カテゴリ:提案( 13 )

 

倉敷麺恋ものがたり

連日、無茶苦茶暑いですね~。
お湯の中をダイブしている感じで息をするたびにしんどいです。

アスファルト、タイルの照り返しもきついです。特に横断歩道はくらくらします。
そんな中、真昼間に犬の散歩をしている人を見て、あきれるやら腹立たしいやら。

鈍感力なのか、バカなのか、常識がないのか、考える力が備わっていないのか、感じ取る心が薄いのか、犬は散歩させてあげるもの、という思い込み故なのか、自分が外出のついでに犬の散歩もさせるという発想なのか。ため息が出ますねえ。炎天下、犬散歩バカには「犬死んじゃうよ!」と申し上げたいわねえ。

さて、そんな暑い最中、倉敷へ講演の仕事で出張しました。
倉敷は先だっての西日本豪雨で被害が出た真備町のイメージがあるから、講演は延期になるのかな、と思っていましたが、倉敷は広いので、なんでもなかった場所も多いから、来てよということでうかがいました。

この度の被害とメディアの報道が強烈だったことで、観光は大打撃で、団体客はすべてキャンセルになったホテルも多かったとのことです。ホントにトホホでしたねえ。だからなのかしら、宿泊客は中国、韓国、台湾の方が多かったです。

それにしても倉敷もすごい太陽光・・・。晴れの国というだけあります。
f0073848_06172240.jpg
ところで、講演終了後、小腹がすいたのですが、倉敷の駅までまっすぐ歩く道すがら、蕎麦屋とかうどんやが一軒も見つけられませんでした。

ちょっとささっと冷や麦のようなものが食べたいのだけど・・・。
ないないない。

美観地区に行くときっと麺屋さんもあったり、おいしいものもあるのでしょうが、通りには一軒もない・・・・。美観地区には観光に来たわけではないので、仕事が済んだら帰るモードで
駅に行くいくいく。
そして次の仕事の準備に入るわけで

その合間にささっと冷や麦みたいなものが食べたい。

が、ないないない。

しょうがないなあ、と新幹線に乗る前に時計を見ると30分ほど時間があります。
ふと、見ると、「倉敷限定食」をメニューに掲げる店がありました。
詳細はお店に悪いので控えますが
入った瞬間、「あ、失敗したな」と思いました。
「おタバコ吸われますか?」と聞かれるということは新幹線に乗る前にここでたっぷりタバコを吸っておきたい人を主力客に据えている経営戦略だと思いました。

ということは「食」にはそう力は入れていないのでは?

対応してくれた人もうちの姪っ子くらいの若い女性で料理のベテランってわけでもなさそうな・・・・。

レンチン食かもなあ・・・・と覚悟して
でも空腹には耐えられず、
注文して出てきた「倉敷限定 ××丼」を食してびっくり。

ロストフードの観点からめったに残さないのですが、さすがに全部は食べきれませんでした。

こんなに突っ込みどころ満載なものを食べたのは数年ぶりかも・・・・。

残念な気持ちのままホームへ上がると、
なんと、ホームに「倉敷名物、ぶっかけうどん」なる店舗があるではありませんか。

冷や麦ではないものの、「××丼」でなくこっちを食べたかったなあ!

頭の中では
ここで頑張ってお口直ししておこうか?
いや、さすがに食べすぎでしょ
食べている最中、乗車タイミングが来たらどうする?

と考えがぐるぐる・・・・。

が、今回はやめておくことに。長い道中、座ったままなので食べすぎると気持ち悪くなりそうです。

次回、来た時のお楽しみにしたいと思います。

しかし、この倉敷ぶっかけうどんの
新幹線ホームというのは店舗出店戦略上、どうなのかしら?

弁当を買ってエスカレーターを上がってくる人が多いでしょうし、
私みたいに「××丼」などを下で食べてきて麺屋をホームで見つけるケースもあると思うので、
改札付近に店があったほうが売り上げは伸びると思うのですが、ぶっかけうどん、食べたかった恋麺心を効率的に満たしていただけるべく、ぜひ、どこか目立つところにでも「ホームに店舗あります」というのぼりか広告を出してほしいわあ。

ということで、お知らせです。

ゆうちゅうぶでは「月刊木村佳子」と「木村佳子の経済都市伝説」更新しています。
f0073848_22372616.png
月刊 木村佳子 リンクしました。

木村佳子の経済都市伝説

ぜひご覧くださいね~

8月4日朝10時20分からコングレスクエア日本橋で講演いたします。
朝早いので応援よろしくお願いしまーす!
f0073848_22482242.png







by yoshi-aki2006 | 2018-08-03 22:40 | 提案 | Comments(0)  

炎天下、犬を連れまわすバカと遭遇したら?

