<   2018年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

カートひっかかる視覚障害者誘導用ブロック、もっと双方にとっていいものはないか?

いま、視覚障害者誘導用ブロックの敷設がかなり進んでいます。
駅はもちろん、駅から四方八方に伸びる通路、道路など。
f0073848_08490004.jpg
f0073848_08500200.jpg
数か月に一度くらいの頻度でこのブロックの誘導で白い杖を使って歩いていらっしゃる視覚障害者のお姿を拝見するので、大切なものなのだと思います。

しかし、一方でインバウンド、高齢者の杖、車いす、ビジネスマン、乳母車など、杖や車輪付きのカートを引いて歩く人が増えている今、このブロックにカートの車輪等が引っかかって、持ち手のダメージにも見過ごせないものがあると感じます。

私も週3回はカートを引いて出張という生活を送っているので、カートの車輪が何度もブロックに引っかかり、その都度、頭がい骨に振動が伝わり、「ダメージ受けているなあ」と感じます。車輪も傷むし。ブロックにひっかかった車輪を無理にひっぱってカートが跳ね返っているような場面も見かけます。危ないなあ・・・・と思います。

視覚障害者にもカートを引く人にもブロックが最善なのだろうかという意識で今一度、ブロックの存在を見直してみてはどうなかと思います。

ブロックが最善なのだろうか?
もっといい方法があるのではないのか?そもそも、この工事は誰が旗振り役をしたのか?
道路関係者なのか?
建設会社なのか?
あるいは視覚障害者の切実なニーズからなのか?

ごつごつしたブロックはカートだけでなく、女性のヒールにも厳しいです。足裏にごつごつが当たって痛いんですよ。けつまずくし。

本当にブロックが最善なのか?
考えさせられます。駅のホームなどでは黄色い線まで下がってください、などとアナウンスされて危険を除去する一助となっていると感じますが、その他の道ではもっと視覚障害者、カート、車いす、乳母車にいい方法があると思います。たとえば、


技術が発展し、敷設ではなく無線タグのような誘導方法が普及して、杖と連動して誘導するなど、視覚障害者もカートを引く人も不自由なく道を歩けるようになるといいな、と考えます。

それと奈良の不思議。

f0073848_09004939.jpg
ブロックが敷設されている道の両脇は小石。
風情がいいとか、水はけがいいというような理由でこの小石のような歩道材が選択されたのでしょうか。

カートを引いて奈良に入る観光客が多いのにこの道はガラガラ音がしてうるさいし、前後を歩いている人にも騒音が申し訳ない。それに、中にパソコンなどを詰めているキャリーカートは小石と車輪の振動が
恐ろしくてとてもひいては歩けないです。

どうしてこういう歩道材を導入するかな? 奈良はインバウンドの観光客が多いところなのに・・・・・と不思議な気持ちでカートを抱えてフーフー言いながら駅まで歩きました。

駅前はスーッとした床でストレスがないんですけどね~
f0073848_09074061.jpg
こういう歩道材はお高いのでしょうけれど・・・・。



さて、12月19日西新宿で19時からセミナーを開催します。
お時間がありましたら是非、ご来場くださいね。

f0073848_09113701.png
こちらがお申込みサイトです





by yoshi-aki2006 | 2018-11-29 09:25 | シンキング | Comments(0)  

超景気いい日本を実感中

昨日、岩国に行き、今日、岩国で講演し、羽田に帰ってきて、自宅に一泊し、また、明日、岩国に行くという「一体私は何をしているのか?」と思うようなスケジュールになってしまってますが、
それだけ交通のアクセスが良くなっており、東京から埼玉や千葉に行くような時間で山口県や福岡に飛べるという証左でもありますね。

アクセス良好!

