<   2018年 04月 ( 10 )   > この月の画像一覧

 

1998年大蔵省ノーパンしゃぶしゃぶ事件と株価

ついに福田氏辞任。
政権はリクルート事件さながら、次々と不祥事によってボデーブローが効いてきました。
まったく、いろんな意味で嘆かわしい限りです。

さて、天下の財務省に不祥事が続くと株式市場にもやがて効いてくる可能性がありますね。用心したいものです。
過去にも証券不祥事から大蔵省にも飛び火した事件がありましたので振り返っておきたいと思います。

そもそも前年に大事件がありましたね。
1997年11月24日 山一証券、自主廃業を決定  

そして、だんだん、大蔵省、日銀にも飛び火していきます。

1998年1月26日、東京地検特捜部は大蔵省を家宅捜索
        

1998年2月 銀行のMOF担行員が旧大蔵官僚の接待にノーパンしゃぶしゃぶ店「楼蘭」(東京都新宿の歌舞伎町)を使って    
      いたことがマスメディアに暴露される。

      大蔵省の官僚ら合計7名が逮捕、起訴

      

1998年3月11日  日銀証券課長を逮捕  

1998年3月12 松下日銀総裁が辞意表明  


当時の日経平均株価(チャートはゴールデンチャートより)
f0073848_21262257.png









日本でバカげたノーパンしゃぶしゃぶ事件報道一辺倒だったとき、世界で何が起こっていたか?

アジア通貨危機ですよ。
アジア通貨危機1997年7月タイから始まりました。

アジア経済が大きく揺れたその時に日本は日銀、大蔵省不祥事でガタガタしていたのですよ。
いかに内省的な大騒ぎがバカげたことか、資産運用をする人ほど、気が付くべきですよね129.png

もっとも愚かな大騒ぎが株の買い場を作ると考えればチャンスではありますが。

【追記】
名門企業の破たんの影に何があったのか? ~木村佳子の経済都市伝説 更新しました!

名古屋・大阪講演の資料の解説補助として「木村佳子の経済都市伝説の物価指数編」も併せてごらんくださいね。
木村佳子の経済都市伝説~物価編 ①
木村佳子の経済都市伝説 物価編 ②


by yoshi-aki2006 | 2018-04-18 21:41 | シンキング | Comments(1)  

日本に欠けているオールジャパン精神~他国を利するだけ

メディアでは
財務役人セクハラ事件
安倍叩き

相変わらずやってますねえ😅

役人セクハラ事件で思い出した人がいます。
その人は役人ではなく、有名企業の人でした。
東大卒で頭のいい人でしたが、飲み会では触る、スケベ話全開で、ガラッと人が変わる。

回りの人たちは皆、呆れていました。

そういう人は世の中にいるもんですよ。

今回の事件は政治利用されている点で、ただのセクハラ事件ではないですね。メディアに拡散されることで、最終的には、麻生さんの首を取りに行こうとしている仕掛けかと思います。

日本に欠けているのは同国内の足の引っ張り合いでオールジャパン精神に欠けている点ですね。

それで誰が儲かるの? 

よく考えて欲しいですね😉

さて、

今日は大阪で講演させて頂きます✨

f0073848_12214852.jpeg

がんばります✨



by yoshi-aki2006 | 2018-04-18 11:41 | Comments(0)  

危機管理術~安倍内閣に必要なキーワードは「待ったなしの経済政策を今こそ前に進めます!」です!

名古屋で 講演させて頂きました✨
ありがとうございました✨
さて、
講演会場のお客様も最近のモリカケ問題ばかりの一部の議員の動きにウンザリされていました。
いい加減にして欲しいと。国際問題と国民生活が大事な時なのに何してるのかと。
f0073848_11330442.jpg
写真は日経朝刊です。 
野党、メディアは国際問題や福島、九州、広島、茨城、長野など災害アフターフォローなど国民生活に目を向けて欲しい。内向き問題で国をぶち壊すような行動は国益にはなりません。

そして、モリカケだけでは国民は栄養失調になります😅 

お客様も国にはもっと大事なことがあるとの思いでした。
特に大フアンというわけでなくても、安倍さんを応援して、経済問題などしっかり前に進めてもらいたいと感じておられるようでした。