土の上ならいざ知らず、真夏のアスファルトはモーレツな温度。
身長165センチくらいある人でも照り返しで顔が熱く感じられることがあると思うけど、
その五分の一程度の背丈の犬にとって、その熱せられたアスファルトの上を歩かされるのは

肉球やけど
呼吸困難
体温急上昇

で命の危険にさらされます。

なので見かけたら、犬のSOSを教えてあげたいところです。

f0073848_09502054.png
一応、相手の様子を見て、

「おたくのワンちゃん、丈夫ですね。うちの犬は夏場の昼は外に出たがらないんですよ。足の裏をみたら火傷していたんですよ」

とか、話しかけるようにしています(超おせっかいですが (><;)( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

やっぱり、言うべきことは言わないと('◇')ゞ(;'∀')

投資の話でもいうべきことは言うようにしているので

木村佳子の経済都市伝説 幸せが完成しない系とお金の話後半
f0073848_10465064.png
カレンダー投資のやり方も簡単に話していますので是非見てくださいね!




by yoshi-aki2006 | 2018-07-13 10:50 | 提案 | Comments(0)  

新幹線の危機管理~スタンガン付サスマタを配備し、車掌に訓練を

トランプ・金正恩首脳会談が開催されたので、すっかりその陰に隠れてしまった感がありますが、新幹線事件、忘れてはならない重大事件だと思います。

お付き合いのあるマダムたちも憤っていました。

「なんであんな優秀で前途のある男性が命を落として、あのようなバカモンが税金や法律で対処されなければならないのか、まったくもって腹立たしい」

要約すると、そういうことです。
私も同感です。

返す返すも犯行を止めようとした男性が命を落とされたことが残念でなりません。
世の中はそんな事件がなかったかのように、過ぎていきますが、私は忘れることができません。

10分間、60か所も危害を加え続けられた間、みんな逃げるのに精一杯だったのか?
声も出ず、逃げ惑うだけだったのか?

座席を外して犯人に投げつける、
やめろのシュプレヒコールをする、
消火器を投げる
消火器で一斉噴霧する
ペットボトルを一斉に投げる


何かそういう行動がとれなかったのだろうか。

女性が多く乗車していたということで犯人も女性席に座り、弱いものを襲撃している点で、屈強な男性が周囲にいなかったこともあったかと思いますが、10分間も襲撃し続ける間、誰も何もできなかったのなら、残念でなりません。


せめて車掌直結の危機管理ボタンが各席にあること
そして、スタンガン付のサスマタのような防御器具が車掌室に配備されることを望みます。

サスマタは相手の体や首の動きを封じる道具です。
ただし、サスマタ専門店の注意書きにあるように、見えるところに配備すると危険で、使い方に習熟しないと相手方に奪われ、逆に危ない場合もあります。

現状の脱座席防護だけでは新幹線の危機管理は不十分です。
脱座席防御がさらに進化したもの(裏に持ち手がつき、フェンシングの盾のような使用が可能とか)が望まれます。
さらに
瞬間捕獲網が仕込まれた道具、
相手の動きを封じる輝度の高い超照明器具、レーザー防御、
野生動物が接近しないようにするための道具、音響兵器のようなもの、

そういうものの配備が欲しいですね。
レーザーポインターを手に取り、犯人の目に照射することなら、離れていてもできるかもしれない。

理不尽な目にあったとき、その現場でリーダーシップをとって危機管理と防御をしっかりできるよう、心と体の鍛錬を常日頃からしておきたいものだと思います。

子供、大人、高齢者。

いつ何時、何があっても、最善の行動がとれるように。


さて、トランプ・金首脳会談は終了。
クドロー氏が病気療養となりましたが、南北朝鮮の経済発展と日本の防衛力高度化はセットで考えるべきですね。

個人も国家も高度な防衛力を求められているのです。

伏線は日本の国防力アップ、国防軍の整備、憲法改正含み。
米軍が韓国から撤収していく未来にはそれを避けて通れない。

身を守りながら不埒なものと戦う力。

本来、備えていなければならない能力、ではないでしょうか。


by yoshi-aki2006 | 2018-06-13 00:14 | 提案 | Comments(0)  

