2018年 06月 07日 ( 1 )

 

木村佳子の経済都市伝説6月6日更新分テーマは「気候大変動」です

毎週水曜日正午更新の「木村佳子の経済都市伝説」。今回は「気候大変動」前半です。
f0073848_06343208.png
動画はここをクリックしていただければご覧いただけます

さて、ふたを開けてみれば米朝会談はアメリカの中国との貿易赤字問題解消のディール比率が非常に高く、
まさにトランプ大統領の名前の通り、「切り札」的な役割だったんじゃないか、すなわちトランプ劇場だったんじゃないかという見方も急激に広がってきたのではないでしょうか。

というわけで第一段階として北の威力を過大に評価し、
危機の存在に注目を集め、
軍需品をセールスし、
台頭著しい中国の北カードを使えなくし(中国が北を抑えられるとする中国パワーを弱め)、
貿易赤字を解消するカードとしてこの問題を使う・・・

という第一幕のトランプ氏のディールは成功しましたね。

アメリカ株大上昇がそれを物語っているような・・・・。

日本も大いに戦略的に動いたらいいと思います。

あるいはたまには安倍首相もあの小泉劇場の小泉さんのように絶叫したり怒ったりして、

本気度を切り札にすればいいと思います。
三選を乗り切るなら、ここからはトランプならぬ切り札が必要です。

お上品、冷静、ポーカーフェイスも時にはいいものですが、
本気度をガッツリ示すこともリーダーには必要。「核心」が感じられる人に人はついていくものだ、と。

自分自身も仕事でしっかり肝に銘じてエッジを立てていきたいものだな、と思います101.png



by yoshi-aki2006 | 2018-06-07 06:58 | お知らせ | Comments(0)