とにもかくにも、大枚の国税をかけて選挙で選んだ人に全力で働いてもらいたいと思うのは国民として当たり前のことです。

だから安倍さんは経済、国際問題、国民生活に直結する政治に全力投球することが一番の危機管理です。
ダメなら選挙でノーを返されるのだから。


ところで、海外では一連の騒ぎをどう見ているんでしょう?私はトランプ大統領のセクハラ問題を聞いても、やられているなと感じるのが先にきます。セクハラはハラスメント防止で人権の観点から大切なことですが政争に使われるのはいただけません。

今回の財務省・事務次官セクハラ発言問題は1998年の「ノーパンしゃぶしゃぶ事件」と同じで当時の大蔵省解体に結び付いた事件と似ています。当時、大蔵省を解体して誰が一番得したのか?


それを考えてみるといろいろな視点が得られますね。


野党のどなたが海外のトップと渡り合えるというのでしょう?どなたなら外国の大統領からバカにされずに会談できるのでしょうか。

国民としては手持ちのカードで一番いい働きをしてくれそうなエースで難局を乗りきって行くしかなく、それにも限界があることも知っています。

政治が機能していないことほどもったいないことはないですね😆

f0073848_12192672.jpg
18日は大阪に伺いまーす✨
f0073848_12214852.jpeg
もったいないです。

政治が国民生活に機能していないのは困ります。
モリカケ、文書、日報・・・・。国会外で委員会でやればいいのではないですか。
もっとほかに大事なことがありますよ。

f0073848_12223921.jpg

by yoshi-aki2006 | 2018-04-17 12:22 | シンキング | Comments(2)  

激しさ増す安倍おろし~では、いったい誰を担ぐのか? やがて空しき野党共闘

モリカケ問題で次第に追いつめられる安倍晋三氏。

最近の気弱な視線からご自身も三選はむつかしかろう、と覚悟を決めつつあるのでは?

一方、こぶしを振り上げて「安倍退陣」を求めて勢いつく野党の皆様。
この映像をメディアで見るたび、本当にむなしくなります。

では、野党の皆さんは誰を総理に担ごうというのか、と。

国会議員なら、一杯、ほかに仕事があるだろうに。
福島救済だってあるのに、ともかく安倍おろしに終始している感じがします。
拉致被害者問題を進展させるべく、安倍内閣をうまく機能させればいいのに、モリカケ一辺倒。

国民の生活をよくするためにもっと効果的な働き方があるだろうに。
そう思うと、ため息が・・・・。

この人も俄然、活き活きしてきました!
外国人特派員の前で講演する田中真紀子さん
ご自身も「こうなればいいのにな」と期待していたという趣旨の話を率直にされていますね。
すごくわかりやすいですね(;'∀')

ちなみに私は田中真紀子さんは嫌いではありません。

ところで、この動画を見て、英語の学習モチベーションが上がりましたね。
政治家たるもの、自分の発言がどう訳されているか、耳が勝負です。
田中真紀子さんはその意味でお手本になりますね。

こうして一連の動きをみてみると安倍晋三さんたたきの本筋は
やはりあの国が、トランプ・安倍ラインをつぶしたいということなのだな、と感じないではいられません。

そして、このごたごたに株式評論、経済評論の観点で突っ込んでいくには限界があるし、あまりの醜悪さにもはや得るものナシ、という気になっても来ます。

プロパガンダ合戦をここまで露骨にされてしまうのは、
民衆が容易にコントロールできる存在だとなめられている証拠ですね。

資産運用の観点から個々の企業の研究に軸を立て直したほうがよほどすがすがしいな、と思いました。
なので、今後は企業研究のウエイトを増やそうと思います。

安倍晋三氏を総理の座から引きずりおろしたところで問題解決にはならないし、
問題解決能力を野党が持っているわけではなく
ただ、許せんと騒いでいるだけで、
国民の幸せにはつながっていない点ではむなしいだけです。

要は2019年の参議院選挙で自分たちの利を増やそうとの抗争以上のものではないとの印象が強く、
そういう抗争に終始している間にも財政問題はどんどん厳しさを増し、
国民の幸せにはつながらない「政治の暴走状態」になんら変わりはないです。

いつまでやっているんだよ、モリカケ、モリカケと。

最近、たくさん保育所ができつつあるけれど
人手不足倒産も深刻化しています。

モリカケよりそっちの対策を与野党でしっかり対策するほうがよほど大切。

だいたい結構な会社ほど内政問題で紛糾し、衰退の道をたどるものだけれど
今の日本も内政問題ばかりで内輪もめ。

東芝やソニーがたどった道を日本丸もたどるのでは?