災害対策! ブログ忘備録のススメ

災害が起こったとき、平静な状態ではいられないのですから、身一つでも助かること、荷物のかわりに人を助けることで精一杯です。

思い出の品、写真、はんこや通帳などを持って出ようとするから初動で出遅れます。

今はインターネットという便利で無料のものがあるのでそこに大事な写真やメモ、住所録を残しておけばいいですね。

「非公開機能」を使えば人はには見られないので、ぜひぜひ今から身一つで逃げられる準備をしておきましょう!

by yoshi-aki2006 | 2011-03-17 09:04 | 提案 | Comments(0)  

ホワイトデーのお返しはコレ!

f0073848_2115947.jpg


白バラの花言葉は「尊敬」「私はあなたにふさわしい」
なんだそうです。出典はここ

ホワイトデーに何が欲しい? と聞かれたのでお花といったら白ばらの苗木を送ってくれた人がいました。

花ことばを知りませんでしたが、調べてみると結構、ぐっと来ますねえ!
いったいどっちの花言葉だったんでしょうか?

ホワイトデーのプレゼントとして苗木でなくても白バラはオススメです!

もっとも相手が花言葉を知らなければ意味ありませんが037.gif

by yoshi-aki2006 | 2011-03-01 21:10 | 提案 | Comments(0)  

新人になる

ベテランの域に入り、物事に習熟することで開く花もある。
しかし、時にマンネリにも陥る。

そんな時は新人になるに限る。
まったくの新人になれる世界に飛び立つ。
そうすれば世界は変わる。

そして、10年は努力してみよう。

10年努力して花開かなければ、能力はなかったと諦めがつくかもしれない。

さ、小学一年生になれる新しいドアを開けてみよう!

by yoshi-aki2006 | 2008-02-04 09:36 | 提案 | Comments(2)  

郵便局は国営に戻せー 2

よく行くのですっかり顔なじみになった郵便局の窓口の人が数名いた。
私の書いたあて先の町の郵便番号が分らない、というとその窓口の人は「あ、××町ですね。それは×××番です」というふうにすらすらと答えてくれた。

読み方の見当もつかなかった北の果ての町の郵便番号。
町の名前に精通し、郵便番号もぱっといえる。そんな局員さんはいわば無形文化財のような存在だと私は思う。

それを民営化したらどうなるか。

私は「お茶汲み当番」を無くしたのも日本文化の大損失だと思っている。
お茶汲み当番に当たらすとも、お茶を入れて人に出した事はある。
お茶の葉はどれくらい?
お湯の温度は?
お客様用の湯飲みは?
茶たくは?
お菓子は出すの、出さないの?
二煎目を出すタイミングは?

人にお茶を出すということのためにどれほど、場を読む力が必要だろう?
気配りが必要だろう?

そういうものを差別だ、無駄だと排除して、今では来客にもペットボトル、会議というとペットボトルだ。学ぶ機会を狭くしている。ビジネスの現場で生の修行をする機会をみんなでよってたかって放棄して、習いたい人は手前勝手に習いに行きなさいという社会にしてしまった。前は会社で学ばしてもらえたのに、学びに行くには自分でコストを払わなければならない。会社で学ぶ機会を剥奪したのは株主利益?

強欲な株主が社会を良くするとは思えない。
社会を良くする株主道を株主も学ばなければならない。むさぼるだけならケモノと大差ない。

日本の文化が薄っぺらになったと感じるなら、
それは難しい町名をいえる現場職員や
人をほっとさせるお茶の入れ方を学ぶ現場や
そのお茶の味が分る人を私たちは排除し喪失する道を選んでいるからである。
誰から奪われたのか、よーく考えないといけない。
郵貯民営化で私たちが失うものは突き詰めれば「文化」である。

民営化後の郵便局で町名を芸術に達する域でいえる人が出現するには何十年とかかると思う。もっともその前に廃村廃町になる市町村は多々出ようけれど。

by yoshi-aki2006 | 2007-12-29 09:50 | 提案 | Comments(0)  

郵便局は国営に戻せー

f0073848_21404272.jpg



そんな声が聞こえてきそうな中央郵便局。
檻のようなフェンスがめぐらされた中で、年賀状書きの人が窮屈そうに作業している。

この寒空の下、夜間郵便の用がある人の長蛇の列が外にまではみ出し、年賀状書き以外の人々も困っていた。
公共性の高いこうした事業。郵貯民営化賛成なんて声高に推進した人はきっと年賀状は秘書が書き、夜間郵便の必要もないんだろう。

