カテゴリ:日々雑感( 49 )

 

痛恨の一撃

私の場合、お金の運用は趣味の領域。
株式の専門家としては自分が財テク、株テクに励むより人を儲けさせることに力を注がなくてはならないので、専門家になってからは自分の株テクは控えている。

今、持っているのは投信や覆面取材の意味もあって実験的に購入する新規優待実施企業の株や株主優待が好きな安定的企業の株を少々。

こうしたポジションなので日々、株価があがっても下がっても気にしないで持っていられる。

外貨もしかり。血道をあげての財テクは30歳代前半で基本的に卒業した。

お金の運用はノーポジションにしておけば、よほどのことがない限り大慌てしないで済む。
しかし、植木やペット、人間の健康などライブの現在進行形のものは気が抜けない。

油断していると、枯らしてしまったり、ペットの寿命が近いとわかっていても、「まだ元気だし」と通常の対応で済ましているうちに老衰で死んでしまったりする。

手の中で見取った猫もいるけれど、「ああ、あの時、逝ったんだな」と後からわかって、もっと電気毛布の温度を調節しておいて上げればよかったとか、口元を水で湿してあげればよかったと後悔する。

後で考えればさまざまなサインが出ていたにもかかわらず、植物、動物、人など多様な命のシグナルは読み解く側が油断したり、緊張が持続しなくなった時に、痛恨の一撃みたいな一瞬があり、そのとき、もっとこうしていれば、ああしていればと後日、悔やむことが多い。

会社経営は30年寿命説というのがあるが、企業の起承転結は波に乗れて30年というサイクルがあるようだ。設備投資、耐久消費財買い替え期などのサイクルと企業経営の好不調、経営者や主要社員の気力充実などがサイクル形成の背景には影響していると思う。

人と人との関係はどうだろう?

人と人との関係で何年くらい名コンビが続いたりするのだろう?

親の介護や看病などで何年くらい緊張感が維持できるだろう?

病気や経営などまあ、何とか持つでしょう、と楽観していたときに痛恨の一瞬があり、重篤な事態に陥ることがある。マネー運用と同じだ。

楽観してしまうときというのは「疲れ」て休みたい時のシグナルでもある。

「なんとかなるでしょう」と楽観する気持ちが幸運を運んでくることは確かにあるけれど、
痛恨の一撃を受ける前にきちんと休んで気力充実させておくことが大切だ。

私は仕事でほぼ体力、気力を使いつぶすので、荷物をたくさんもてないと用心して、財テク、株テクは趣味の領域だけのポジションにし、もう二度とペットを看取りたくないのでペットも飼わない。

ポジションは軽く。

さまざまな工夫をしていたとしても油断は生まれる。

人間のそうした間抜けさを知っていなければな、と間抜けなことをたくさんして気がつく次第だ。

ああ、緊張感。

緩んだときに痛恨の一撃。

最近も大きな鉢の気に入っていた植木を枯らしてしまって、つくずく、反省だ・・・。もっと水遣りに気をつけていれば・・・。

タラレバ。

幸運の女神は前髪しかないというが、幸運(日々の運行)は本当に前髪だけ。

あとから、タラレバしてももう戻ってはこない。

by yoshi-aki2006 | 2010-10-25 10:18 | 日々雑感 | Comments(0)  

寿命を縮める家

知り合いの女性が44歳で亡くなった。
夫婦力をあわせて豪邸を建て、「さあ、これから!」というときだった。

もう一人の知り合いも豪邸を建てたが、ほとんど家に帰れないくらい多忙になり、この人も惜しいことにまだ若いのに亡くなってしまった。

ファイナンシャルプランナーとして、「その年でその額の借金はないよ」と諫言したし、「夫婦で現金資産を全部家に投入することもリスク」とも言った。

が、家を建てるとき当事者は希望に満ち溢れている。だから諫言はなかなか聞いてもらえない。

だから建ててから苦しむことが多い。

私にも思い当たることがある。私のときは二世帯住宅のつもりが家が完成すると親は考え方が変わってしまって、実の親でも意見が合わなかった。

人の話を聞くとおうおうにして二世帯住宅は大変なようで、「家なんか建てるんじゃなかった」という意見も耳にした。

思うに人が家を建てるときは収入曲線がぶあああ~んと上昇しているときが多い。そして、それまでにご当人はたいてい、かなり体を酷使して働いている。たちあがったころには体が休みをほしがっていて、でも「家を建てたから」と無理をして病気になる。

