2018年 01月 20日 ( 1 )

 

2度と飲みたくない、2度と食事したくないと思われないために気をつけること

先日、ある人とたわいもない話をしていた時のことです。

「××さんと飲んだんだけど、会うなり、金がない、仕事を紹介してのお願いが始まった。もう、あんな人とは二度と飲みたくない」

とつくづく愛想が尽きたという表情でした。

私もそういうケースに遭遇したことがあります。「久しぶりに飲みませんか?」としきりに誘われるので、「あー、仕事紹介して、だな」と
思いました。何の用事もないのに、さほど親しくもないのに、しきりともみ手で誘ってくるのだから、お願いごとに決まってます。

飲もうよ
飲もうか

で展開している話ではなく、

「お会いしたい」「ぜひ」

と同業者があり得ない猫なで声で誘ってくるときはなんか頼まれごとであることが多いです。
で、ちょっと顔を出していないご無沙汰な店があったので、そこでならと会うことになりました。

マスターは顔なじみ。でも、この人、どんな人と飲むのかなーと客である私をそれとなく観察はするものです。
開店直後。店は静か。
懐石ミニコースでさあ、一献と行く前に、つまり飲む前に、シーンとしている店内で開口一番、その人が口にしたのは
「金がなくて、仕事がなくて、困ってます。仕事紹介して」
でした。

えっ! いきなりですか? そんなに?

正直、そう思いました。

もうこの一言で、「この人と飲むのはこれが最後だな」と思いました。
新鮮なお刺身が運ばれてきたというのに、一人で飲んだほうがよほどおいしく味わえたなあと。

いや、私だって知り合いが仕事に困っていたらひと肌脱ぐし、思い切り、真剣に紹介してあげますよ。
が、この人はどんだけ仕事を紹介してあげてもお歳暮一つ送ってきたことがないし、ありがとうと感謝の言葉を自分からいち早くいってきたこともないし、紹介してあげた仕事先でちゃんと仕事はしているものの、報告もないのです。
「仕事をいただきました。ありがとうございます!」と報告してきていれば、以降も困ったということがあれば、いくらでも相談に乗ってあげたと思うんですよ。

が、一度もそうしたことはありませんでした。

そもそも酒の席でおいしいものを目の前にしてお酒がまずくなるようなことを店主が耳をそばだてている中で発言して平気な神経がこの人物の自分勝手さ、自己中心さを物語っています。

そんなことだろうと思った。

そう思い、「本来ならあなたが若手に仕事を紹介してあげなければならない年恰好なんだからさ、お互い、頑張りましょうよ」といいました。
でも、情け深いというか、お人よしというか、それでも私が「書き仕事なら紹介してあげられるわよ」というと
「書き仕事なんか一本原稿書いていくらでもないじゃないですか。講演なら稼げるじゃないですか」
と金に困っているといいながら、仕事を選ぶわけですよ。

さすがにバカ言ってんじゃないよとカチンと来ました。
そんなおいしい話がどこにあるというのでしょう?

その日、私はおごってあげませんでした。手ぶらでやってきて、自分勝手なお願いごとをして、しかも仕事を選ぶとは何事ぞ。
二度と飲みたくない、と思う人はこういう人です。

人はバカじゃないんだから、口に出して言わなくても「あ、この人、困っているんだな」とかわかるものです。それを口にしないで我慢している姿こそが人の胸を打ち、「よし、何とかしてあげよう」と思うものです。
それをなんじやらホイ?

「高い仕事を紹介してくださいよ」
だって? 顔洗って出直してこい、じゃないですか。

二度とごめんだわ、と思い出すのはもう一人います。
そんなに親しいわけでもないのに、
「ランチしませんか?」と異常な執念でアプローチしてきて、会うなり「離婚して慰謝料ももらっていない。お金に困っている。仕事紹介してくれませんか?」
と言ってきた人がいました。外車を乗り回し、億ションに住み、セレブな暮らしをしていると噂を聞いていたのに、あらまあ、どうしたの?
「夫が浮気して女にお金を貢いで・・・・」
と同情を引くようなことを会うなり長々披露します。
情け深くお人好しな私は人材派遣会社の女社長を紹介してあげました。