ああ、嘆かわしい~。

というわけでここからの株式投資は企業選びのセンスで乗り切りたいですね。






by yoshi-aki2006 | 2018-04-15 02:56 | シンキング | Comments(0)  

物価は値上がりしているのになぜ、消費種物価指数は上がらないのか? 「物価コードを読め」!

木村佳子の経済都市伝説が2話アップされました!
木村佳子の経済都市伝説 物価コードを読め前編
文字をクリックすると動画が見られます。

木村佳子の経済都市伝説 物価コードを読め! 後編
文字をクリックすると動画が見られます。

f0073848_21320120.png
講演会の予定は
●4月16日ナゴヤ今池レオパレス

●4月18日大阪朝日ホール


いずれも
こちらで詳細がご覧になれます(お申し込み先も)
メール、またはFAXによりお申し込みください。


「4月16日名古屋、もしくは4月18日大阪セミナー参加希望」と記載の上、住所・氏名をご記入ください。
seminar@nsj-r.jp
FAX:03-3662-0361
(個人情報については厳重に管理し、説明会の案内のみに使用します)。

お待ちしていますね!



by yoshi-aki2006 | 2018-04-12 21:37 | お知らせ | Comments(0)  

道徳が特別教科になるそうですね

現在、小中学校では、週1時間、「道徳の時間」という枠があるそうですね。
子どもたちはそこで道徳を学んでいるんですね。

その道徳を学ぶ時間が
小学校では2018年度から、
中学校では2019年度から、「特別の教科」になるそうです。

何が変わるのかというと、教科書と評価が導入されるのだそうです。
文部科学省にいろいろ情報が掲載されてありました。

今度、実際に本を買って読んでみたいな。どんなことを勉強するのかしら?

道徳の特別教科化を「戦前のような思想教育につながる懸念がある」という意見もあるようですが、やっぱり、社会生活への常識は備えていたほうがいいと思います。社会性ということを考える機会を作る点で、私は「学校での道徳の教科化」は必要だと思いますね。

というのも、本来は家庭で親などの周囲の大人が子供に社会性を身に着けるよう、教えなければならないところを親自体が、社会性を持たないで自己中心的なケースがあり、結果的にその子供に自己チューの連鎖が起こっているように感じられます。

あまりにも自己中心的な行動が多くなると結局は社会は保たれなくなると思うので、社会生活を維持できる程度には自分以外のことに目を向ける力を各自が身に着けたほうがいいです。その取組の一環で、道徳教育を推進していただきたいと思います。

このところ、ヒヤヒヤする場面、辛い場面を立て続けに見てしまい、社会の課題を感じます。
高齢者の社会ルール無視の姿も見かけますが、
若い人の逸脱も多いですね。

「ま、いいだろ」と信号を無視する、ような「ま、いいだろ」症候群の例。

確かに車の往来がないのに、信号が変わるのを待っている時に「ま、いいんじゃないか」と考えて赤なのに渡ろうとすることは誰にもあることではないかと思います。
が、この「ま、いいだろ」の基準があまりにも危険な時にもスイッチオンになると話は別。
事故る確率が増します。
該当者が事故にあってしまうのは自己責任としても、巻き込まれる人の悲劇があるし、該当者だって刑事罰、民事訴訟になる場合もある。

事故の背景には誰かの自己チューがあるケース、実際のところ、多いのではないですか。

私が見るのも辛いなあ、と感じた直近での道徳観というか社会性の欠如例は
80歳代後半かと思える高齢者が杖を突きながら混雑した電車に乗り込んできたにも関わらず、その高齢者を押しのけてバーッと席に座った女性がいました。

思わずその女性を見てしまいました。化粧顔にマスクをして、殺気立った余裕のない鬼女顔の30歳代後半の勤め人風の人でした。
ばつが悪いのか、具合が悪いのか、すぐ目を閉じてしまいました。

