カテゴリ:スタディ( 67 )

 

今日もたくさんの感動をありがとう!~はっとさせられた言葉の数々

朝から2人の先生から3コマの講習を受けました。
一コマ目の講義から感動しっぱなしでした。
泣くまいと思いましたが何度か、うるうる来てしまいました。
他の人も講師の先生もうるうるしていました。

数日たつとブログにご紹介する機会を逸してしまうと思い、アップさせていただきます。
お二人の先生から伺った感動したり、感銘した言葉の数々です。
ランダムに箇条書きさせていただきます。

●学校を訪問すると「仲良くしましょう」とか「みんなで仲良く」と張り紙などに書かれてあります。しかし、子供たちはたいてい仲良くやっています。問題は大人のほうです。ちょっと意見が違うだけで「あいつはけしからん」とか「あいつとは口をきかない」とかくだらないことでいがみ合う。

●東京都民は福島の子供の未来に責任がありますよ。福島の原発で電気を安定的に使えていたのですから。

私もそう思います。都民として自分もそのことを自覚し、何かで返して行きたいと思います。さらに原発広告にかかわった人も覚えておいて欲しいと思います。まるで他人ごとのように、自分のことではないかのようにとぼけるのはよしましょう。多額の広告出演料をもらったことはすでに明らかなのですから、福島の子供の未来に有意義なことに還元してもらいたいと思います。

●儲かる、儲からない、勝った負けた、正しい、間違っているではなく、大人のたしなみとして自分の知見を誰かの役に立つように使い、それでその時、感謝されなくても、見返りがなくても、ああ、だれかの役に立てたんだということが自分の生きる喜びとして感じられ、ひそやかににっこりできる大人がたくさんいる社会を成熟社会というのです。そういう成熟した社会を作っていきましょう。

●たとえば漢字や英語を子供たちに教えたとしましょう。その動機は、その子の幸せを願って行うのでしょう?  国語がちゃんとできたら、あるいは英語が話せたら、その子はきっと幸せになるだろうと思うから教えるのではないですか? 自分の行うことが人を喜ばせ、人の幸せを願って行う。それがうれしい人間でいたいじゃありませんか。

●あれこれ悪口を言っていても始まらない。人がどうこうではなく、自分のできることをする、自分がいいと思ったことをする。まず、そこからスタートです。それが人の役に立てば幸せじゃないですか。

 などなど、本当にはっとさせられるいいお話をたくさん伺いました。何のために仕事をするのか、原点に返って考えたいと思いました。

 子供たちの現状を知る事例も伺いました。お父さんの名前を書いて、といったところ「どっちの?」と聞かれてはっとしたという話。つまり、再婚、再再婚がぐっと増えて複雑な家族環境にいる子供たちが多いということですね。

 シングルマザーが救急車で搬送され、しばらく入院だという子供に「お母さんがいなくなってさびしいね」と話しかけたところ、「ううん、今夜からやっと安心してぐっすり眠れる」と返事が返ってきたそうです。お母さんはドラッグ中毒。
子供の置かれている家庭環境、親としての責任とは何かなどを考えさせらました。

二日間の研修で前回は自分の子供世代の人たちと、今回はアバウト同世代の方たちと深く学べました。
なんだか、こんなことをたくさんの人と学べたことで、体の底からエネルギーが湧いてきて、頑張ろうと思いました。

学びは社会に還元します。そして、社会に貢献していきたいと思います。

by yoshi-aki2006 | 2011-10-16 22:13 | スタディ | Comments(0)  

人を許容できるようになるプログラム

朝から3コマの講義を受けました。
それぞれに面白くためになりましたが、とりわけ面白かったのが3コマ目。
人に対する寛容な気持ちを養うためのプログラムに靴交換ゲームというのがあるそうです。50人くらいで輪になって自分の履いている靴の片一方を隣の人に回していくのだそうです。
50人もいればそれはいろいろな靴が来る。
それを触って、隣の人に回していかないと自分の靴は帰ってこない。
だから、キャー、こんな靴、触りたくないなどと言っていられない。
そうこうするうちに、いろんな靴があり、いろんな人がいて、自分はその中で生きているんだということが分かるようになるんですって。

さらにソックスで同じゲームもするそうです。
一日履いているソックスを回すのだから、臭いのや、水虫の足を包んでいたものなども回ってくる。
それでも、回していかないと自分のソックスは帰ってこない。

そんな風にして人は人を受け入れる幅を広げていけるそうです。
そういう素地がないと、
自分以外はみんな認めないような人間になり、
誰も友達ができずに爆発してしまうようなことになりがちとか。

