<   2019年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 

消費増税直前対策、生活者のためのまとめ

さて、いよいよ消費増税の日が迫ってきました!
買いだめしておくとお得な商品はなんなのか?

気になっている点を整理しておきましょう。

まず、増税前とかわらない軽減税率商品は
日常生活に必要なお酒以外の飲食品です。

なので家でのご飯まわり周辺商品は増税前とかわらないので焦る必要なし。

軽減税率対象外のお酒が好きな人は買いだめておくといいと思います。
お酒関係の参考記事はこちら
お酒関係の記事

ここで多くの人が気になっているのはキャッシュレス決済ならば、ポイント還元の話でしょう。

キャッシュレスで決済すれば2~5%ポイント還元され、8%軽減税率の食品を購入してもキャッシュレス決済ならポイントがたまるのでお得になるということですが、

注意したいのはどの店でも一律にそうなるわけではないという点です。

ポイント還元できるのは経済産業省に登録された資本金5000万円以下か従業員50名以下、課税所得が規定の金額以下の店舗になります。

その店をどうやって見つけるのかは地図アプリで探してくれということなのですが、めんどくさいですね。

また、ポイント還元は来年の6月末までの措置で、キャッシュレス決済推進のための導線であり、その後、待ち構えているのは新札発行によるタンス預金のあぶり出しです。キャッシュレス化は個人データの蓄積に使われる可能性があるので、そうした背景への理解も必要だと思います。


それと外食はすべからく10%対象です。
コンビニイートインでの飲食も外食とみなされます。
ハンバーガーも店内で食べるのは外食。持ち帰りなら8%です。

したがって軽減税率対象の飲食品を購入後、家か会社か、公園などのベンチなどで食べるなどが節税になりそうですね。

コンビニのイートインで食べるつもりだったが、満席で食べられなかったときはレジで持ち帰り8%にしてもら上ことになりますかね。めんどくさー(´;ω;`)

吉野家は4つのキャッシュレス決済でポイント還元。
すきやは「いちいち悩ましいのはいや」ということなのか全部8%。店内で食べても持って帰っても8%。2%は被るよ、ということのようです。

さて、
大きな買い物として自動車がありますが
自動車に関しては
自動車本体だけでなくオプションとなるパーツや登録手数料などにも課せられます。

契約が増税前でも登録が増税後になる可能性も考えておく必要があります。
自動車購入の際、消費税の課税が決まるのは、自動車を陸運局で登録する時になります。
納車日と登録日が同じことが多い一方、一週間以上の開きがある場合もあるので注意が必要です。自動車納車日と登録日に関する参考記事

特に増税前の2019年9月は、購入を急ぐ人が増えて登録が間に合わないケースもあり得ます。
自動車価格はディーラー側で駆け込み特需を見越して値下げを行わない可能性もあるかもしれません。
自動車を買う場合、自動車を買う時の流れのリンク先記事を参考に保険の手続きや下取りの交渉など、余裕をもってコトを進めたいですね。と言ってももうあまり時間がありませんが(;'∀')

自動車と消費税に関しては10月1日から従来の自動車取得税が撤廃される代わり、環境割税が新設されます。そしてこの税金は2020年9月末まで1%軽減されるということになっています。
いろいろ複雑ですが環境割に関する税率についての総務省告知 を参考にしてくださいね。

大雑把にまとめると
取得税が撤廃される、環境割が一年間低減されるといっても結局は消費増税分の負担になるというのが結論です。
廃止される自動車取得税と新設される環境割などのまとめサイト

家電に関しては増税前購入が基本、おすすめですが新機種が投入されると旧モデルは安くなるため、
●どうしても必要という場合は増税前購入する、
●新旧モデルの入れ替え期狙いで増税後でも安く買えるチャンスはある

点を踏まえて、無理に買い替えるのは慎重に。

パソコンなどはマイクロソフトのサービス修了などのサイクルを押さえつつ、家電同様に対応したいですね。

家やリフォームに関してはもはや直前なのですが、次の機会に消費税関係についてのまとめを執筆したいと思います。

では、木村佳子チャンネルでも取り上げていますね。
チャンネル登録、よろしくお願いします!
木村佳子チャンネル










by yoshi-aki2006 | 2019-09-23 18:23 | マネー | Comments(0)  

