カテゴリ:ライフスタイル( 192 )

 

50歳台は最後の勝負時~急激にやってくる老衰にご用心

義理の母がけつまずいて転びました。
最近、二回目です。そのたびに裂傷を負い、流血して救急搬送です。

デイケアに行っても、日に日に黙ってポツンとしていることが多くなったと周りの人から聞きます。

あー、実父もそうだったなあと思います。
うちの父はしゃべりまくってうるさいくらいでしたが、ある時からしゃべりが少なくなり、次第次第に弱っていきました。

マンションの住人を見ていても感じるのですが、この間まで矍鑠としていた方が雪をかぶったように老いが進行し、体の勢いが失われていっているのを感じます。

老いは急速に進むものなんですねえ・・・・。こわっ・・・!

ホント、人生はあっという間ですよぉ~。
生きているうちにやりたいことをしっかりやらないと!

ということで、ワタシが過去の自分にかけてあげる言葉をつぶやいてみます。該当する年齢層の方に届けばいいのですが・・・・。

●0歳~親など、外部環境という理不尽なものとの出会いがこの世との縁の始まりでした。そういう理不尽な存在に世話をしてもらわなければならない不条理を悩みました。

●10歳くらいまで
どうしてうちの家はあの子んちと比べてビンボーなんだろう、どうして私はあの子んちの子供として生まれなかったんだろうということを考えました。かわいい子とかわいくない子の格差、頭のいい子とそうでない子の格差。
格差も感じ、自分はどの部類なんだろうなどを考えるようになります。

あるべき自分とは違う場所にいる不条理を悩みました。
うれしかったのはカモシカのように動くからだがあったこと。意のままに動くからだを楽しいと感じました。

※今だから言えること
親や環境は仮の住まいと思うこと。選べない環境に生まれてきたのはたまたまのことです。自分の足で立てる時期まで待つのです。そして嫌な親や環境なら全力疾走してそこから逃げればいいのです。
働くなり会社の寮に入るなり、留学するなり、地方で安全な仕事に就くなどです。嫌なら家から出る。その日までお金をため、どこに住み、どう暮らすかシュミレーションする。
この「いやなモノから離れる勇気と準備」は一生を左右するものです。磨きましょう!


●15歳~
アウトプットの方法がわからず、悩みました。 
※今だから言えるアドバイス 3つの方法論を身に着けよう(弁護士 英語 芸術=例・短歌とか。鉄板資格+グローバル化+異次元人脈異次元脳分野)
士業の資格はいくつか取っておくべきです。

ちなみに生活の安定=人生の安定という意味で私がお勧めしたい仕事は入国審査官や国会職員など地味系公務員です。こうした仕事についてこつこつ士業、英語の勉強やアウトプットの練習をするといいと思います。

●20歳~
この時期は誰しもに待ち受ける酒と異性とどう付き合うかという試練に遭遇します。
私は酒は早々に付き合い方、距離の取り方を覚えましたが、異性は難問でした。

次々と好きでもない勢いのよい異性が私の人生を邪魔しに来て、それがとても悩ましかったのです。
オトコでもオンナでもこの時期、異性とどう付き合うかが非常に重要な事柄だと思います。

※今だから言えるアドバイス

見込みのない異性が接近してきたら全力で逃げること

家事をさせ+性欲を満たしたいだけの男は女性を利用することが目的
性欲だけ満たせればいい男は自分のことしか愛せない自己愛者

女性にとって見込みのある男とは、社会人として世の中から合法的な方法で給料なり、報酬を継続的に得てくる能力があること。これがまずは基本です。
そのうえで、外見や気持ち面に清潔感があり、異性としてのそこそこの魅力や父親になれる寛容さ、明るさがあることです。

経済が自立できない男は社会性も人脈もなく、女性にすがってきます。
自己愛が強い男は浮気を繰り返し、自分の魅力を再確認したがります。

そういう男を相手にしてしまうと苦労はいやがおうにも増します。

男性もしかりです。
家事能力と常識のない女性を妻に持つと一生苦労します。
自己愛が強い女性はきれいにしていますから惹かれるのですが、自分の魅力が通用するのを確認したくて外に外にと目が向きます。
子供のお母さんも務まらないし、家庭はいびつなものになってしまいます。

異性との関係を20歳~30歳代ではよくよく考えるべきでしょう。
社会性のない異性は男なら最低限の稼ぎも稼ぐことはできませんし、女性なら実家や近隣の人ともうまくやってい行くことはできません。

すると配偶者の苦労は増します。

親と異性の苦労があると人生は艱難辛苦なものになってしまいます。

ちなみに私は
異性にとらわれず仕事に重点を置いて30歳頃、足場を固めることができました。

30歳~
このころはオトコでもオンナでも
家庭を持ち、子供を育てることが大切だと今では思います。
結婚し、どんな家庭を作るか。
それに向き合い、励むべき時です。

そしてこの30歳~50歳位は仕事でも一番頑張れるときです。
逆説的に言えば、仕事で頑張るためには30-50歳代に家庭や異性問題でガタガタしていてはだめなのです。
家庭に憂いなく、健康にも恵まれていれば意欲はサポートされます。