高齢者の前ではドール風の化粧をした若い女性二人がスマホいじりで埋没していました。
目を上げて目の前の人を見ることはないんですね。

辛い光景だなあ、と思いながら2つくらい駅を過ぎた頃、やっと近隣の席が空いたので、杖の高齢者に声をかけて座ってもらいました。

また別の日のことです。
山手線の夜6時半から7時くらいの大混雑はこのところ、特にひどくなり、勇気を出して乗り込まないと乗れない状態が続いています。
しかし、ぐいぐい押すのも気が引けます。
ついにドアが閉まる時になっても乗り切れないので、「ちょっと押しまーす」と声をかけたんですね。
学生風の大きな男性が女性を守るようにドア付近に立ちふさがっていて、10人くらいの人が乗り込めずに立ち往生していたから、その学生風にもうちょっと奥に入ってもらったら、と注意喚起するための声掛けでした。

すると、その学生が抱え込むようにしていた空間で黒いマスクをしたメイド喫茶店員風の若い女性がスマホから目を上げようともせず、「押しすぎだよ」とどすの利いた声で独り言のように言います。

アンパンマン顔の学生はドア前じゃまっけ迷惑無視で護衛兵のように無表情でぼさーっと、スマホいじりのどす声女性の盾になっています。スマホどす声女性は肩にかけた固い皮のカバンで周囲の人を容赦なく押し返し、黒いマニキュアを施したボロボロの爪でスマホをいじり倒し、アンパンマンに声をかけるわけでもなく、顔を上げるわけでもなく自分に集中しています。

アンパンマンは別の駅から乗り込んできた会社員の顔に自分の吊り革を握りしめた腕がかぶってもまったく無表情にぼさーっ護衛兵役に徹しています。
スマホどす声女性は不自然な二重目でお構いなくスマホに集中。

ああ、この女性は恐ろしいやっちゃなあ、と思っていたら、ある駅で、順序良く降りようとしている大勢の乗客の体をよく車掌さんが満員電車のドアを閉める際に押すように突如、アンパンマンに声もかけず、身をひるがえして全力押しして、下車しようとしていたので、さすがに私も切れ、「自分だけのことを考えるんじゃないよ、このアホ女!」と怒鳴ってしまいました。自分が出入り口に陣取って乗り降りする人の邪魔になって押されると「押しすぎだ」と文句をいい、自分は降りるとき、そこまでするかの全力暴力的押しかよ、このバカもん!

するとその女性は中指を立てながら早足に逃げていきました。

どうやったらこんな自己中心的な人間が出来上がるんだろうな、とその後ろ姿を見ながら思いました。体があそこまで貧相に痩せこけているのは親にきちんと世話されてこなかった人なのだろうか。

ここまで感じの悪い若い人を見ると、家庭などで自分の道徳観を確立できなかった人に、社会で生きる上で最低限、配慮すべき事柄について考える時間をどこかで持たせようとする仕組みは必要だと思います。

それが道徳の授業なのか、会社でのインターン経験なのか、なんなのかはわかりませんが。

バスの終点で小さな女の子たちが運転手に「ありがとうございました!」と言って下車する姿やりりしい子供たちの姿もたくさん見るので、世の中、捨てたものではないとは思うけれど。


さて、国会。
日本の周りで国際的な枠組みが大転換するかもしれないこの大事な時にまだ国会では
森友、加計、防衛文書問題で紛糾していますねえ。

国会審議の大事なことの優劣が不思議すぎる。
改憲させじより前にもっと議論が必要なのでは?


日銀政策の今後も大事なことですし。

民度が問われる4月国会。
安倍さんの答弁が心なしか弱気含み。
9月任期延長問題に考えるところ有りなのか?

国政が内政問題一色になる時というのは、国際的に重大なことが進行していることが多いのでよく注意して各方面のニュースを読み込みたいですね。


by yoshi-aki2006 | 2018-04-10 07:38 | 日々雑感 | Comments(0)  

意外な人が自分をライバル視している

自分が自分のことを一番、わかっていないものだ、と言えるのかもしれませんね。
ひょんなことから「○○さんがライバル視している相手ってあなたなんだって」と聞かされて
「えーーーーーっっ」とひっくり返りました。

まったくそんなこと、思ったこともなかった意外な人物でした。

どうしてまた?

もっと大物をライバル視すればいいのに。バカじゃないの?(失礼)と。

しかし、自分が鈍感なだけかもしれません。
相手から見れば私のスタンスがうらやましいのかもしれませんね。
何でうらやましく感じるんだろう?