イスラエル的生き方戦略

動画更新は熱心に続けているのですが、ブログ更新は久しぶりです!
最新号はこちら。


さて、昨日は勉強会でした。
テーマは「日本 アメリカ イスラエル」
イスラエルで駐在経験をもつ方からイスラエル観を伺いました。

なるほどなあ、と参考になることが多かったです。例えばアメリカはトップ志向。日本は調整型(アメリカの意向に従う)。イスラエルは生存だというんですね。
イスラエルは生き延びることに特化した戦略。

そのための戦略だからアメリカとも仲よくするし、上手に利用する。ネットワークがすごくてお互いに助け合う。

なるほどなるほど。もっと勉強しようっと、と思いました。

生き延びるための戦略を考えられるということは、自分が過酷な状態に置かれているという自覚があってこそ、ですよね。

私は自分の人生はそれなりに過酷なものだったと思いますが、
でも、ちょっとあっけらかん=抜けているところがあったから、あまり深刻にならずに生きて、結果、何とかなってきました。
しかし、生き延びるための戦略を胸に秘めていたかとかというともう少し、イスラエル的であってもよかったなと思います。

必死であれば私の座っている椅子を奪おうと妬ましがり屋の人たちにいろんなことをされたときにもっと賢く立ち回れたろうなと思います。

最も嫉妬されて、いろいろ仕掛けてこられたのはラジオ局でキャスターをしていた時のことです。
「どこに営業に行ってもお前の話が出て、妬ましいよ」と吐き捨てていた男の営業マンの人がいました。
腹立たしかったんでしょうね。
自分は名もなき営業。が、こいつは何だと。

その人は今、自分王国を築くのに成功して自称 経済評論家としてキャスター業をされています。彼がまず仕掛けてきたのは私が見つけてきて長らくスポンサーをしてくれていた会社に接近し、自分のスポンサーにしてしまうことでした。

マジックをかけるのが上手かったですね。スポンサーを次第に洗脳していきました。
この時、洗脳をする側って怖いなあ、すごいなあと思いました。
人間は押しどころさえ外さなければ、簡単に相手の言うことを信じ込まされてしまう。
その実例を目撃できたことは、とても勉強になりました。

当時は、ははーん、やってるやってる、とわかっていましたが、その男のそのあまりにあさましいありようにあえて見て見ぬふりをしていました。もっとも奪いやすいフリーのしかも女性の仕事を横取りしようとするような狭い了見のポマード男を「なんともまあ・・・」とあきれて見ていました。

しかし、イスラエルだったらどう行動したかな、と思います。

この人は女性が本を書いたり、出世することにものすごく嫉妬し、私以外にも本を出版した女性キャスターは徹底的にいびられて番組から降りざるを得なくなったり、ということがありました。
(ちなみにその女性は今、バリバリ出世されています)。
また、当時、一世を風靡していた女性の起業家に紹介してくれとせっついてきたので紹介するとたちまち番組を作ってちやほやした挙句、その女性のスポンサーをぱーっと奪ってはしごを外してしまったりしていました。その女性も私に後日、「やられた」とあきれていましたが、女性に対する激しい憎しみ、嫉妬は実に病的でしたねえ。

今は軽井沢でタクシーに乗ったら運転手から「いつも見ています」と言われたことを自慢しているようだから、女性への嫉妬は収まったんですかしら?

このように女性は水商売のお姉さん的な人かお母さんみたいな人しか認めない男は世の中にいるものです。

女性で仕事をする人は必ず、こうした女性の成功がその男の自己肯定感の障害に感じられることによる嫉妬に人生のどこかで遭遇し、足を引っ張られます。

そんな時、イスラエル的に行くのも賢いかもしれない。

私が振り返ってあの人は賢かったな、イスラエル的だったなと思い出すのは日本テクニカル〇ナリスト協会で事務局に入り込んでいた男が給料を当初の約束10万円から自己裁量で50万円も得ていたことなどから、是正させようとする側と抵抗組で大もめにもめた時、理事をさっと辞めて、対立が収まった時に復帰した人です。