ただし、この期間、できる人は「嫉妬」をどうかわしていくかの問題に遭遇します。
30歳代を嫉妬してつぶそうとするオジサンオバサンははたから見ていて痛すぎるので、30歳代に受ける嫉妬は大したことはありません。

本格的な嫉妬とは40-50歳代に遭遇します。

特にオジサンやジイサンは女性にすざましく嫉妬します。
笑っちゃうくらい嫉妬されます。
学歴は高いけれど、クズみたいなオジサン・ジイサンが世の中には思いのほかたくさんいるのです。

学歴のない、しかし、目立たなくては気が済まないオトコ、仕事はできるかもしれないが容貌に難がある一定学歴オンナもうっとおしいですよ。
まさに汚くがめつく、人のシマ、人の活躍が妬ましくて狂おしいくらいに嫉妬の炎を燃やしています。隙あらば全部自分のものにしたがる。こういうクズもいっぱい世の中にいます。

仕事で生きていく女性はこのオジサン・ジイサンたちや学歴のナイ欲張り目立ちたがりオトコ、残念なインテリ・ブサイク系オンナの嫉妬をどうかかわしていくかスキルを求められます。

※今だから言えるアドバイス
嫉妬してくるオジサン・ジイサンは相手にしないことです。こういう人たちによく思われても何のメリットもありません。
涼しい顔して無視が一番です。
地味な服を着て、やたらオジサン・ジイサンをヨイショしていた美人がいましたが、結局、思ったほどには出世しなかったなあ。病気になるほど気を使っていたのにね。
無視が一番です。

学歴のナイ欲張り目立ちたがりオトコ、残念なインテリ・ブサイク系オンナは人のシマの乗っ取りが彼らの自己肯定に結び付いており、こうしたハイエナ・コンプレックス系には、「はいはい、あなたの方がとてもご立派」「お先にどうぞ」と先に行かせることです。彼らは「追い抜いた!」「自分のほうが上」と自分で感じないと生きていけないコンプレックス病に罹患しています。そうした病に付き合うのはあほらしい。
煽り運転をかわすのと同じ要領です。



子供を持つ人生を選ぶのか選ばないのか、これも考えたいですね。仕事を持つ女性で40歳を過ぎたら、立ち止まってよく考えたほうがいいですね。
私は子供を持たない人生を選びましたが、機会があれば産んでおいてもよかったな、とは思います。だって、老後は厳しいですよ。子供がいない人は。皆周りは死んでいくのだから。子供がいれば違うのにといつか思うでしょうね。
誰か気にかけてくれる存在は必要ですよ。

40歳~
子供が成長し、子供とどう向き合っていくか、親子として展望を共有できるかを考え、行動するときです。
配偶者との人間関係も育てていく時です。
この時期、仕事は順調で深められる時ですが、同時に慢心からミスや誘惑の問題が生じやすくなります。
浮気、不正、慢心に注意です。健康問題も生じやすくなります。

※今だから言えるアドバイス
健康問題は大切です。
酒を飲む時間があればジムに行って鍛えるべきですね。


50歳~
仕事では集大成期だと思います。
ここで思い切りやっておかないと、不発弾になります。最後の踏ん張りどころです。
ところがついつい「長い夏休み」状態になりがち。
いつでもできる、と慢心してしまうのです。
ホルモンのバランスも崩れます。
オトコもオンナも更年期です。
もう、老い準備期なのに、「まだいける」と思ってしまう。

しかし、ふと肉体的能力的限界を感じることもあります。が、一瞬の示唆で終わってぼーっとしてしまう。

が、ここで踏ん張らないと老後は厳しいです。

※今だから言えるアドバイス
ここは最後のラストスパート期です。
休んでしまうと、次に立ち上がる時、ものすごく大変です。
頑張りましょう!

というわけで、今週もヤフーファイナンスに寄稿しております。
ぜひ、読んでくださいね。
木村佳子の日経平均株価の見通し


by yoshi-aki2006 | 2019-10-28 09:59 | ライフスタイル | Comments(1)  

効率的勉強法~自分なりの勉強法を確立する

あららん? 先ほどブログを見たら下書きがアップされておりました。

気を取り直して「勉強法についてのブログ」を正式アップし直します101.png

今も勉強なくしては仕事にならないので、日々、ありとあらゆる方法で勉強しています。

ところで、子供時代は勉強ができる子だった時代もあれば
そうではなくなった時代もあったり、
再び、勉強ができる時代があったり、
そうでなくなったりという波がありました。

まず、勉強ができる子だった時を思い出すと、母親がりぼんという月刊誌を毎月、購読してくれて寝る前に読み聞かせをしてくれたことが大きかったです。
これで字を覚えたし、記憶力が培われました。

書道を習ったこともよかったですね。漢字を覚えたし、筆を使うことも脳みそに効いた気がします。
漢字や文字を早く覚えたことで、本をたくさん読むことができ、読むことで形而上的な考え方ができるようになりました。

家の工事中、電車通学をすることになり、行きかえりに教科書を退屈しのぎに読むようになって、授業がどんどん頭に入るようになり、予習復習が大切なことを身をもって知りました。

