけ

今日は早稲田大学の大学院合同入学式。
雨の降る中、朝10時からの式典に行ってきました!

f0073848_034787.jpg


私が学ぶファイナンス研究科は18時半からなのですが、一生に何度とないことなので早稲田大学の戸山記念会館に足を踏み入れたのでした。

多摩大学大学院は規模的にはこじんまりとしていましたが、早稲田は大学院生だけでもたくさんで、びっくり。さすがマンモス大学です。
アカデミックガウンを召された角帽姿の鎌田総長が祝辞を述べてくださり、そのあと、「あっ」とびっくり! 多摩大学大学院でも気さくなお話しぶりで温かいお人柄全開でご講義くださった野中郁次郎先生がこの日、名誉博士学位贈呈を受けられたのです!

贈呈に対する礼辞を述べられた野中先生はいつもの温かいサラサラとしたわかりやすいお話しをされ、世界的に有名な先生なのに、いきまず飄々とされているところがすごいなあと思いました。
勿体つけた重厚な話ではなく、大切なことをサラサラとお話しされるから、余計に感動するわけです。

それにしても武蔵野美術大学の入学式の時も桶をひっくり返したような大雨でした。
今日もまた雨だぁ。
ことごとく雨に好かれているようで、入学式のたび水も滴る状態になってしまいます。

冷えた~と大学近所の汁物やさんに入って温かいものを頼んだら、たくさん席が空いているのに「ここに座ってもいい?」と初老の女性が。
続いて、初老のご夫婦。

ご子息の入学式に出席された親御さんかなと思っていたら、なんと皆様は博士課程後期にチャレンジされている方たちなのでした。

おお~♪

心強いような、なんというか・・・・。

ひょっとして一生勉強ってことかも。

夕方のガイダンスでは「大学院の中には単位をもらえたらたいていAという学校もあるようですが、ココは違います。しっかり勉強しないと単位認定をもらえませんから心して勉強するように」とのアナウンスが。

おお~♪

大丈夫かしら?
それにしても一生勉強だなあ。
けして勉強が好きではないはずなのに、
世の中のかわりようの速さに学ばないと気が済まない、というか、人前でお話しさせていただく機会が多い仕事なのでやはり、学び続けねば枯渇してしまいます。

昼間も博士号後期挑戦のみなさまにそんなお話しをしましたら大いにうなずいていらっしゃいました。
机に向かうと目がしょぼしょぼするのですが、それにも共感してくださいました。

60歳台で博士課程後期にチャレンジする先輩の姿に励まされながら、
学びは続くよ、どこまでも。

主体的に学ぼうととしなければ、学べない。
野中先生のお言葉も頭の中でぐるぐる。

知恵熱だけは出るのですが
肝心の知恵が身につくのはいつのことやら。

姪たちに「うちの叔母さんはいつまでも大学や大学院に通って四苦八苦していたなあ?」という思い出の遺産は残してあげられそうです。
彼女たちがいつか、ふと、「なぜ叔母さんはあの年でも学校に通っていたんだろうか?」と思い、仕事や人生を考えるきっかけにしてもらえたらとっても嬉しいなあ・・・(^^)

by yoshi-aki2006 | 2013-04-03 00:35 | スタディ | Comments(2)