唯一思い当たるのは、その方はカッコつけが命で私はそれがない点かな。
カッコつけてどうする? と思うから、私は相手の方の問題解決に全力投球する(しているつもりです)(^_-)

が、その方は自分の問題解決がどうしても優先してしまうように見えます。つまりプライドが高い。
また、そのプライドがあるから苦しまれているようにも見えます。

たとえば、招聘された場合、絶対グリーン車でないと行かない、みたいなプライド。
私は、「そりゃ、グリーン車を用意してくれたに越したことはないけど、そうでなくても相手の都合優先」と考えます。だから、失礼な扱いだと怒ったりはしない。

が、プライドさんは「なんだ、呼んでおいてグリーンじゃないなんて!」と怒ったりする。
何様じゃあるまいし、と私は思うので、ハイハイと普通車でもいとわない。
プライドさんはその私の姿勢が自分にはできないことなので腹立たしいというか、うらやましいのではないかと思います。

仕事を発注する側はあんまりうるさいことをいう先生は呼びたくない。
自然と、プライドさんは仕事が減り、私は適度に仕事に恵まれているということはあるかもしれない。
私たち仕事をもらう側は「何様か」と思われたらおしまいなんですよ。そのことにいかに早く気がつくか、が勝負だと思います。

だからと言って聞ける話と聞けない話はありますが、正常な商道徳に基ずいて、誰が聞いても筋の通った仕事の仕方を心掛けることが大事なんだと思います。

用意された弁当が気にくわないとして講演前にメロンを用意させた先生はもはや名前を聞かないし、
担当者がちゃんと電車を間違わないように念を押さなかったと乗り間違えたことに腹を立て、講演当日に現場に行かなかった大物先生の講演も見かけません。

人間だから失敗もあるし判断ミスもあり、私も赤恥青恥をかいて学んできたことだからエラそうなことは言えませんが、「あんた、何様」なことをして、仕事が発展すると思ったらお門違いもいいとこです。
驕れる平家、久しからずや。

あるいはずっと勉強を続けるモチベーションに対してライバル視されているのかもしれない。
私は勉強しないとついていけないと思うので、
恥をかいた分、勉強するしかない、というスタンスです。

それでもまだまだ不十分です。
もっと勉強しなければならないし、ほっとしたり、のほほんとしたり、遊びに行く気持ちにはとてもなれません。

そういうスタンスに対して、
「この人、いつまでも勉強しちゃってさ、あんたが頑張るからこっちまで頑張らなくちゃならないじゃないか」と思われているかもしれない。

私は酒も飲まないし、ゴルフに行ったり、有名人と食事したりも興味がない。

ともかく講演に備えて準備しなければならないし、その頭と体を維持するためにいろいろなことをします。そして、「おかれた場所で咲きなさい」ということで家族の世話、ホームレスだった猫の世話を営々黙々とする。

それ自体がライバルなのだとすれば
生活に対する考え方、寿命に対する考え方そのものに対することなのだろうかと。

翻って、私は誰がライバルなのだろうな?

以前は、あの人みたいになりたいなとかあの人のような立場になりたいなと思ったこともありましたが、
今は、生生流転を基本に「おかれた場所で咲きなさい」と考えて、誰のことも気にならなくなり、
ひたすら自分の課題をともしびにして暗い道をともしび頼りに歩くのみかな~。

そして、苦手感を感じることにはその場所に転勤を命じられたととらえて全力投球するのみです。

いや、でも嬉しいぞ。

私をライバルに思ってくれている人がいるなんてね。
意外な人が自分をライバルに思っているもんだな。

ところであなたのライバルってどなたでしょうね。
そして、あなたをライバル視している人は誰でしょうね。

友達同士でそういうトピックで話してみるのも面白そうですね。


もちろん、本当のことを言う友達と言わない友達はいそうですけど、それもケセラセラ(⌒∇⌒)



by yoshi-aki2006 | 2018-04-08 03:43 | アンテナ | Comments(0)  

美輪明宏さん「愛の賛歌」を観てきました 新国立劇場中ホール2018年4月15日まで

一生に一度は生で美輪明宏さんをみたい、美輪明宏さんの歌を聞きたいと願っていたのですが、この度、叶いました。
f0073848_01275956.jpg
f0073848_01291419.jpg
東京▪新国立劇場でチケット番号の座席を探し当てると・・・・。まさにど真ん中のお席。ということは、舞台に立った美輪明宏さんの真正面から愛の讃歌など渾身の歌の数々を聴くことに。ひゃっほー。
f0073848_01300487.jpg
まさにまさに真正面。高さまで舞台の美輪明宏さんとすーっと同じになれる場所。なぜ、こんなについているのだろう⁉️