そして、そうした機会に景気を肌実感するという社会勉強もさせていただいている感じです。
まず、「わあ、日本の景気はよいのだなあ!」と思うのが飛行機の乗客のありさまです。

どこにもたくさんのビジネススーツを着た人たちの姿をまとまって見かけることができ、
満席便も多いんですよ。

特に松山から東京羽田に帰るビジネスマンの姿が多いですねえ。
四国、いま、何かビック案件があるのかもしれません。

それと外国人の姿が相変わらず多いですよ。
中国人も見かけますが欧米人の姿も多いです。

いま、このブログをかいている徳山にも欧米人の観光客の姿が。

そして、日本人の観光客も。
若い女の子のコンサート鑑賞。
シニア女性同士、ご夫婦、若い家族の姿。

国内外の人問わず、お土産の袋も持っておられるので買い物もしているわけです。
店の中には人の姿。

景気いいんですよ。

交通機関のアクセス改善に伴い、駅がとても大きくきれいになっています。
岩国の駅も徳山の駅もものすごくきれいになっている!

これは何を意味しているのか?
私は現国会で審議している改正法案との関連を感じています。
講演会やゆうちゅうぶの無料動画、「木村佳子の経済都市伝説」などでお話していきますね。

ところで株価が荒れてきていますが、この注意点も講演でお話ししていくようにしていきますね。
ぼつぼつ年末・来年意識のスケジュール感で!

時々はピンポイントで東京にも戻れていますので収録時間は作れています。
f0073848_00473760.jpg
どんどん、動画と講演進めていきます。
更新したばかりの動画をアップしました!

最新動画一覧

東京講演は12月19日西新宿「ごきげん出版セミナールーム」で行います。19時からです!
参加サイトができ次第、ご案内しますね。
3000円参加費がかかりますが、数少ない東京講演の貴重な機会なので、どっさり材料ご用意してまいりますね!

さて、福山。
f0073848_00460608.jpg
広島。
f0073848_00445941.jpg
チョコアイスでエネルギー調達!
f0073848_00453284.jpg
今治の国際ホテル。超豪華でした~。
f0073848_00464041.jpg
講演は続くよ、どこまでも・・・・。
f0073848_00470204.jpg
頑張りまーす!

いずれにしても、11月は現金を作る月。
抜かりなく!


by yoshi-aki2006 | 2018-11-14 08:31 | アンテナ | Comments(1)  

アメリカ中間選挙 NHKのトランプ報道の不思議

いよいよ結果がでますね。

世界がかたずを飲んで結果
見守るアメリカ中間選挙。
f0073848_07502039.png

2020年に宇宙に地歩を築こうと宇宙開発に余念がない中国の動きが国防問題になるという危機感のもと全米を遊説しているアメリカ・トランプ大統領。

日米同盟という観点からは日本はこの動きを理解しておく必要があります。
中国のデジタル制覇の歩みには商業観点以外のタスクが感じられます。

そうなると中国のデジタル共産主義の勢力は日本の国防にとって問題が多いです。

中国に対して過度に反感を持つ必要はありませんが、これまでの振る舞いには国防上の疑念をわすれず、是々否々で 適温外交を続けるべき、というのが私が理想とする日本の姿勢です。
安倍政権ではその路線を踏襲し、トランプ大統領ともコンセンサスが整っていると感じられます。

ところがどうもNHK報道は
トランプ政権脅威論なんですね。どうしてでしょうか? 
トランプ政権に嫌悪感があるかのようなスタンスで大統領選挙の時から報道しているのが視聴者としてとても不思議です。

国防の観点からNHKはあまりにも不思議なスタンスで報道している。

オバマ元大統領も見苦しいなあ。

二度と政治にかかわらない、といいながら、なぜ、ワシントンに住み続け、政治にどっぷり首を突っこみ、反トランプを狼煙を上げ続けるのか?

異母弟が深せんに住み、中国女性と結婚しているからと言って、オバマ氏が親中派と決めつけられないとは思いますが、オバマの政治が中国の尖閣周辺を基地化しようとの動きを許し、スパイ半導体の混入が疑われる監視カメラ事件が米軍で問題になったりしたのに、どういうことなんだろう?