さて、その人。
勘定の時にすーっとトイレに行き、ものすごく長い間、帰ってこずに、しょうがないから私が勘定しました。

すると帰ってきて、「あ、そうなんですね」と勘定が終わったことにしれっとしているわけです。ランチにしては高い店だったんだけどな。

いや、これはなかなか、と舌を巻き、いや、どこかでちゃんとするかも、と思い直しました。
たまたま女社長が近場にいたので合流し、女社長の前では「一生懸命、なんでも仕事させていただきます」と殊勝なことをいいます。

まあ、頑張ってくださいな、ということでお開きに。

しかし、そのお茶席でも絶対にレシートをつかんで支払うそぶりは見せません。女社長にお茶位、おごればいいのにな。せっかく忙しい中、来てもらったのだから。

ケーキなどのショーケースもあるのだし、勘定しないのならせめて女社長にケーキの土産でも持たせればいいのに、とその人を見ているとしらーん顔しています。

そんなに金がないのだろうか?

と思っていると、帰り際、「私、デパートによりますので」とさっさと身をひるがえしていきました。
後日、菓子折りでも送ってくるのかと思いましたが何も挨拶ナシです。私ならデパートに行くのなら、交換したばかりの女社長の名刺住所に菓子折りでも送っておくけどなあ。

その後、仕事先で顔を合わせる機会があった時にも「お世話になりました」という言葉は聞けませんでした。差し入れでも持ってくれば
印象が変わるのに気が利かない、気がつかないんだなあ。挽回する機会がせっかくあるのに。

後日、女社長から、電話があり、
「あの人、使えないわ。こちらの貴重な時間を使って一時間ほど電話でアドバイスしてあげたのよ。そして、こちらがすぐに紹介できる仕事も提案したのよ。なのに、そんな小さい仕事は安いですよね。もっと高い仕事がしたいです、というのよ。賞味期限キレているのに、全くわかってないわ」
とのことでした。

二度とこの元セレブ妻さんとも食事したいとは思いません。

両者に共通していることは何だろうなあ。

あえて言えば、両者とも若い頃、ちやほやされた、ということでしょうか。
今もその手形が使えると錯覚しているんでしょうね。

いい歳をしたオジサン、オバサンなのに
いつまでも僕たち男の子、女の子感覚・・・。

というわけで、二度と飲みたくない、食事したくない、と思われてしまうのは

勘定の汚さ、調子よさ
おごってもらって当たり前の態度、当たり前のように人に金を払わせる人は嫌われるし、憎まれる
おごってもらったら、後日、ちゃんと礼をする(最低限、礼状を送る。おごってもらった金額の半分~同等程度の菓子折りなどでお返しする、など)
言葉でもちゃんと感謝する。でないと、礼が行き届かない、と思われる
おごってくれそうな人と食事するときは手土産を持っていく
特にお願い事をするなら絶対に手土産が必要
わざわざ出向いてもらった場合はお車代を包む必要がある場合もある、もしくは車やタクシーで最寄り駅まで送る

店をセッティングしてもらったのならその店で相手のメンツをつぶさない

そうしたこと以外に、

相手がきれいな服なら焼き鳥屋などけむりもうもうの店にはいかない
二度と食事したくないと思われるようなガツガツ食い、矢継ぎ早な注文は慎む
食べ方、飲み方にすべてがでる 相手はそれを見ている

食べ終わった食器類の扱いに育ちが出る
割り勘の時にみんなの分の割り勘分の自分分の領収書はもらっても、みんなの分の領収書を「あ、私、それ使うわ」ともらわない。
これをする人は信用できない。
領収書の諸問題はおろそかにしない

などなど。

人はざっくばらんにしているようでも見るところは見ています。

二度と飲みたくないとか、二度と食事したくないと思われないために、

マナーや人としての基本的なありかたをしっかりさせたいものですね109.png
わざわざ嫌われるために飲み、食べ姿を見せているのは残念です。
あった人全員を自分のフアンにしてしまえる魅力を磨いていきたいものです101.png

by yoshi-aki2006 | 2018-01-20 06:23 | 人間考察 | Comments(0)