2014年 02月 15日 ( 1 )

 

講演の心得

羽生結弦さんが男子フイギアで金メダル!
本当におめでとうございます!

プルシェンコさんの棄権やチャンさんの不調があったことを見てもわかるように、どれほど準備していても何が起こるかわからないのが勝負の世界。その中で勝負に勝ったということは大変なことです。

その時の最良=金メダルが羽生さんだったことは誰にも誇れる素晴らしい実力だと思います。

フイギア競技を見ていてつくずく思うのは、そのすべり一挙手一投足はまさに瞬間瞬間の力の連続技ということです。息を抜くなどとてもできない緊張の中で、どんなに練習し備えても、与えられた時間にどんぴしゃりと実力を発揮できるとは限らないのです。

高橋大輔さんのように3回オリンピックに出場していて、経験十分でも、いい状態の時と辛そうなときの波があるように思います。

ほかの選手が滑った後の氷の傷などがスケート靴のエッジにどんなふうに影響するかなど、神のみぞ知る要素もあります。

そうした運、不運もひっくるめて現場で力を出し切るのは本当に難しいものだと思います。

出産だって講演だって同じことが言えると思います。一端始まってしまうと、「今のはナシでした」にはできないのがライブモノのお約束です。

だから、いつも気を抜かずにいかにここ一番にいい状態を持っていくかが大切ですね。

私も何度も講演をさせていただいて、これで完璧!と思えることは一度もなく、毎回、ああすればよかった、こうすればよかったと省みます。

声枯れや風邪、鼻水などの生理現象。
姿勢。
言葉の力。
精神的な充実。
品格。
心の持ち方。

いつ、だれが聞いていてもいいように二心ない状態で講演を続けることがポイントではないかと思います。
フイギアのように、
毎回毎回、精いっぱいやって、それでもパーフェクトにならないことをバネにして次の「出来」につなげたいものです。

そう強く思うのは、聞いてくださるお客様の存在です。
13日極寒、14日雪の日の両日続けて東京で講演した時、会場のお客様の入りは少ないだろうなと覚悟していたのですが、登壇させていただくと、いつもと変わらないくらいたくさんのご来場をいただいていたのでした。

そのお客様のお気持ちに心から感謝して、次も次も次も、しっかり務めたいと思います。
f0073848_23421480.jpg

本当にありがとうございます!
f0073848_23403656.jpg


20、21日は東証フェスタで頑張ります!

by yoshi-aki2006 | 2014-02-15 23:43 | ビジネス | Comments(0)