なるほど。

講義を受け持って下さったパイオニア的教育者の女性が、
「上機嫌の作法でお願いします」と私たちを笑わせました。
「日本ではぶすっとしていることがインテリに見えるという感じ方があるようだけど、作者はあえて、なんでも上機嫌でトライすることがいいのだと書いている。みなさんも是非、今日は上機嫌でやってみて」と私たちを乗せてくれました。

そうですよね。わくわくにこにこで物事に臨みたい。

そして、夜はテレビ朝日「シルシルミシル」の収録でした(放送は10月30日)。
前日は高齢者いきいき体操指導員のお手伝いの後、出版社のパーティに出席。
前々日はバレエエクササイズで汗を書き原稿をいれたので、収録の時にはすっかり目が落ちくぼんでいました。覚えていただいていたら是非ご覧くださいね。

by yoshi-aki2006 | 2011-10-15 22:44 | スタディ | Comments(0)  

やっと届いた合格通知

今年の三月から勉強していることがあって、夏に三回の講習を受けました。
授業は楽しくてエキサイティングでした。
「楽しい! こんな講習なら残りの回も楽しみ!」
と思っていたら最終回にテストがありました。

「楽勝!」と思っていたら、あらら! 簡単な問題なのにやってみると意外に難しい!

初回挑戦では実習しか合格できませんでした。

そこで、筆記試験に再チャレンジする前にコーチに特訓していただき、このたび、ようやく合格することができました。

f0073848_19294380.jpg


この試験に合格したあとさらに種々の受講をして、やっと資格が授与されることに。
夢に近すくためには関門通過にともなって勉強を続けなければなりません。

この資格を楽しく仕事に生かせる日を目指してGO!

いずれお披露目しますね(お楽しみに!)

お知らせマネパの為替の見通し更新しました!

by yoshi-aki2006 | 2011-10-06 19:43 | スタディ | Comments(0)  

参加することに意義があり~受験はともかく敬遠しない

昨日は絶対飲むまい、何しろ、今日の試験に響くから

と思っていたのに冷えたビールを見るとつい手が伸びて、

早朝に起きて泥縄でも勉強しようとしていたのに、

なんだかんだで忙しく、

試験、パスしちゃおうかなーとの誘惑もちらりほらり。
が、せっかくお金を払ったんだからともかく受けてみよう!!
と不出来を覚悟で試験会場に。

慣れと居直りは恐ろしいもので、
どうせ勉強してないし⇒居直り⇒点数が悪くても仕方ない⇒居直り
で「試験を楽しもう!」とリラックスしたら、
前回の試験終了間際まで格闘したのか゜嘘のようにすすすーっと最終回答まで進んで、
時間が余ってしまいました。

見直す余裕までもてて、会場を見回すと、
出席率78%ってとこかしら。

いろんな事情があって欠席なのだろうけども、「ちゃんと勉強してから受験しよう」と思うと勉強していないときは休みたくなりがち。

でも、「受けてみなきゃ⇒参加することに意義があり」と思いなおせばいいんですね。
受けなきゃ評価はわかりませんが
受ければ前よりもいいか悪いかはわかるわけで、
パスしないで受験してよかったと思いました。

f0073848_16271643.jpg

会場の装飾タイルのテーマは生生流転(?)

難しく考えないでとっとと解く。間違ったと思ったらまた引き返したり、再度挑戦すればいいんだから。
あ~、試験が終わってともかくほっとしました。また、勉強しようっと(試験が終わった時だけ高まる毎度の感情です001.gif)

by yoshi-aki2006 | 2011-09-11 16:29 | スタディ | Comments(0)  

いくつになっても受験生~試験ビジネスは成長産業

はふはふー、眠いなー。でも頑張らないとねー。今日は試験だ~。
f0073848_2059679.jpg



二時間後・・・。



なんて難しかったのかしら?
f0073848_2104236.jpg

結構わかんなかったなあ・・・。
f0073848_2114220.jpg

やっぱ、もっと勉強しなきゃいけないってことだよね。
f0073848_2152027.jpg

でもまあ、済んだことをいろいろ悔やんでも仕方がないよな。
f0073848_216242.jpg

そうそう。終わったことは終わったこととしてね。そうそう。さっさと帰ろうっと!
f0073848_2185361.jpg


てなことでテストに関するテキストだのセミナーだのにまたぞろお金を使うことに。次の試験も申し込みました。受験生生活は続くーよどこまでも~♪ 

by yoshi-aki2006 | 2011-07-24 21:14 | スタディ | Comments(2)  

どんな時でも100点力!