この流れで高校1年を終了し、大検で大学入学資格を得て、競争率20倍の美大に合格するわけですが、途中、成績が伸び悩んだことがありました。

それは試験でいい成績をとると慢心して、手を抜くことを覚えたこと。
父母が仕事上の悩みを解決するまでの間、子供の試験結果が悪い時に特に母がイライラして八つ当たりしてきた時期があり、この時は急速に成績が落ちました。

家庭に心配事があるときは子供は勉強に身が入らなくなるものです。
試験でいい点数を取っても親がホメる心の余裕をなくすと、子供は集中力がなくなる。

八つ当たりされたときは授業中、気持ちが現実から乖離し、白日夢を見ているようになり、その期間、授業が分からなくなりました。

が、そんなつらい時期を乗り越えて、ずっとずっとやってきたわけです。

そして大学院編もお話しすると、この前出た大学院では毎回、試験で単位認定がありました。
試験なんて、実に何年ぶりです。
しかも、毎週小テストがある授業が必須科目だったんです。
その時はそんな状況に慣れていなかったこともあり、テストの度に心臓がバクバクして、答案を書くシャープペンシルの先が震えていたりしました。

しかし、試験の結果が良くないと単位がもらえず、高額な授業料が無駄になります。
この時期は家庭にいると雑用で気が散るので
試験前日には事務所に泊まり込んで自主的に模擬テストをしました。
試験がある日の時間に合わせて、その時間に模擬テストをして、本番に備えました。

この時の経験から言えるのは、繰り返しの勉強がモノをいうということです。
そして為せば成るということです。

勉強は漠然としていてはモノになりません。
だから関連本をたくさん買うのはダメです。
繰り返し繰り返しやるに尽きます。効率的に勉強するには急がば回れで基本を繰り返しすることです。

さて、今は動画や講演のための勉強が続いています。


5Gの勉強、無人運転の勉強、勉強は続くよどこまでも。
自分なりの勉強法でお勧めできるのは、苦手な分野ではなく、面白いと思う分野にどんどん首を突っ込んで、
楽しいと思いながら、知の探究をすることですね。

頑張りましょう!

















by yoshi-aki2006 | 2019-06-08 23:22 | ライフスタイル | Comments(0)  

マイペースで仕事する~持続可能なビジネススタイルを構築・人のペースで仕事しない

マイペースで仕事する。
これを大切にするといろんなことができますね。

このスタイルをとることによって私も仕事しながら大学院に2つも通えたし、踊りの趣味も家事にもそこそこ時間配分ができています。
仕事への時間配分ですが、40歳くらいまでは頂いた仕事の中で問題ない依頼先からのオファーにはすべて応えようとして死ぬ寸前まで働きました。明け方4時、5時は当たり前という仕事の仕方でした。
出張も毎週、週2くらいはありました。
その結果、
死ぬ寸前とはオーバーですが、
めまい、
耳鳴り、
頭痛、
不整脈、
眼底出血、
胃の切込み痛
など、いわゆる蓄積過労と現場での負担重圧のストレスでかなり危険な状態に。

そこまで体が悲鳴を上げると急いで物事をかたずける傾向がでて、交渉事においても芳しくない結果が。

人間、疲れすぎるとダメなんだ、忙しすぎるとかえって損するんだと自覚自戒して、
時間をかけてゆっくり仕事のペースをカスタマイズしていくことにしました。

折から時代もダウンサイジングしていくところだったので、それにも助けられて次第にマイペースで仕事できる環境を構築していくことができました。

アウトプットばかりしていると調子よい状況対処型になってしまう。
フレキシブル対応ができる能力は貴重ですが、内容が伴わないと軽薄、多弁しながら実は何も語っていないということと紙一重、つまり空虚な人になります。

こういう「わかったつもりちゃん」になるとノリの良さが受けて人気が出ても一時的なブレイクで終わってしまうし、会社員の場合でも、30歳代で仕事現場で「つかいっぱ」「使い走り」に分類されて終わってしまいます。

安売りされているスカスカの食パンではなく、わざわざ電車賃を使ってでもあの食パンが食べたい、と思われるように中身を整えつつ、マイペースで仕事できるのが一番いいと思います。

マイペースで仕事をしていく上では
①人と競わない
②人と比べない
③他人のペースで仕事しない
④「早く」と相手の都合で急がされたり、インセンティブに乗っていかない
⑤人に好かれようとしない

などをわきまえることです。
マイペースを通すと、人を競わせて自分が得しようとしている相手からは「使えないやつ」と思われるし、
インセンティブという餌に食いつかないことで「扱いずらい」と思われるかもしれない。
また、他者がどんどん出世していく中でポツンと一人、という孤独感も味わうかもしれない。

しかし、どんなふうに思われても、相手の評価は気にしないことです。
どんな風に思われようと、その自己像は相手が作り上げた像であり、
自分は相手がそう思いたがっている像とは違うわけで、無理にその型に自分から合わせる必要もないし、相手の評価の中にある自己像なんて相手にくれてやればいいんですよ。