44歳の知り合いは新しい家にものの数ヶ月しか住まないで逝去した。
豪邸にたくさんの知り合いがやってきて対応も忙しかったようだ。

夫婦で豪邸を建てた知り合いはその後、どちらも体を壊し、その上、勤務先が経営不振に陥って収入が途絶えた。激務だったご主人は豪邸が駅からものすごく遠いところだったことも災いしたようだ。ここは二世帯住宅で親は両方とも至極健康。

孝行のしたいときには親はいずというのは昔のことで、今は家建てて本人が燃え尽きてしまう。

買い手のすぐつく普通の家だったらまだしも、どうしたわけが、こういうケースに限って個性的な家を建てている。
迷宮のような家、ペットの部屋があるのに主の疲れを取るための静かな部屋はなし、とか。

私だったら駅に近いマンションに現役時代は住んでいたいな。寿命を縮めてまで豪邸を建てたいとはまったく思わない。
二人とも亡くなってしまったが押しかけFPとしてでも、運転免許書更新のときに見せられる恐怖の映像やストーリィのように豪邸建設に伴う費用負担のリスクについて切々と説明してあげればよかったと思っている。

by yoshi-aki2006 | 2010-10-18 15:25 | 日々雑感 | Comments(0)  

慣れの恐ろしさ

人間というのは哀しいなーとしみじみ思いますね。
私は「超バニラ」というアイスクリームが大好きなのですが、食べなれるにつけ、あのしびれるような感動では物足りなくなるのです。

何であんなにおいしいとしびれるほど思うのに、
食べなれていくうちに
満足した気持ちに驚かなくなり、
満足して当たり前になり、
ちょっとでも「足りない何か」を見つけてけちをつけたくなり、
馬鹿にし、
ほかのものに目移りし、
スーパーから買ってきて、大事にすぐに冷凍室にしまえばいいのに、電話がかかってきたりすると解け始めても気にしないでいたり、
溶けている姿を見て、「ふん」とあざ笑ったり、邪険にしたりし、
けなげにおいしさを保っている「超バニラ」をいとしんだりしない。

この自分の狼藉ぶりに驚き、あきれ、しばし、超バニラから離れてみたりするのですが、
やっぱり超バニラよりおいしいアイスクリームはないように思うんですね。

こうしたことに代表されるように、人間の感動や欲望は慣れるに従い、鈍磨する。

初心忘れるべからず。

あるいは、初心を忘れる前にあえて撤収する。

やめたりまた食べたりと程よくする。

などなど「慣れ」が生まれないよう調整する必要がありますね。

夏が終わってから超バニラを食べたあのしびれるようなおいしさ体験を懐かしく思い出す間抜けな私。

超バニラ~。

大切にしないでごめんなさい。
超バニラ。
私にとっては最後までアイスクリームの王様。
またおいしく食べたいものです。
f0073848_145575.jpg

明治乳業のサイトから画像引用

by yoshi-aki2006 | 2010-10-14 14:07 | 日々雑感 | Comments(0)  

華麗なる加齢 2 

「道で初めて派手にけつまずいたときって結構恥ずかしいですよね」
と告白されていた編集者さん(男性)がいましたが、私もシニアデビューの時(40歳あたり)、恥ずかしさ以上にショックでした。

この私がけつまずくわけ?
このおてんばな私が???と。

さてはて、けつまずきと加齢の関係・・・。

分析するに、足裏の筋力の問題もさることながら
足裏のしっとりした感じが加齢とともに減少することの影響も、実は大きいのでは?