彼は「これは大変な大問題、大対立になる」とパッとわかって、生存を念頭に理事をパッと辞めました。
これは本当に賢明な判断だったと今でも感心します。相場もきっとお上手なんだと思います。


私は当時理事でしたが「こんな対立に巻き込まれて自分の貴重な人生時間を消耗したくない」と感じながら、この問題から逃げるのは無責任だなと理事としての正義感を出した結果、本当に報われない不毛な対立構造にまきこまれて大学院の修士論文も書かなければならない中、大消耗しました。

発端は給料問題でしたが、根底には大手N証券出身者と高卒たたき上げとの対立、憎しみ合い、俺様こそテクニカルの達人との自己肯定感におけるおっさん同士の対立があり、そこに昔、バブル華やかなりしころ、ホステスさんの取り合いで感情のもつれがある男のくだらない感情も乱れこんで、
いわずもがな・・・・・。

結果は抵抗していた人たちによるプロパガンダで、テクニカルの研究のために20年間活動してきた協会とは関係性が薄まってしまいました。

この給料お手盛り男は下手をすると業務横領罪で逮捕される可能性もあったので必死だったろうと思います。周囲の人にいかに告発者側が悪い奴らかと洗脳し、やはりマジックのように人を自分の味方にするのに成功していました。

一方、告発者側は退職金も企業年金もたっぷりもらい、大金持ちの大手証券出身者で、お坊ちゃんおじいちゃんです。向こうは高卒たたき上げで倒産した証券会社から協会に入り込んで高額給料を得るまでに工作して成功したつわものです。

逮捕されるかもしれない人間の必死さとおっとり刀ではハナから勝負は見えていた、ということが逃げ組の人には見えていた点で、さすがだなと思います。

それが見抜けなかったのは私が間抜けだったと思います。若さゆえですかねえ。今ではその時の人の有様から、戦争の勝者が書いた歴史はうかつに信じてはだめだ、という智を得ました。
勉強になったですねえ。

もし、理事職を辞してもめごとが収まってから、心のわだかまりなく理事に復帰できたかというと、それも忸怩たるものを感じたかもしれない、という意味では後悔はしていません。

が、テクニカルの研究がしたくてあこがれの大先輩がいる協会だと思って入ったのに、問題だらけでまったく、「富士山」だったなあ・・・・。

遠目で観ている分にはいいけれど、という意味です106.png

アメリカ的なトップ争いに巻き込まれない、イスラエル式で行くのだという戦略があれば、逃げるのは「ずるい」などと思わず、さっと理事を辞めた人のように行動できたろうに、と思います。その人は今も私にテクニカルやファイナンスの研究にとても実践的な示唆を与えてくださいます。その生き方、とてもおつなものだな、と今ならよくわかります。

当時は、「えーっ、辞めちゃうの?」とちょっと困っていたのですが、私も「済みませーん、辞めます」とやめておけば巻き込まれなかったのに、正義感だして消耗したことを考えると見習うべきでしたね。

後の祭りでーす(⌒▽⌒)アハハ~!

何かこうしたことで悩まれることがあれば、イスラエル的に行く、という方法論も検討してみてください。

生存と「何もないから脳みそをはたらかせるしかなかった」という戦略、そしてネットワーク構築。使えるネットワークを構築するのはそれこそ、信用と信頼関係が必要です。参考にしたいですね。


というわけで、イスラエル的生き方。
私ももっと研究してみたいと思っています♪

さてさて、
https://www.sunward-t.co.jp/seminar/2019/09/25_2/index.html
9月25日は東京で講演します。
ぜひ、お越しくださいね。


by yoshi-aki2006 | 2019-09-21 00:34 | シンキング | Comments(0)  

冬じゃないのにインフルエンザ

今年の春にひどいインフルエンザにかかり、モーレツな熱に苦しんだばかり。
めったに風邪なんか引かないのに、今年春は罹患して2か月は使い物になりませんでした。

ようやくその記憶を忘れたところにまた咳、声、のどです。
熱は収まりましたがなかなか咳、痰が収まりません。もう二週間以上ですよねえ。長いなあ~。

私だけかなと観察していると、似た症状の人がそこここにいるので流行っているんですね。

ニュースを見ると沖縄ではインフルエンザの拡大で学級閉鎖になっているところも出てきているそうです。
夏なのにインフルエンザ!