ちなみにトランプ大統領はそういう人だろうと思います。
インテリは「何だ、トランプはあんなに経済の状況が良かった時に大損していた。だから確定申告書を見せるのを拒んでいたんだ。実は金儲けが下手な奴だ」というふうにあら探しをして貶めます。

が、損をしていようと何をしていようとあら探しをしている側は大統領になっていない。

あざけっている側のトランプ像なんてその人間の中のトランプ像であり、実際のトランプとは違う。

ということでマイペースで仕事をしていくときは、相手が勝手に思っている自己像(トランプ氏の場合ならトランプ像)を正そうとしない、その像に執着しないことが大切です。それは相手が思いたがっている自己像(トランプ氏の場合ならトランプ像)であり、自分(トランプ氏)とはイーブンではない。相手の自己像(トランプ氏の場合ならトランプ像)が仮に「のりの悪い使えないやつ」というものであっても、「違うよ、ほんとはできるんだ」と相手に自ら正しく認識させようと躍起にならないことです。

これができるようになれば、ほんとに世界が広がります。
無限に自分の可能性を広げていけます。
相手の中の自己像(トランプ氏の場合ならトランプ像)なんて、相手の知性や人間性でいくらでもバイヤスがかかっているものであり、詐欺師はそれを知った上で「影響力の武器」や「君主論」的なアプローチをして、自己支配欲を満たして自己利益を得ようとしているわけだから、その人物がしがみついている自己像なんて、相手のモノとして放っておけばいいんですよ。
社会的評価基準が多様化しているのに、統一した自己イメージを構築しようと躍起になると、マイペース維持は難しいです。
なので、自分がヨシとする生き方、仕事の仕方で結果的に相対評価を高めていければいい。
仕事や人生の質を競争に求めない、ということで、持続可能な品質の追及にエネルギーを注げると思うのですよね。

さて、マイペースでおいしい食パンを作るようにしっかり自分の仕事を続けられたら、かなり自由時間も増えて、勉強もはかどると思います。
マイペース生活の結果、勉強や取材の一環で動画を作れているので是非、観てみてくださいね。
ゆうちゅうぶ動画「木村佳子の経済都市伝説」を更新しました!
マイペースで仕事する~持続可能なビジネススタイルを構築・人のペースで仕事しない_f0073848_13193421.png
●6月12日にはパソコン前で見ていただける動画セミナーを開催します。
ぜひ、お問い合わせくださいね。

https://kabukimuraol1.peatix.com/?fbclid=IwAR1H4rF1_N-fERRkE8jrlyP3gy_gsNYhnORC4XU-Uuo4Q3GPOyly2jpdH88
動画が見られるように環境設定を手伝ってくれるそうです。
パソコンをお持ちの方、ぜひお問い合わせくださいね。

5月16日のヤフーファイナンス 寄稿記事です







by yoshi-aki2006 | 2019-05-15 13:33 | ライフスタイル | Comments(0)  

どんな困難にぶち当たっても正々堂々と平気で生きていこう!

自分でいろいろ努力して仕事で成果を上げていこうとしている途中、くじけそうになることと出くわすことがありますね。
でも、よく考えると、それってみんな自分の周囲のレベルの低い人からもたらされる雑音にすぎないことが多いですよ。

立派な人格者はけして人に嫌な感じを与えないもので、
人に嫌な感じを与える人ってだいたいが嫉妬、やきもち、ヒガミ、妬みの類にとらわれていることが多いです。

女性が社会進出する機会が増えていますが、
社会に出れば周囲の人全員が自分の顧客ととらえて、できるだけ、畑に種まきをし相互にメリットが発生するようにとつとめるのが大切だと思いますが、
そういう発想ではなく、
できるに従いおごり高ぶり、勝った負けたと優位性にこだわり、
人と比べて「自分は持っていないものをあの人は持っている」とかやきもちを焼き、
ぐずぐずになるケースが多いですね。

樹木希林さんは御嬢さんに「おごらず、人と比べず、平気で生きていきなさい」とおっしゃったそうです。
それこそが自分を見失わずに持続可能に生きていけるコツですね。

樹木希林さんのお姿は以前住んでいた近くのお寿司屋さんでよくおみかけしましたけれど、淡々となすべきことをなしている人の静かなたたずまいがありました。

淡々となすべきことをなすって
なかなか、できないものですよね。

でも、淡々となすべきことをやっていれば、どんな困難とぶち当たっても、平気で前をむいて生きていける。
ということで、心が騒がしくなったときは
誰からもたらされた「ざわめき」なのかをよく考えて、
「なーんだ、それって嫉妬じゃん」とか
「なーんだ、それってヒガミじゃないの」とか、しっかり見定めて、
花粉のように鼻腔にこびりついたものに悩まされない対策として
淡々となすべきことをなす、というところに立って平気で生きていくこと。
それが最大の武器になると思います。
頑張ろうという時、何か心騒がしい時、ぜひ、思い出したいものですね。


ちなみにトランプ大統領にたいするエリート・メディアの報道のひどさもこの類のことだろうと思います。
誰もなしえなかったことをしている人に対して、これだけのやっかみがあるわけですね。

私はトランプ大統領はとても立派だと思っています。
公約を何とか実現させようという努力。
誰もなしえなかったことをしている点。
何もしないで批判することで平常心を保とうとするより100倍マシではないでしょうか。


トランプ大統領の親指立てイエ~ィ
はトランプ氏なりの「平気の保ち方」かもしれません。


さて、

今週の見通しをヤフーファイナンスに寄稿しました。
こちらが記事です!





by yoshi-aki2006 | 2019-02-25 07:11 | ライフスタイル | Comments(0)  

中国の精華大学に留学する手を考えてみては?