郵便局は国営に戻せ。

誤配が増えたし、未着も増えた。
民営化前なら特捜隊が郵便物の行方を必死で探してくれたが今は
「分りません」でおしまいだ。

郵便事業だけでも国営に戻すべし。
年賀状にまつわる悲喜劇をきっかけにきっと現場、利用者双方からそんな声が高まると思う。

by yoshi-aki2006 | 2007-12-25 21:40 | 提案 | Comments(2)  

親類縁者が健康なうちに~聞いておくこと話すこと

親戚のオバちゃん話2。
親戚と話をすると、自分が今まで知らなかったことをたくさん教えられる。
親が「そんなことはどうでもよい」と教えてくれなかったことを親戚の人から教えられて非常に新鮮な発見をすることが多い。

親戚のオジサン、オバサンが元気なうちに大いに話を聞いておくべきだなあ、との思いを
強める。
たとえば、関東ではどうか知らないけれど、関西では「おもと」という植物を方角をよくするために植えたりする。鎮守さまの役割をするもののようだ。

ところがわが家には「おもと」が植えられていない。
その理由は? わが家を一時、存亡の危機にさらした大散財人、×代目当主の寵愛した女性の名前が「おもと」だったからだそうな。

はあ~、そうなんだ?

納戸で見つけた見知らぬ男性と赤ちゃんの写真。
「これは誰?」と聞くと「さあ???」
父はかなりボケてきているので、さらに輪をかけて「さあ?????」
一体誰なんだろう?
きっと皆さんのおうちにも「これは誰?」「あれは何?」ってものがたくさんあるかもしれませんね。

うちのおばさんは大正生まれだけれど、とってもよく昔のことを覚えている。その彼女をもってしても分らない家系の謎。
時間をかけて、親類縁者から聞いた話をまとめると、意外なオリジナル版昭和史、大正、明治、江戸日記ができるかもしれない。
自分のルーツにまつわる話は指針作りにとても役に立つ。読書の秋もいいけれど、秋の夜長を年長の親戚筋との茶話に当てるものいいかもしれませんね。

by yoshi-aki2006 | 2007-09-06 04:59 | 提案 | Comments(0)  

国政は人の幸せを静かに喜べる人に

選挙が近い。
政策論議も盛んだ。
が、政策を180度変え、成果をあげるのは容易なことではない。
方向性を確認し、少しでも改善できるように努力していただくのが一番よいと思う。

そして、何より!
人が不幸な状態にある姿を見て悲しんだり、いきどおったりするのではなく、
ましてや、人の不幸を喜ぶのではなく、
人が幸せになっていく、あるいは幸せそうにしている姿を見て、
心静かに「ああ、あの人が幸せそうにしていてよかったなあ」と喜べる、そんな人に国政をになっていただきたいと思う。

人が幸せそうにしている姿に不慣れな人がいる。
人が幸せそうにしていると腹が立ったり、妬ましく思う人もいる。

それはその人の心が貧しいというよりも、幸せな人の姿を見慣れていないことが大きいと私は思う。身の回りに幸せそうにしている人の数が少ない境遇にいる時間が長かった人は人の幸福な姿は「異常」な状態に映るのだと私は思う。つまりは、そう感じる人は不幸な状態がスタンダードなので、人の幸福が許せないのである。

人の幸せを遠くから静かに、「ああ、よかったなあ」と自分の喜びとして感じ取れる人。そういう人に私もなりたいし、そういう人にこそ政治をつかさどっていただきたいと願わしい。
どの候補者がよいだろうか? エキセントリックなきわどい脅かしの話ではなく、人の幸せを優しく見守れる人を見分けたいものだ。

ところで幸せとは何ぞや? 私がイメージする幸せとは消費生活の中でマンションを買った、資格を取った、マスコミに大きく取り上げられている、昇進した、会社を買ったと勝ち誇って見せる種類の幸せとは別物だ。ご飯をおいしく食べられる、家族と安心してくつろいだ時間を過ごすことができる、そんな平穏な日常生活が送れること。幸せとは人が人として安心して生きていける普通の日々のことではないかと思う。

そういえば「幸」という字と「辛」という字は成り立ちようは似ている。何かが足りないと「辛い」状態になる。何が足りないと辛いのか? 自らもそういうことをふと省みることだ。

by yoshi-aki2006 | 2007-07-24 10:26 | 提案 | Comments(0)