豚コレラが海外で広がり、わが国にも例がみられるようにウイルス性の伝播って怖いですね。
海外旅行客や輸出入の増加などで国外で流行したものは日本にも上陸してくるので用心したいです。

さて、いよいよ消費増税。
キャッシュレス決済でのポイント還元も時限措置なので来春には切れます。

即位の礼やオリンピックという華々しい行事の陰には「不況に陥るリスク」が隠れているので、用心したいものですね。

黙々と動画更新を続けておりますので、よかったらお時間の許す限り、ご覧くださいね。
動画撮影中、くしゃみが出た場合は取り直しております!104.png
9月9日月曜日







9月10日火曜日




9月11日水曜日


経済都市伝説 「後半」も更新しました!



9月12日木曜日




by yoshi-aki2006 | 2019-09-13 05:28 | アンテナ | Comments(0)  

経済シュミレーションを楽しむ


香港ドルの売り崩し、が起こる可能性を検討しています。

中国の外貨準備は307兆円。
香港が持つ現金は48兆円。

香港のデモが続き、香港経済が悪くなればドルペック制の香港ドルは買われすぎとして売り崩される可能性があるのではないでしょうか。実際、ヘッジファンドが動いているらしいですね。

ちなみに香港ドルを香港と中国が買い支えれば中国の外貨準備は減ります。

さんざん香港ドルを買い支えた挙句、香港独立となった場合、中国はどうなるのでしょうか。
外貨準備を減らしたうえに海洋に面した一部を失うとなると、かなりのインパクトが生じるでしょう。

台湾総統選挙が2020年1月。
ボリス・ジョンソンイギリス首相がブレグジット強制離脱を下院決議で阻止されましたが、こうしたイギリスのドタバタ劇が意味しているものはなんなのか、考えているところです。

香港はイギリス領だっただけに
何か関連性があるのか知りたいですね。




by yoshi-aki2006 | 2019-09-07 02:45 | マネー | Comments(0)  

親になり切れないクズ親を子供が育てる

痛ましい子供の事件が多く、報道されるたび腹立たしいやら情けないやら。
最近の事件では鹿児島県出水の4歳女児死亡例です。

犯人の顔を見て、「なんだ、この男そのものがまだ子供子供している」と思いました。
21歳の身で全身に墨を入れるまでどんな人生を送ってきたのかわかりませんが、男前なのに弱弱しくもとても邪悪な目をしている。
なんか嫌なモノをたくさん見てきた目だなあ、と思いました。

イイ男だから女性にもてるんでしょう。
が、心が幼いから弱い立場の子供をぬいぐるみのように気持ち任せに殴ったりする。
そして、挙句は死なせてしまう。
こういう男に多額の税金、公費が投入されて裁判だの警察だの刑務所だのが使われるのだから、ちゃんと更生して人として成長して世の中に復帰してもらいたいですね。そして、借りを作った公費に報いていただきたい。

母親も問題ありです。子供は腹を痛めて産んだかけがえのない宝物なのに、男からかばってやらなかった薄情者です。
自己利益が最優先され、男の機嫌を損ねたくない、ムードが悪くなりたくない、自分が痛い目に合うより子供が盾になってくれればいい・・・・と考えたなら、残念ですね。

しかし、出水犯人といい、先般の京都放火男にせよ、せっかく立派な体、しかも男前に生まれたのにすごく邪悪な目を持つ人の皮をかぶった別物になってしまった。いったい彼らをそうした環境はどんなものだったのか。
双方とも心が整えばどんなに頼もしい人になったかと思うと、残念でなりません。

ところで、日常生活でもクズみたいな親をたくさん見かけます。
小さな子供に対してひどい態度で接する親。
思い通りにならないと癇癪を爆発させる親。

3人の子供を育てているお母さんや子供や親と接する機会の多い人と話をすると
「びっくりな困った親はいっぱいいますよ~」
といいます。

育児放棄と逆の過干渉な親もいて、
思い通りのレスポンスが返って来ないだけで、
大騒ぎしてしまう親も少なくないそうです。

そうした親に、「あなたはどんな親になるの?」と試練を与えてくれているのは子供です。
子供は取り乱す親、ネグレクトする親、叩く親、言葉の暴力をふるう親を全身で受け止め続けます。