ジム・ロジャーズさんは有名な投資家ですが、娘に英語と中国語を覚えさせようとシンガポールに拠点を構えたのは有名な話。
確かに中国語と英語はこれから飛躍したい人には必須です。

で、もしも留学を検討しているなら、思い切って中国の精華大学に留学してみるというのも手です。
精華大学は日本でいう東京大学。
中国のトップはほぼ、精華大学出身者で

習近平氏
胡錦涛氏

も出身者です。

面白いのはこの精華大学はアメリカが作った大学という点です。
これからのグローバルリーダーを作ろう、
人口が多い中国の成長を見据えてのことで、そこがアメリカのすごいところですね。

こういう大学に行って人脈を作って
しかもハイレベルな学業で磨かれるって、すごくない?

参考サイトは
精華大学への留学について参考リンク

さらに面白いのはこの大学の中にブラックロックという投資信託を運営している会社のトップやトランプ陣営と被る経営者たちが運営員会を構成している学部があるんですよ。
つまり、米中は商売としてつながるところはつながっているんですね。
表の対立、中での握手。
という点も日本人は知る必要がありますね。

というわけで、どうせ行くならハーバード、ケンブリッジだけでなく
精華大学も要検討です。位置的には欧米より近いしね。
ちなみに私が早稲田の大学院で驚いたのは中国人の留学生の多さでした。

会社に入って語学で苦労するのも大学で語学で苦労するのもどの道一緒。
留学を考えているなら一考の余地あり。


株価と政治についてのコラムは
木村佳子のブログ アメブロで更新しています

北朝鮮リスクと株価についてのコラム

ぜひお読みくださいね!

by yoshi-aki2006 | 2017-09-25 23:24 | ライフスタイル | Comments(0)  

年齢7,5,3の法則

先日、異業種交流会=勉強会で素敵な先輩のお話を聞く機会に恵まれました。
彼女は有名なエコノミスト。

真正面のお席に座らせていただき、緊張してしまいました。

何度もテレビなどで拝見していたお顔が、目の前に!
当日配布されたプロフィールにもまばゆいばかりのご経歴が掲載されていて、「畏れ多い」と思いましたが、面白いお話を聞かせていただき、いつの間にか緊張感もほぐれていきました。

その先輩は、さらりと
「もうエコノミストは卒業なの」とおっしゃいます。
そして、今取り組んでいる日本文化を海外に広める運動に経済的な道筋をつけることに専念されるそうです。

非常にエネルギッシュな活動をされていて、圧倒されました。

そして、これからの人生をどう生きるべきかという点において、私も大いにお手本にしたいなと思いました。

ところで、その先輩のように60歳を過ぎてから新しいことにチャレンジするのはなかなかに大変です。
が、「大変だから」と何もしないでいるのももったいない話です。

というのも、40歳になったばかりのころ、この世の終わりくらい「あーあ」と思ったものでしたが、今から考えると、「もったいないことをしたなー。40歳なんて全然若い。あの時、あんなにあーあと思わずもっといろいろすればよかったなー」と思うんですよね。

今と当時を比べると、体を鍛えた甲斐があって今のほうが元気かもしれません。
だから、チャレンジするのに遅いと決めつけることはないと思います。

親族の話によると
85歳までは何とかなる、と。「えっ? そんなに?」と驚きますが、まあ、60~70歳代でも子供の時に感じたほどにはお年寄りでもないらしい。事実、身の回りのその年齢の方たちってとっても若い。

が、注意したいのはある日ガクンと体力、気力、筋力、金力が衰えることです。
「こんなはずでは・・・」とならないためには、どこかでセーブする、目標達成までのマップと達成後のマップの両方を作成してみることが必要ですね。

そのガクンをシュミレーションする時に役に立つのが753の考え方です。
日本には子供の成長の節目を祝う753のお参りがありますが、これを大人にも当てはめると心づもりの役に立ちます。

例えば30歳代、40歳代、50歳代、60歳代に当てはめて考えてみましょう。

33歳、43歳、53歳、63歳という3のつく年ですが、
四捨五入してもまだ33歳は30歳に近いし、
43歳は40歳代、
53歳は50歳代
63歳は60歳代に近いから、

「まだ時間があるや」と油断しがちです。

が、35歳、45歳、55歳、65歳となると四捨五入すると上の年代に突入してしまいます。

そして37歳、47歳、57歳、67歳となるといよいよです。

3年後には上の年代に進級しますね。

そこで、何かする時、始める時、
今が四捨五入して年代にとどまっている時なら、5のつく年に達成できるよう目標を持つ。
そして、出口は7のつく年にして、
来るべき上の年代に何をすべきか予定を立てる。
そして、3のつく年までに着手、5のつく年に達成、7のつく年に出口から出る、
次の展開の準備に入る、

というローテーションを作ってみるとどうでしょう?