で、乾燥対策として育てているアロエの葉の力を借りてマッサージしてみる。
結構効果があったような気がして本日、ヒールの高いバンプスで出張に出たら、階段でつかえるつかえる(ショックだ~)。

そろそろローヒール移行期かなあ、と考え込む(B3靴にする? 字のとおり・・・)。

ま、それもショックなのだけども、足裏問題以外にこのところ、華麗なる加齢をひしひしと感じるのは
KY化のいっそうの伸展によってである。KY=空気読めない、超有名語で注必要なし? KYの表れがここにも・・・・。
そしてまたつらつら考える。

高齢者が次第に物に動じなくなるのは
経験をつんで少々のことで驚かなくなるっていうより、
厚顔になるってのともまた違って、
単純にシナプス伝達力が鈍くなるからではないかしらん。

カエルの面に何とか、
暖簾に素手押し、

とかの世界に次第に近くなっていく己が日々にちょっと怖いぞ

鈍くなり、ほほけ、おお!

つい先日までは、オバサン化阻止の前線で戦っていたはずなのに、いつの間にか、そこにおばばがひっそり近ずいてきている!

やがてこんなこと思ってあがいていたこともわすれるのだろうか。

おばば。

そういえば水木しげるさんの「ゲゲゲの鬼太郎」が今日、最終回でしたね。
あのドラマがなぜ当たったかは諸説あろうが、私は事実を丁寧に描いたからだと思います。
奇妙奇天烈な素っ頓狂な作り物のストーリーではせっかくの朝がうっとおしくなる。

その点、ゲゲゲの鬼太郎はさわやかなドラマだった。
願わくばドラマに登場したおばばのようなおばばに近ずきたいなあ。

華麗なる加齢を体現した素敵なおばばさま。
お疲れ様でした。
そして、そして、出張から帰ったわたしにもお疲れ様ね。

ちゃんちゃん!

by yoshi-aki2006 | 2010-09-25 22:04 | 日々雑感 | Comments(0)  

ありがとうを言おう!

そもそも人はそんなに親切にしてくれるもんではない、ということを受け入れなければ
心からありがとうは言えないのではないかな、と考えるようになりました。

思い返せば生まれてこのかた親切にしてくれる人が多くて、それが当たり前だと思っていましたが、それは認識不足。

もともとはそんなに親切にしてもらえるものではないとまずは知らねばならないと思います。

人に期待すると疲れるんだよ、というのが口癖の先生に学んで、
その先生は人に期待せずにともかくなんでも自分でする。
先生も長い人生の中で人に期待することに疲れ、気がついたのでしょう。

ある先生は「ありがとうという言葉は有り難いって言葉なんだよ。つまりミラクルってことだ。あり得ないことをしてくれてほんとに奇跡のようにうれしいよってことなんだよ」と教えてくれた。

そもそも人が親切にしてくれることは稀なことだ。だから、その稀なことをしてくれてほんとにありがとう。そういい、そう思わなくてはならないんですよね。

なのにどうしてか、ありがとうってなかなか言えない。すぐ、不足ごとをいう。いくつになっても課題がありますね。ありがとうといおう。心からありがたいという思いをかみしめて。

今日はいえなくても明日、次回、ちゃんといおう。人によくしてもらったらちゃんといおうと思いました。

by yoshi-aki2006 | 2010-08-24 13:12 | 日々雑感 | Comments(0)  