いま、過去の自分の勉強においてウイークポイントだったところを探すべく、計10回のテストを受けています。
20ポイントに要点を絞った問題集をやって、2ポイントずつテストを受けて、その場で先生から、「どうしてこの問題はこう答えたのですか?」と聞かれたりします。今日は4回目。

昨日は暑かったので結局一睡もできず、朝、ニ~三時間だけ寝て受験したら案の定、ブドウ糖資源が枯渇し、アップアップ状態に。

しかし、受験すると分からない場所が分かるので、それが収穫。
やっぱり過去、転校したりして授業がごたごたっとなった時に学習した部分が弱いことが分かりました。
今日は復習としてその部分をするとしましょう。

テストを受け続けることで感じるのは、どんな状況でも最善を尽くそうとする努力ですね。
今日は受験中、人の話し声がわさわさして、耳触りで集中できなかったのですが、そういう環境でも100点を取れることが大切なのだと思います。
ベストな環境なんてない。
いつも何か不足があります。
どんな時でも100点取る。その心構えが大切ですね。

それとさまざまな先生についてレッスンを受けるのですが、いえることは、どんなに素晴らしい技術を持っていても基本をきちんとすることがベストだということです。
A先生は超ベテラン。教え方もうまくて評価も高い。
しかし、長年やっていると、どうしても「我」が出てしまい、レッスンの前にお話しが延々と続く傾向が。
それが75分中10分だとやはり長い。そして毎回そうだと生徒も次第に時間もったいない感を感じるようになります。
B先生は若手でA先生に比べるとベテラン度では及ばないかも。教え方もやや若い感じがします。が、ちょっと時間がたってから受講したのですが、授業に集中されていて、基本に忠実に展開されていました。で、生徒もぐんぐん増えています。
顧客でも生徒でも同じことですね。

基本に忠実にやることが大切なんですね。
自分にも当てはまる戒めだと思います。

何も人は特別なことは求めていない。
基本に忠実に当たり前なことを淡々と実行していくことが大切なんですね。

それが現場100点力につながるんだと思います。

腹が立つ時も心平和な時も淡々と自分を信じて自分のなすべきことをやり遂げる・・・。
うーん、簡単そうで実はすごく難しいかも。

とはいえ、目指そう! 100点取れる日を積み重ねられたらいいなと願って。

by yoshi-aki2006 | 2011-07-12 22:39 | スタディ | Comments(0)  

大学院の楽しみ

今年の春に大学院を卒業し、MBAのタイトルを頂きました。この2年の学びの時間を確保できたことでずっと「学びたい!」と思っていた夢のステップを一つ踏めた気がしています。

でも、ここで終わってはもったいない!
博士課程への挑戦は考え中ですが(IT系の博士号は比較的前例が少ないため、取りやすいと聞きますがそれ以外の分野の博士は筑波大学大学院博士課程後期に学んだ先輩の話によると二桁入学し、一桁しか取れていないとのこと)
続けて勉強しないとね、ということで、今も大学院で2講座の聴講をしています。
歌川令二先生の講座は結局、修士の時も今も時間割と自分の仕事のかみ合わせがうまくいかず、取れていないのですが、先生にお願いして、一度二度ほど聴講を許していただきました。

このときのご講義は「宗教史」て゜イスラム教やキリスト教、法華経や浄土宗などを面白く分かりやすく教えてくださいました。

読んだら参考になるよ、というご指導もたくさん頂き、写真はその一つ。
みんな写メを熱心にしていました。
ちやんと読まなきゃね♪

f0073848_11172617.jpg

by yoshi-aki2006 | 2010-04-30 03:58 | スタディ | Comments(0)  

捨てたモンじゃないよ、この娑婆は。

昨日に続いて今日も名古屋。
その名古屋に何しにいったか? 自分の勉強のための取材です。昨日は仕事でしたが今日は自腹での取材。
論文を書くために投資家さんと企業さんの両方を取材する必要が出てきたわけなのです。
昨日、名古屋で仕事して、講義に出て、帰宅。取材の準備をして名古屋に出発。ついてすぐ、コピーを150部とって配布する準備をしていました。
すると、スパーっと紙で指先を切ってしまいました。
滴る血でコピー数枚がおしゃか。
暑い名古屋でアタマどろどろ。
時間はせくし、段取り読み込みも必要だし・・・。

指スパ以外にも様々、ポカミスをして、

「あー、私ってアホだなー」としょんぼりしてしまいました。

しかし、うれしいこともたくさんありました。
地獄にほとけ。
「大変ですね」と手伝ってくれる人がいました。
本当にものごとに真摯にぶつかっていこうとするとき、指スパのようなアクシデントに見舞われます。

が、悪戦苦闘しているさなか、人はそんな人を見て神様になってくれる。助けてくれる。

その神様になった人に心打たれて、また、人は捨てたものではないと思うし、自分も人に対して神様になれることがあると思うし、がんばれる。

捨てたモンじゃないよ、この娑婆は。

by yoshi-aki2006 | 2009-07-18 22:19 | スタディ | Comments(0)  

オークス結果発表!