さて、では私の目標は?

おかたずけをしっかりしよう…買うばっかりではモノが増える一方です。
捨てるもの、上げるもの、売るものなどに真剣に分類して取り組まないとモノに埋もれて生きることになりますね。

習い事をちゃんとケジメよう…習い散らかしてモノになっていない数々。ちゃんとケジメようと思います。


3のつく年までに着手、5のつく年に達成、7のつく年に出口。そして次の準備にいそしむ。そしてめいっぱいいろいろではなくマネジメント可能な量にしておく。

ほどよく楽せず無理なく。

というわけで、
次のお仕事にも邁進です。

●6月19日岩国
●6月20日奈良郡山


●6月24日神戸
●7月1日大阪
●7月8日愛媛

お申し込み先と詳細は木村佳子の最新スケジュールに掲載しています。
よろしくお願いいたします!






by yoshi-aki2006 | 2017-06-11 03:38 | ライフスタイル | Comments(0)  

ネットで買い物のメリット、デメリット

各地でデパートが閉店に追い込まれている報道が相次ぎます。
昭和の人にとってデパートで買い物はちょっとした晴れの時間。
うちの母なんか、デパートが大好きでしたねー。

ともかくなんでもデパートでした。お洋服選び、お中元お歳暮、特別食堂での飲食、展覧会、催し物。
今でもお友達と待ち合わせる場所はデパート。

デパートの中の名店(ショップインショップみたいなものですね)も大好き。

が、次第に彼女たち世代は高齢化。ゆえに足が弱り、ぶらぶら歩きも厳しくなりました。
今でもデパートの包み紙に特別な思いを持つ彼女たち世代ですが、
もはや時代はネットショッピングが主流。昭和の人の足腰問題発生から世代交代したらネットがいいわ、というわけです。

ネットショッピングは簡単に比較できたり、選ぶのに人が介在しない点が特徴ですね。
一円でも安く、お得に買いたい買い手
そのために費やす時間は惜しまないけれど、人が介在して意味のない会話をあたり障りなくかわす労力は惜しみたいのが本音かと思います。

実際、デパートに限らず、売り場で販売員さんと話していて「伝わらない言葉の壁」は日常茶飯です。

こちらもベストな言い方ができないですし、
相手も語彙が違っていて会話が成立しないことが多いように思います。

勝負服といいうか仕事服を探しに行くデパートで
「そんなカジュアルな服は現場で着ない」と言っても
遊び着を持ってこられることなどは本当に多いです。

デパートに納品しているメーカーも感覚が古いです。「奥様」「お嬢様」「OL様」「ご結婚式」「PTA」「パーティ」などというカテゴリーが古いのだと思います。

シーンを理解していない服作りというか、ちゃんとした服を着て仕事している女性と仕事する機会がないのだろうな。

私の属している「金融」系の服がレアな存在なんだろうけれども。女の服は、少なくとも私の場合は、服にお金をかけるのは勝負服だからです。勝負服というのはビジネスの現場で対人で快適な服であり、見栄えする服であり、特別感が前面に出ていない、しかし、それなりに「いい服」のことてす。服業界におけるそういうたぐいの服は「オミズ」に属性分類されてしまうんですね。実際、オミズ街にはチーママが着るようなスーツは売られており、デパートでそのたぐいの服を探すよりも当たりは多いです。が、しょっちゅう飲み屋街に行ける時間はなく、

いきおい、ネットで探したほうが圧倒的に効率がいいってことになるわけですね。

が、宝飾品や時計などはネットで買って失敗するとダメージが大きいので気を付けたほうがいいですね。
例えば、
ネットで買い物のメリット、デメリット_f0073848_23595149.png
(撮影:yoshiko kimura)
この時計。それなりの大きさに見えるではありませんか。
が、実際はとても華奢。

小柄な人がすれば似合いそうですが、私はもっと大ぶりの時計が欲しいんだなあ。
カルティエの時計はお値段が車一台分くらい、平気でするので、
こうした高額商品を買う時は
実際は何センチくらいのものなのか、
慎重に判断したほうがいいですね。それが写真だけではわかりずらい。この点がネットショッピングのデメリットだと思います。
センチは書いてあっても、大きさがわかるサイトはほんとに少ないですねえ。

服も通販で買うものは色やサイズにジャスト感がない場合もあります。

便利ですが、デメリットもある点で人工知能や様々な進化が待たれるところです。





by yoshi-aki2006 | 2017-03-06 00:06 | ライフスタイル | Comments(0)  

女子会で知る女子の「幸せ探し」は永遠に~


トランプ政権がアメリカに誕生し、11月14現場でお話した私の講演で

為替は年内に107円到達、
日経平均株価は申し上げた日頃までに控えめに見積もって18300円到達

とお話してきましたが、為替は2円ほど円安化が進行していますが、株価はほぼ射程圏に入ってきました。

あとは「転換点はいつか?」だけに集中して意識を向けていればいいので、今のうちにできることは全部しておこう、ということで長らくお会いしていなかった皆々様と女子会を開催。

月、火と続けて大人の女子会!