さすがに何か意味がある偶然ではないかと考えました。そして、思い当たることとすれば、これだわと思い出したのです。
このかたのお花を見て、そういうことに違いないと思いました。
 
f0073848_01324430.jpg
白のお花なんですね。
なんで白なんだろうな、とお花の前で立ち止まり、名札をみて、「あら、福山雅治さんだ」と気がつき、そして、「なぜ、美輪さんと福山さん?」 と考えて、ああ、そうか、と。

長崎つながりだわ。

因みに長崎と言えば、何か、気持ちが引っ張られる場所です。

先日、また、長崎に行ったのですが、その時、なんだかもやもやっとした不思議な気になっていて、何かしら?と、ずっと気になっていたのです。


ああ、そうか。

私は長崎からたくさんの美輪明宏さんの歌を聴きたがっている人たちの想いと今日、ここにあるのだな、と思いました。だからこんなにどんぴしゃりのお席なんだと。

f0073848_01495754.jpg
長崎のランタン祭り。

旅立ったかたが迷わずにまた、懐かしい場所、懐かしい人たちに会いに来られますように。ランタンを灯して、迎えるのですよね。

懐かしい人とつながるように。

あの世とこの世で。
f0073848_01581083.jpg
この時、初めてランタン祭りを拝見したのですが、この世の人たちが灯す光の下にたくさんの旅立った人たちが集まって懐かしがっているような気がしたものです。

その時のことを思い出しながら美輪明宏さんの心に沁みる歌を聴きました。

昼間なのに満席。
f0073848_02042786.jpg
どこまでもお花の廊下が続きます。

開演前、支度される前の美輪明宏さんは一つ一つのお花の前に佇み、感謝の気持ちを込めているように、愛しそうに眺めていらっしゃいました。
きっとお花からたくさんのエネルギーを得て舞台に上がられるのでしょう。感謝する気持ち、愛する気持ち、人を喜ばせようとする気持ち。そんな想いが美輪明宏さんのオーラとして輝くのでしょう。とても神々しいお姿でした。
 
日々の中で自分を高めてくれる何か輝くものから刺激を得たいと思う私にとって、この日は格別の時間になりました。

ありがとう美輪明宏さん。
そして、なぜかとても懐かしい場所、長崎の地に感謝です。

by yoshi-aki2006 | 2018-04-07 02:15 | 感謝 | Comments(0)  

インターネットTVにゲストで呼んでいただきました!

f0073848_02004421.png
マダム路子さんと片岡五郎さんの番組「グラサン」#12と#13にゲストで呼んでいただきました。
f0073848_01461987.png
視聴はグラサン#12 こちらをクリックしてくださいね。
続きはグラサン#13 続きもご覧くださいね!


マダム路子さん、おきれいでした~!
頑張りまーす!!

トランプ政権の全貌が次第に鮮明になるにつけ、株価は上がったり下がったりですね。
ま、下げても好きな株で難関を突破したいですね。



by yoshi-aki2006 | 2018-04-05 02:07 | 感謝 | Comments(0)  

月刊 木村佳子が更新されました

f0073848_21111009.png
月刊 木村佳子が更新されました。
ここをクリックすると観られます


安倍おろしはTPPがらみ?
TPPは農政マネーがらみなのではないでしょうか。

講演では印刷した資料と関連銘柄のヒントをご紹介したいと思います。

●4月16日名古屋 今池レオパレス
f0073848_06241075.png
●4月18日 大阪朝日ホール

f0073848_06371929.png
入場無料
主催の日本証券新聞リサーチにメールかFAXでお申込みいただければ、ご案内のお葉書が届きます。
「4月16日名古屋」「4月18日大阪セミナー参加希望」と記載の上、住所・氏名をご記入ください。

seminar@nsj-r.jp
FAX:03-3662-0361
個人情報については厳重に管理し、説明会の案内のみに使用します。



by yoshi-aki2006 | 2018-04-02 06:44 | お知らせ | Comments(0)