2018年 10月 12日 ( 1 )

 

米中貿易戦争の行方~中国のスパイが続々と米国に摘発され、株安報復へ

中国のスパイとされる中国国家安全省の職員 Yanjun Xu(ヤンジュン・シュ)容疑者。
GE(ゼネラルエレクトリック)の航空部門の輸出入に対するスパイ行為で今年4月1日、米国の令状に基づきベルギー・ブリュッセルで逮捕され、今月9日に米国へと身柄を引き渡されたそうです。アメリカに身柄が引き渡されたのち、逮捕、起訴されていると10月9日のニューヨークタイムズ、ワシントンポストの速報で報じられました。

これに対して中国は猛反発。反論しています。
AFP通信の報道

中国がスパイ半導体をマザーボードに仕込んでいたという報道も最近でたばかり。
スパイ半導体事件

ほかにもハイクビジョン事件もあります。
監視カメラ世界シェア1位ハイクビジョン(杭州海康威視数字技術)
ハイクビジョンについてハイクビジョンについて紹介した記事

このハイクビジョンにもスパイ半導体疑惑が指摘されています。
そのため米軍では全撤去

さて、アメリカ株の暴落を仕掛けてきたのは
先物を買いため買いためして一気に放出したあるヘッジファンドの動きからとみる向きがあります。
今週末には中国を為替操作国認定する予定だったこと、
中国スパイ拘束に対する報復とみることも面白い視点かと思います。

さて、株安の時こそ、前からほしかった銘柄を仕込むチャンス。
f0073848_13300510.png
住友商事の配当利回りは現在4.34%(株ドットコム株価情報から加工)
こんな時こそ、割安になった銘柄探しの楽しみを味わいたいですね。

10月13日土曜日朝10時は東洋証券本店で10時-12時講演します。お口座がなくてもご参加可能です。

10日後にも東京で講演しますのでご都合の良い日時にご参加くださいね。
f0073848_23322141.png


by yoshi-aki2006 | 2018-10-12 13:34 | アンテナ | Comments(0)