月曜日は銀座のレジェンド・バーテンダー岸久さんのスタアバーに。
女子会で知る女子の「幸せ探し」は永遠に~_f0073848_12023992.png
この建物の地下にあるお店がスタアバー。
とても素敵な場所でした。飲める女子の皆さんとご一緒だったので私もつい2杯。
最初は葡萄がベースのカクテル。
二杯目はサイドカー。ブランデーベースの強めのカクテル。
これでどん!と酔いました。

リーダーシップを発揮してくださったメンバーの機転でこの日のイベントは先に食前酒としてカクテルを飲み、その後、食事という流れだったので食事会ではリラックスして、酔い覚ましができました。感謝感謝!

ご一緒させていただいたメンバーは本当に素敵な方たちで改めて彼女たちの今の過ごし方に尊敬を覚えました。お一人は老親戚宅のおかたずけを体験し、ご自身の今後に断捨離断行を検討されているとか。ものであふれる我が家を思うと、「そうだな!」と思いあらたに!
彼女は誰でもがなれるわけではない役職につかれた経験を持ち、今はゆったりとマイペースで仕事をされています。一度、社会的に高い位置の役職につかれた後、どう引いていくかは永遠のテーマではないかと思います。

武田鉄矢さんが「登ったまんま、降りてこれない人生を遭難という」という言葉に救われたというように、人は役職や権力をいつかは手放さなくてはならないのです。しかし、一度登った山からは降りたくないのが人情です。引きずりおろそうとする相手を倒したり、策を用いて陥れたり・・・・。老害、老醜と言われても握ったものを手放したくないのも人の真実。そのむつかしさがあるから、「住友銀行秘史」が読まれるわけで、きれいに引いて、今、マイペースでご機嫌に仕事されている彼女に尊敬を覚えます。

もうお一人は体を鍛え続けていること。私も気を付けていますが、「あ、しんどい」と思って手抜きしがちなので頑張ろう!と思いました。体を鍛えると脳に効くというのは実感してとてもよくわかります。頭と体の乖離が始まる今の年齢に心身一体を継続できるのは大いなる強みです。頭と体が乖離しないというのは幸せの一つの形ではないでしょうか。

翌日は一つ年上のお姉さまと。

彼女はこれからもベストパートナーを求め続ける夢を捨ててない点で、「すごい!」と感心しました。

「ともかく仕事以外のことで頭を使うのはひたすら面倒くさい!」と思う私には遠い世界・・・・。新しい彼との楽しいデイトを語る少女のような先輩女性にまぶしいものを感じました~。

彼女がよく行くという六本木グランドハイアット東京にあるオークドアでホスピタリティあふれる若手のバーテンダーの素敵な対応にも感動し、

キールと
コスモポリタン

を楽しみました。

女子会で知る女子の「幸せ探し」は永遠に~_f0073848_12192698.jpg
六本木グランドハイアット東京のフロント近くにしつらえられた木の香りのする素敵なチャペルで。

人は人に元気を与えることができる! たくさん話してたくさん刺激を伝達して前向きに。
お時間を共にしてくださった素敵な女性たちに感謝です。

さあ、ぼつぼつ連続講演の準備に集中します。
講演でお会いできる日を楽しみにしています!






by yoshi-aki2006 | 2016-11-16 12:23 | ライフスタイル | Comments(0)  

長生きしたいですか? 短命の人、長命の人の生活習慣、気持ちの持ち方

ラジオ日経のお仕事で日経BP社の主席研究員の西沢邦浩さんとお仕事させていただきました。
健康情報に非常にお詳しくて、いろいろなお話しを教えていただきました。
「長生きしたい場合、どうしたらいいか?」
その答えは、
「他人の役に立ち、それを喜びとする生き方」
この喜びがオキシトシンという物質を人にもたらし、長生きサポートをしてくれているといいます。
逆に短命な生き方は
「人をねたむ生き方」
いろいろな短命物質が出るのでしょうね。

笑って、人のためになることをし、無茶な食生活をしなければまず、長生きできるってわけです。

私は人の役に立ちたいとは思いますが、「笑う」という余裕はなかなか持てないですねえ。
株式投資の領域では見通しや銘柄が当たらなければなりませんので、当たって当たり前、損になったら叱られる、というか、承認されないため、
当てなければならない、
という緊張感が常にあります。
また、人のため、になることをしているつもりでも自分の完璧主義の癖でしつこく丁寧にしてしまっているのかもしれない、と思うことがあります。


「証券会社の人の平均寿命を知っているか?」と証券会社の役員に聞かれたことがあります。「短いんですよね?」と聞くと、
「64歳だよ、特に●●証券は」
と教えられました。

えっ! 64歳って会社辞めるころにはもう亡くなってしまうってこと?

激務ですからねえ・・・・。証券会社は。


証券営業も株式評論と似て、当たって当たり前、その反対になったときは厳しい世界が待っていますから、喜び少なく、負荷の高い仕事です。
そして、そのわりに昔ほど収入は伸びていないのではないかと思います。

誰のために生きるのか?