ちいさなカナシミ

最近、酒を飲む相手を選ぶようになりました。
「この人間と飲んでもむなしいだけ」とか「酒がまずくなる相手」「飲んではいけない相手」が分かるようになりました。

酒場で人は虚言をいったり虚勢を張ったりします。

が、見えてくるのはその人の背中。
その人の足跡。
その人の目の底にある真実。

背中には覚悟が宿ります。
足跡には欲望が見えます。
目の底には本当の気迫のあるなしが光ります。

背中に風を受けてよろけたり、
欲に釣られてふらふらしたり、
できないことをできると自分までだまして生きていたり、

人はいろいろあるものです。

そういう人と飲む位なら野良猫行きかう酒場で一人で飲んだほうがマシです。
猫のほうが人よりよほど立派です。

炎天下を髪の毛をたらした老女が日傘を差しながらふらふら、ふらふら歩いていました。
体はまがり、足幅もちょっとしかすすめられない。
ても彼女はうつむいてなんかいない。
道行く人が気の毒そうに見ていても毅然と前を向いて思うとおりにならない足を必死に動かし、前へ前へと歩いていきました。
彼女の顔には「私は老いてカナシイ。でも、このカナシミを隠したりしない」とでもいうような表情が浮かんでいました。
ああいう老い方も悪くないなと思いました。

妥協しないで生きていく。それにはちょっとしたカナシミが「この生き方も悪くない」「孤独な貴方とともに」とでもいうように伴奏曲を奏でてくれるようです。
気弱に泣く人には聞こえてこない調べでしょうけど。

by yoshi-aki2006 | 2010-07-27 03:25 | 日々雑感 | Comments(0)  

日々息災

毎日作っていると確実にうまくできるようになりますが、サボると途端に腕が落ちるのが料理です。
原稿が佳境に差し掛かっているときに限って家族が帰宅。
ビールのつまみだのごはんの支度だので立ち上がる。
原稿提出期限は切迫する。
女の人が仕事と家庭の両立で難しいのはこういうときがあるからですが子どもがいないだけ我が家はまだマシ。

さて、腕前。
毎日作っていると冷蔵庫に何があり、醤油、油の位置もぱっと分かりますが、しばらく作らないと勘が鈍ります。
ご飯作りで仕事中断が辛いので隠れ家書斎を確保し、10日ほど料理を作らなかったのですが、この日はたまたま書斎に逃げ遅れ、ご飯作りと原稿締め切りが重なってしまいました。

なら早い時間にさっさと締め切りを守っておけばいいのに、そこはどういうわけか書ける時間帯という大先生モードがあり、団子状態でのダブルゴールを走る羽目に。

この日はチジミにしました。

酒タイムは肴を五品くらい冷蔵庫から間に合わせ、家族風呂タイムとあわせて原稿書き書き。
これで20分は稼げるのですが、冷蔵庫の中を引っ掻き回すロスタイムあり。

原稿をプリントしているの間に生地を作ってチジミを焼き、ご飯と汁物を出し、焼いている間、また15分ほど稼ぎます。

焼きあがれば後は茶とデザートを出し、解放~!!

原稿も書きあがり、ほっと一息。

しかし、ご飯作りがなくても、いや、ない日に限って原稿仕上げ速度は遅いので適度なプレッシャーは成長の糧といえます。

それにしても今日のチジミ。味はまあまあでしたが見てくれがいけません。
うまく作るには日々挑戦。
ま、何事も毎日の過ごし方が大切。
原稿の資料も読まなくては、ね。日ごろが大切ですからね~。

by yoshi-aki2006 | 2010-07-26 23:37 | 日々雑感 | Comments(0)  

真夏の夜のホラー!

きゃゃゃゃーーーー!

思わず叫んでしまいました。なんだか黒い蛾のような蝶々のような鳥のようなものが私の寝室に飛び交っているではないですか!

「どうした?」と家族。
「ほら! あれなんだろ?」と私。
「ああ、あれ。寝ているときバタバタって音がするからなんだろうと思っていたんだ。たぶん蛾でしょう」と家族。

え? ほんと?
蛾なら後で掃除機の柄でシッシと追い払い外に出してやる。
が、バタバタと飛ぶその姿はどうも鳥のような・・・。
鳥なら生け捕りにしてかごに入れ、ちょうどペットがいない我が家のニューカマーとして迎えてもいい。
あっ!!
でも、カーテンに止まってもぞもぞと手を使って歩いているあの姿はなにやらものすごくおぞましい生き物のように見える。
小さい黒い手が皮の手袋をしたように光っているのが超不気味!