無垢で何も知らない状態で生まれてきた子供は親になった人の本質をあぶりだしていく。

親は仏のような自分にもなれるし、悪魔にもなりえる。

無垢なモノから「あなたはどんな親になるの?」と問われて自分の中にある邪悪なモノ、善きもの、楽しいもの、苦しいものの存在を親は知る機会を与えられるわけです。
親はその都度、どれを自分の道とするか選択の自由を与えられる。

そういう意味では子供が親を導いていくのですね。
子供がいない人はほかのモノから同じように「あなたは人としてどんな人になるの?」という選択を迫られ続ける。

それを自覚して日々を生きていくことが「人としての旅」なのだと思います。
この長い旅の向こうにはどんな景色が待ち受けるのだろう。

それを楽しみに今日も頑張りましょう!
なーんてね110.png

今日は「気になる銘柄」とは別のカテゴリー「木村佳子の経済都市伝説」をお楽しみくださいね♪







by yoshi-aki2006 | 2019-09-05 09:38 | シンキング | Comments(3)  

コトの前にクズる癖、グズらない癖



毎日の収録、頑張ってます! 観ていただきましたか?
ところでのど風邪・・・。
ガラガラ声からは復活しましたが痰、咳、鼻水がまだ続いています。

深く息をするとガラガラ~と肺というか気管というかから恐ろし音が聞こえます。
今年は春にもひどい状態になりましたが、秋にもこのありさまで、困ったこと・・・・。


さて、今日は表題のグズる癖、グズらない癖についてです。
何か大きなイベントを控えたりしている時、「はい、わかりました」とすっくと受けて立つ人がいれば、一方でどうせやるのにグズグズいってしまう人もいます。

私はどっちかなあ?

グズっても事態は変わらないので「やると決めた以上やる!」派かなあ。

「えーっ、それはえーっ、私、できない・・・・」とすべて段取りが決まってから言い出すような人がいますけど、周りの人は困りますよね。

たぶん、グズってしまう癖がある人は周囲に「そうかそうか」と事態の収拾に動いてくれる人に恵まれていたケースが多いのではないでしょうか。

グズってしまうと、周囲の人が過剰に気にしてくれ、手を差し伸べてくれた成功体験が多くあり、他者の力を借りるためにグズる方法論が身についたのかもしれない。


ただし、悪い人たちが強引にコトを進めてしまうようなときにグズることによって身を守れることもあるのでケースバイケースですね。

それと時間が値打ちを決めるようなケース。
すぐしたら価値があるけれど、どんずまってからやるとやらないほうがマシになるようなことは
早めにした方がいいですね。

例えば結婚式の出席の返事などです。

来るのか来ないのか、はっきりしないと主催者に多大な迷惑が掛かります。
では投資の世界ではどうか?


証券会社の人に聞いた話ですが
即断即決のお客さんはバブル崩壊の時、多くが飛んだ、とのことです。
グズグズ、態度がはっきりしない人に生き延びた人が多かったとのこと。

戦争などの時の生死もそうかもしれないなあ。
確かに「よし、私が事態を解決する!」と動いた人の多くは木っ端になることがビジネスの世界でも見受けられますよね。
グズクズ、はっきりしないでいた人の方が無傷で長残りしたケースが多い気がします。

アホで実力もないのに、ブレーキが壊れていて、アクセルだけ強い場合、せっかくの獅子奮迅も無駄に終わったり人に利用されて終わったりしますよね。

102.png102.png102.png102.png102.png102.png思い当たるところがある・・・・。

後で気がつく何とやら・・・・124.png124.png124.png124.png124.png124.png

自戒しなければとは思いますが、いまさら感も強いです110.png110.png110.png110.png110.png

さて、9月25日
東京金融取引所内 プラザにて14:00-16:00
セミナー開催いたします。

お気軽にご参加くださいね!
詳細です
f0073848_19085220.png



by yoshi-aki2006 | 2019-09-04 19:13 | 人間考察 | Comments(0)