枠は2-4で取りましたが!

三連複は3-7-15
を買ってしまい、3-7-14と一番違い!
15はほしのあきさん命名の「ハシッテホシーノ」。

命名のうまさに引きずられたのが敗因でした!

馬券買いは究極の効率的思考の所産です。

どんなに当てても馬券の買い方と資金配分に「意」を持たないと負けてしまいます。

そして人は知るのです。考えの及ばない人間は競馬などに手を出さずひたすらこつこつ歩むほかないことを。
こつこつ型なら何か出来る人生だったのに、競馬的なものに手を出し、何者にもなれずにいてしまう者をたぶん世間では「愚か者」と呼ぶのでしょう。

年に一度の愚か者を自覚する日。

それが私にとってのオークス観戦です。
そして、知略に長けた馬券の買い方をして勝つ友に畏敬の念を覚えるのです。

馬を通して知る人の人生の運び方運ばれ方。

f0073848_102168.jpg


16番の馬はレース前、二周も騎手を乗せずに走ってしまい、この日は出走見送りになりました。
ホントはこの馬のように何ものも気にせず、自分の気持ちいい人生を思うがまま走るのが一番なのですが。

16番、彼女の名前はワイドサファイア。

まいったな、名前も走り同様、女王にふさわしすぎる。
ワイドサファイア。

君のこの日の気持ちいい走り方を忘れないために、私は思い出したように君の馬券を買い続けるとしよう。

by yoshi-aki2006 | 2009-05-25 10:12 | スタディ | Comments(0)  

処世訓

よく知らない人に道を聞かれる私。
たいていは問題解決を示すようにしています。
知らない場合は交番を案内したり、知っている場合は詳しく教えたり。

が!

今日の「横浜地下街で道を聞かれた女性が・・・」という報道には考えさせられました。
どのように応答されたのかはわかりませんが、道を聞かれて、あんな目に合うなんて気の毒です。

人に対しては誠実にありたいと思いますが、ホント、考えさせられますねえ・・・、

見知らぬ人というともう一つ、私が戸惑うのは、飲み屋さんとかすし屋さんとかのカウンターなどで、つれがトイレとか緊急の用事で携帯応答をしているときに一人客などに話しかけられたり、名詞を出されるときです。

話かけられると、つんけんとしては感じが悪いので、適度にお話はいたします。
しかし、連れが戻ってきたときに、「はしたないことをしたなあ・・・」とすごく反省します。
連れと話が弾んでしまう相手の場合はいいのですが、連れが戻ってきたときに、
「今のやり取りは内緒」みたいになってしまうと、すごく、連れに申し訳ないことをしたなあ・・・と反省します。

知りうる限り、「先生」と呼ばれるような人、あるいは「社長さん」のような人は誰にでもきちんと挨拶されますし、公正、平等を心がけておられます。そういう人をお手本にして、私も誰とでも等間隔でオープンマインドを心がけているのですが・・・。

反面教師の存在もあります。例えば、「あんたなんか関係ないのよ」みたいな、「あんたなんかと誰が挨拶なんか」「あんたなんかとは口きくの、嫌よフン」みたいな人がいて、それは、大きな会社の女性課長だったり、テレビ局のアナウンサーだったり、職業はまちまちですが時々見かけるのです。あんなふうな人にはなりたくないなあ、と思うのです。

ブランドが大好きで、上昇志向の強いタイプの人。だから得になる、自分にとってのブランドな人としか口をききたくないって態度がありありなんです。私は、そんな人になりたくないって思いが強いのです。

だから、どんな人とも相手の立場にたって、「こんな風な接し方なら感じが悪くないよなあ」という、人間として、真心でお話したい。

でも、連れの面子もつぶしたくない。エチケットは守りたい。感じよく、その場をすごしたい。

処世術は本当に難しいです。いくつになったらうまくできるのかなあ。いろんなことを感じよくって。ねえ。

by yoshi-aki2006 | 2009-03-03 01:10 | スタディ | Comments(2)