ひゃあああああ~!
また、こっちに向かって飛んでくる。
原稿は急ぎだし、どうしたらいいの?

こんな夜がいく日か続き、ある日、やっと静かになりました。
あいつ、どっか飛んでったんだ。
やれやれ。
いないとなるとこれはこれでさみしいもんだな、と思います。

さて、寝ましょかねと掛け布団をめくると
ひゃゃゃゃ~~~。

なんだか黒い塊が寝ている!

手が黒い手袋をしたみたいに光っている。
あいつだ!

その手が人間みたいに指が曲がっている。
フラダンスの波の手の格好のように両方の手で何かをつかむように曲がってる。

にしても寝たきりで動かない。
や?
ご臨終?

どうもそのようでした。
正体は蝙蝠。
こんなにまじかに見たのは初めてでした。
飢え死に?
熱中症?
なんだか知りませんがなんでまた私の布団にいるの?

そうか、世の中の善良な人々を悩ます蝙蝠みたいな逆さまぶら下がり「賊」と永久に無縁でいられるようにと教えに来たんだね。
ありがとう。
お礼を言って24日、灼熱の大阪に出張です。
24日第一商品大阪店で講演会が13時から。
お暑いですがご来場をお待ちしています!

by yoshi-aki2006 | 2010-07-22 14:21 | 日々雑感 | Comments(4)  

好きなもの嫌いなもの 2

f0073848_17374078.jpg


ピンクの百合。とてもいいにおいがして幸せな気分になります。
百合は白いカサブランカも斑点がある鬼百合もどれも素敵ですね。

オレンジ、黄色の百合以外はみんな好きです。
女性に百合が好きな人は多いですね。
すっと豪華に咲いているさまが女性の感性にフィットするからかもしれません。

by yoshi-aki2006 | 2010-07-21 17:43 | 日々雑感 | Comments(0)  

好きなもの嫌いなもの 1

プライベートでは絶対に食べたくないもの。
それは私の場合、幕の内や松花堂弁当です。

いずれも仕事先で食べる機会が多いもの。
弁当を食べるとそのあとに待っているのはお仕事です。
時には会議であることもあります。

仕事には細心の注意が必要です。
会議同様、様々な人間模様があります。
どんなにうまい具合に運んでも、仕事や人間関係には課題がつき物。
それを持ち帰り、また次の仕事や会議の準備を始めます。
だから私にとって幕の内や松花堂弁当は仕事や会議を連想させるもの。
できればプライベートでは食べたくないと思います。

もらったり飾ったりしたくない花。
私の場合、それは血赤のパラです。
赤いバラに血を連想します。
血のにじむような努力をして咲いている。
そんなふうに見えてきて目をそらしたくなります。
できれば見たくない花。
それが赤いバラ。

自分の部屋に飾るなら白いバラ。ピンクのバラ。
淵に色がついたもの。
カサブランカ。ラナンキュラス。

それ以外は嫌。

幕の内弁当、松花堂弁当、赤いバラ。
いずれも他の人からはたっぷり愛され好かれているのだろうけれど。

せっかくのテーマなのでもう一つ。
最近見た嫌なもの。山田農林大臣の顔。

なんと不遜な顔だろう。
なんという不遜な物言いだろう。

それに比べ、健康な種牛六頭の殺処分に傷心の宮崎県の畜産農家さんのご主人。
「(人間の勝手で殺処分にされてしまった種牛六頭に対して)今は心からありがとうといいたい」とおっしゃっていた。久しく見なかった「心ある尊敬できる人の顔」を見た気がしました。

最近の政治家、悪成り上がりの仕事人、汚職にまみれた人々の面と比べてなんと清廉な美しい人だったことか。

by yoshi-aki2006 | 2010-07-20 23:09 | 日々雑感 | Comments(0)