2018年 06月 13日 ( 2 )

 

新幹線事件でJR東海は公式に見解なり、見舞いなり、対策を社長会見したのかな?

出張で日々、新幹線を使用するので、新幹線事件は本当に他人ごとではなく、事件があってからずっと、もし、事件が起こった時、自分ならどうするかなど、考え続けていますが、

ところで今回の事件でJR東海から公式見解など、会社として何か意見を述べられたのだろうか?

ホームページを見たけれど、それらしいものは見当たらずJR東海のホームページ

社長人事の記事によると
日経新聞の記事です
今年の株主総会で副社長から昇格の金子慎さんが正式承認されるのでしょうね。

JR東海の株主総会は
6月22日
名古屋マリオネットホテルで開催されるとお知らせがありますが
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO25560490R10C18A1000000/

その席で今回の新幹線事件に対する抜本的対応なり、
被害者の勇敢な行為に対する感謝とお悔やみの言葉などがキチンと述べられることを願ってやみません。

本来なら、事件当日にでも緊急社長会見がなされなければならないほどの重大事件だったにも関わらず、ホームページにも何もないし、ニュース検索しても何も出てこないようでは
乗車する人の不安は払しょくされないし、
被害者に対する姿勢として何を感じ、どう考え、どう対策を講じていくのかが見えてこないし、
はなはだ心もとないですね。

新幹線を「一本打法」的な稼ぎ頭にしているわけなのに、
その看板商品内での事件に
人が一人亡くなっても、
なすすべもなく10分間も犯人に犯行時間を与えてしまったことの無力な警備体制に、
お寒いものを感じます。

JR東海が本当に社会のインフラとして信頼されるかどうかについての社長見解、会社の取り組みを
企業IRの専門家としても強く望みます。

今のままでは怖くて乗りたくない。

思わず、成田発でもいいから飛行機便を探してしまいました。
料金の問題ではなく、安全の問題からです。

飛行機が落ちる確率と新幹線の安全と。
今のところは圧倒的に新幹線のほうが事故率は低いのでしょうが、
今後についてはどうなんでしょうか。

金子新社長の東大の後輩が被害者。

政府も果敢に犯人から女性や被害拡大を防ぐために立ち向かった梅田耕太郎さんを表彰など、たたえてほしい。
じゃないと、今後、事件が起こった時、逃げ惑うだけで被害が拡大し放題ということになりかねません。
みんなが団結して危機に備える意識こそ大事。

アメリカだって韓国から引いていくという時代に入りつつあるのだから、自分の身は自分で守る、危機には力を合わせて立ち向かう、そんなリーダーシップ育成が望まれます。

さて、日経平均株価の見通しを
ヤフーファイナンス 木村佳子のコラムに寄稿しました。

木村佳子の経済都市伝説 毎週水曜日正午更新もご覧くださいね。

しっかりIRしている会社がいい会社。
銘柄選びの参考にしたいですね。

【追記】
金子慎社長の定例記者会見では下リンク先にあるようなお話があったようです。結論から言うと犯罪勃発に無策としか言いようがないように思います。

ぜひ、
●事件が起こらない車内の実現(椅子配備、防犯ブザーの各席設置、電光掲示板での事実の周知、防御武器の搭載などしてほしい)
●起こってしまった場合、被害の最小化=乗客が犠牲にならない仕組み作り
に取り組んでいただきたいです。
きれいで美しい新幹線の開発より
安全対策のほうが優先されるべきです。
6月13日の定例記者会見
定例記者会見でなく、事件が起こった後すぐに、記者会見をして危機管理に真摯に取り組む表明が欲しかったですね。

ホームページや公告で
犠牲者に対する哀悼を現すべき。

強くそう思います。



by yoshi-aki2006 | 2018-06-13 17:57 | アンテナ | Comments(0)  

新幹線の危機管理~スタンガン付サスマタを配備し、車掌に訓練を

トランプ・金正恩首脳会談が開催されたので、すっかりその陰に隠れてしまった感がありますが、新幹線事件、忘れてはならない重大事件だと思います。

お付き合いのあるマダムたちも憤っていました。

「なんであんな優秀で前途のある男性が命を落として、あのようなバカモンが税金や法律で対処されなければならないのか、まったくもって腹立たしい」

要約すると、そういうことです。
私も同感です。

返す返すも犯行を止めようとした男性が命を落とされたことが残念でなりません。
世の中はそんな事件がなかったかのように、過ぎていきますが、私は忘れることができません。

10分間、60か所も危害を加え続けられた間、みんな逃げるのに精一杯だったのか?
声も出ず、逃げ惑うだけだったのか?

座席を外して犯人に投げつける、
やめろのシュプレヒコールをする、
消火器を投げる
消火器で一斉噴霧する
ペットボトルを一斉に投げる


何かそういう行動がとれなかったのだろうか。

女性が多く乗車していたということで犯人も女性席に座り、弱いものを襲撃している点で、屈強な男性が周囲にいなかったこともあったかと思いますが、10分間も襲撃し続ける間、誰も何もできなかったのなら、残念でなりません。


せめて車掌直結の危機管理ボタンが各席にあること
そして、スタンガン付のサスマタのような防御器具が車掌室に配備されることを望みます。

サスマタは相手の体や首の動きを封じる道具です。
ただし、サスマタ専門店の注意書きにあるように、見えるところに配備すると危険で、使い方に習熟しないと相手方に奪われ、逆に危ない場合もあります。

現状の脱座席防護だけでは新幹線の危機管理は不十分です。
脱座席防御がさらに進化したもの(裏に持ち手がつき、フェンシングの盾のような使用が可能とか)が望まれます。
さらに
瞬間捕獲網が仕込まれた道具、
相手の動きを封じる輝度の高い超照明器具、レーザー防御、
野生動物が接近しないようにするための道具、音響兵器のようなもの、

そういうものの配備が欲しいですね。
レーザーポインターを手に取り、犯人の目に照射することなら、離れていてもできるかもしれない。

理不尽な目にあったとき、その現場でリーダーシップをとって危機管理と防御をしっかりできるよう、心と体の鍛錬を常日頃からしておきたいものだと思います。

子供、大人、高齢者。

いつ何時、何があっても、最善の行動がとれるように。


さて、トランプ・金首脳会談は終了。
クドロー氏が病気療養となりましたが、南北朝鮮の経済発展と日本の防衛力高度化はセットで考えるべきですね。

個人も国家も高度な防衛力を求められているのです。

伏線は日本の国防力アップ、国防軍の整備、憲法改正含み。
米軍が韓国から撤収していく未来にはそれを避けて通れない。

身を守りながら不埒なものと戦う力。

本来、備えていなければならない能力、ではないでしょうか。


by yoshi-aki2006 | 2018-06-13 00:14 | 提案 | Comments(0)