尖閣周辺に中国がしている行動の説明をきちんと日本にしたこともない。
いったい、彼は何者なんだろう?

いぶかしく思います。

NHKの報道は本当に不思議であり、オバマ元大統領も変。

なにはともかく今日にも米中間選挙の結果がわかります。
ゆうちゅうぶで株式市場に関する動画を公開していますので、ぜひ、ご覧くださいね。
f0073848_07530088.jpg
毎月1日正午は「月刊木村佳子」
月4回、水曜日は「木村佳子の経済都市伝説」更新中です。

木村佳子の動画一覧です

講演は
企業IRと木村佳子の経済株式講演の予定

投資の日 FP経済セミナーの今後の予定

by yoshi-aki2006 | 2018-11-07 07:53 | アンテナ | Comments(0)  

米中間選挙いよいよ~トランプはオバマに絶対譲れない

いよいよアメリカでは中間選挙ですね。

下馬評があてにならないのはトランプVSヒラリーの大統領選挙やイギリスEU離脱で経験しているので下手な予想は無用と思いますが、
オバマ時代に変になったアメリカを元に戻そうとしているトランプ氏の闘い。

貿易で富を蓄積し、どんどん中華帝国思想を世界に伝播させている中国。
富を盗んで帝国化を推し進めていくのは許さない、と闘うトランプ政権。

どちらがいいかは一概には決めつけられないことです。


ただ、主観では人相上、トランプ大統領の方が明るく、オバマ氏は昏い印象です。
明るい方に歩け、という点でいえばトランプさんのほうがよさそうに思います。

オバマ時代はクリントン時代にもまして中国寄りだったことを思うと、トランプ氏の施策のほうが自国愛という点でまともではないかとも思います。

加えてオバマ氏の異母兄弟が北京とべったりなのが気になります。
オバマ元大統領の異母兄弟が中国で活動
オバマ氏の異母弟、深圳で中国女性と結婚していた

中国にすれば追いつけ追い越せとターゲットにしている対象国の兄弟が自国にいることを最大限生かそうとするはず。
諜報活動もしていたろうなあ。
オバマ大統領時代のアメリカ。
オバマさんは一体、アメリカをどんな国にしたかったのでしょうか。。

トランプ大統領がオバマ大統領の施策を全部オセロゲームのようにひっくり返したがっている背景はじっくり研究してみる価値があると思います。

我が国にとっても米中間選挙でトランプ氏が勝つかどうかは国防や経済の観点からとても重要です。

中間選挙と伴走するかのように、気になるのが沖縄と韓国の動きです。
現在の韓国は北朝鮮寄り、さらにいえば中国寄りの国であることが次第に鮮明化してきました。

そして、沖縄問題がそこに微妙に絡んできているのですよね。

沖縄が米軍基地はいらない、それを押し付ける日本から離脱したい、と提訴したら、日本はどうするのか?

アメリカはどう出るだろうか?

その時、中国はどうするだろうか?

憲法改正問題や外国人就労にかんする法案の背景とリンクするテーマだけに沈思黙考したいですね。

アメリカが「ああ、そうかい。ならば沖縄からも朝鮮半島からも米軍は出ていくよ」というわけはないという思い込みは正しいのか?

「あり得ない」「まさか」という前提抜きに考えてみたいと思います。
あり得ないとするなら、どういう戦略が取られるのだろうかも含め。

語られていないこと、行間を読むことが大切ですよね。


さて、11月5日は四谷で講演します。
ホテルウィングインターナショナルプレミアム東京四谷 14:00~15:40分

FP経済セミナーの予定
頑張ります!

f0073848_00552869.png
f0073848_00555906.png
どんな日本になっていくのが一番、国民としていいのだろうか?
資産運用の面だけでなしによく考えたいですね。












by yoshi-aki2006 | 2018-11-05 01:07 | アンテナ | Comments(2)