長生きしたいのか? したいなら笑って人のためになることをする生活を・・・・というわけです。

いろいろためになるお話しを伺いましたので11月23日19:00~のラジオ日経の放送を聞いてみてくださいね。
ラジコでも聞けるんですって。

さて、講演ラッシュもしばし一服。
あとは11月28日名古屋今池レオパレス
長生きしたいですか? 短命の人、長命の人の生活習慣、気持ちの持ち方_f0073848_00592319.png
11月29日福岡天神
長生きしたいですか? 短命の人、長命の人の生活習慣、気持ちの持ち方_f0073848_01010323.png
また12月2日、3日と東京でセミナーがあります。
4日は名古屋でラジオ日経セミナーです。
5日は取引所で女性講座が開講になります。

つどつどご案内していきますね。

あ、そうそう、西沢さんに「納豆と骨折の関係」も教えていただきました。納豆を食べていると骨折防止に役立つというお話でした。

骨のためにぜひ、納豆を食べましょう!

長生きしたいですか? 短命の人、長命の人の生活習慣、気持ちの持ち方_f0073848_00574285.jpg
下は大阪光世証券さんの投資の日のイベントです。
長生きしたいですか? 短命の人、長命の人の生活習慣、気持ちの持ち方_f0073848_00571347.jpg
長生きしたいですか? 短命の人、長命の人の生活習慣、気持ちの持ち方_f0073848_00565262.jpg



by yoshi-aki2006 | 2016-11-04 01:04 | ライフスタイル | Comments(0)  

スーダラ節を歌わそうとするアベノミクス3

ひゃゃゃゃゃー、今月の出張の多さといったら、まったくのびっくりぽんです。
ガツンと遠い浜田があって金沢があって、加古川、播州赤穂と続き、
21日は志木、22日は大阪、25日東京日本橋、27日大阪。

11月1日東京、11月3日はラジオ日経大阪セミナーです。

一体全体、なんとしたことでしょう????

毎回同じ話はできないので、都度都度内容を変えていくのですが、前伺ったときのレジュメを取り出し、スライドがダブっていないように全部資料を作り替えていく作業も結構大変です。が、仕事あっての職業人生活です。

仕事で指名をいただいたら仕事で返していく。
そして、来場してくださった各主催者様の大切なお客様に喜んでいただくこと。
それを不断に続けることが信用につながります。
スーダラ節を歌わそうとするアベノミクス3_f0073848_20332072.png


頑張らねば、この山場。

が、忙しすぎると般若の形相でレジュメを作っている自分の顔が怖い~。
眉間にはビシッとタテジワ・・・・。いかんいかん・・・・・。

めったに講演前には食事しないのですが、腹力が抜けていると声も出にくいので加古川では名物の「カツメシ」なるものをいただきました。
柔らかめの熱いご飯の上にごく薄いカツがのっかっており、ちょっとドミグラス風のソースがかかっているものを箸で食べる。それが初カツメシでした。

名古屋の味噌カツともちょっと違う・・・・。
不思議なお味。優しいお味のカツメシでした。

さて、21日は志木に伺います。
スーダラ節を歌わそうとするアベノミクス3_f0073848_2034396.png


25日は日本橋です。
スーダラ節を歌わそうとするアベノミクス3_f0073848_20402631.jpg

いずれもあかつき証券主催ですがお口座がなくてもご入場していただけます。支店長挨拶はありますが当日、営業はありませんのでお気軽にご来場くださいませ。

さて、講演の資料を作る際、投資家さんにはできるだけ資産運用で元金を減らしていただきたくないので、どうしてもリスクを強調することになります。

しかし、昨今、アベノミクスの効果でしょうか。
人心がペシミステックでなくなってきたように思います。

姫路の商店街を歩くと安倍さんの肖像ポスターが貼ってあり、「景気回復、この道しかない」とのスローガンが白抜きで歌い上げられていました。

安倍さんはつまるところ、オリンピックから高度成長期の時の日本をもう一度、というところを目指しているのでしょう。テレビをつけると政治のがちがち話はすっかり姿をひそめ、お笑い、グルメ、恋愛、勧善懲悪のライトな番組が席巻しています。

つまりは植木等さんが歌ったスーダラ節のあのノー天気で明るい日本人よ、もう一度、というところを政策目標にしているのでしょう。

暗い話、悲しい話、辛い話は横において、
すいすい、すーだらっと明るくオリンピックを迎え、これからをライトに生きていこうよ、という方向を目指しているのだろうと思います。

いやはや、バブル崩壊から一貫して右肩下がりで大いに艱難辛苦を味わったわが身には
「ほら、食べろ」と出された尾頭付きにどこを食べてよいかわからぬ野良猫みたく、戸惑うばかり。

まあ、そうね。あとそんなにたくさんは生きない年齢層に入ってきたと思うから、愚民政策の主旨にのって歌って生きてもいいのだけどね、と思ったりもする次第。

とはいいつつも、仕事はかっちり、やり遂げなくては。
まだまだ、難所が続く出張シーズン。

明るい方向に目を向けつつ、

しっかり乗り切ってまいります!

by yoshi-aki2006 | 2016-10-21 13:12 | ライフスタイル | Comments(0)