<   2019年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

小保方晴子さんの「あの日」をオーディオブックで読んでみた

PC やスマホの画面見すぎで目が厳しい❗
Amazonで何か面白そうなコンテンツはないかなあ、と探していたとき、たまたま見つかったのが小保方晴子さんのオーディオブック「あの日」だった。
小保方晴子さんといえば、STAP細胞で
一躍、時の人となり、その後のバッシングで大変な目にあったことは記憶に新しい。たまたま、私は自分が制作しているyoutube 木村佳子チャンネルで「相場を動かす大誤報」で小保方さんに対するの報道のありかたについて触れる部分があった。加えて、多面的に物事は
見なければならないというポリシーのもと、聴いてみることにした。

感想の前に、オーディオブックで本を聴くスタイルはとても気にいった! 目に負担がかからないし、ながら作業でコンテンツを楽しめる。
これだったら、何冊でも大丈夫だ!

さて、小保方さんの「あの日」だ。
まず、「あ、この人は頭のいい人だな」と感じた。もちろん、文章の推敲にはプロの編集者が関わり、冗長な部分はカットされているのだろうが、話は「なるほど、そういうことだったのか」ときちんと分かりやすく伝わって来た。
分かりにくく伝える人は山ほどいるが、そういうのはその人も気がついていないバイヤスがあったり、本人が理解しきれてないまま、話していることが多い。
しかし、小保方本には、それがなかった。

彼女はなぜ、あんな騒動に巻き込まれたのか?
そして、私ならどうしたか?
一番、いい方法は
なんだったのか?

まず、感じたのは
若山先生の野望だ。そして野望を持つ人ならではの行動様式として、事件全容を今一度俯瞰したら、なるほど、と腑に落ちることが山ほどある。

次に理研に渦巻く様々な利権だ。
言い方を変えるとips 細胞研究開発にかけられる大きな官民予算と新たな系列のstap細胞研究開発を金に変えていこうとする国内外の思惑がぶつかり合っていた、と推察できる点だ。

そんな中、小保方さんはポーンと本人もどれだけの発見をしたか、その相対的価値を想像だにしないまま、会見に臨んでしまった。
あくまで想像だが、会見前からあんな風になることは野望先生は知っていたのではないか?
野望先生は政治的に動いている。

そして小保方さん、だ。
一言でいえば「お嬢様」。
もっといえば「世間知らず」「天然ちゃん」。
さらにいえば「あんた、アホちゃう?」。
いや、世間知らずなお嬢様だからこそ、のびのびと実験して、世紀の大ホームランをぶっばなしてしまったんだろう。
しかし、お嬢様かつ世間知らずがゆえに真面目に醜悪な周囲の連中に対応していくところが実にもどかしい❗

板挟みになって悩むあたり、「あー、なんとかならんかったんか?」と思う。

しかし、じゃあ、自分が渦中の人となったら、どうだったろう?
同じように、なすすべもなかったろうなと思う。

しかし、小保方さんは「あの日」の出版でちゃんと言うべきことは言っている。これは良かった。日記の出版もしているらしい。機会があったら読んでみたい。
もう一言、小保方さんについていえば、「なぜ、あんなに顔を変える必要があったのか?」「なぜアイドルみたいな立ち位置を選ぶのか?」と言う点だ。

疑念をもたれたこと対する開き直りなら、まあ、それはそれでよしだが、私はstap 細胞の発見者なのに、発見をなきものにされた小保方さんは応援したいが、「タレント化する小保方さん」には興味を保てない。

顔が変わった小保方さんは確かに前より可愛いが、可愛さでいえば他にもっと可愛い人はいる。
何ゆえ、世紀の発見を潰された研究者というエッジのきいた立場を捨てるのか?
実にもったいないと思う。
可愛い顔の小保方さんより、前のあのままの小保方さんの方が私は100倍応援したいと思うのだが。

さて、小保方さんにアドバイスするとしたら、今からでも遅くはない。世紀の発見をあのように潰された研究者として本当にリベンジしたいなら、今からでも中国に渡って研究費をもらい、自らの正しさを存分に証明すればよい。

中国はおそらく両手を挙げて迎えてくれるだろう。
そんな素振りを当時、見せていれば周囲の対応はまた、変わったはずだ。

小保方さんが味わった不条理な状況は理不尽に尽きるが、足りなかったものがあるとすれば、そうしたしたたかさだ。

人としていかがなものかと思わざるを得ないノンフィクション賞受賞者などと渡り合うには、もっと、したたかだったら、と思うよなあ。
あんまりにも、お嬢様過ぎる、、、。

そこが魅力でしょうけれど。

いずれにせよ、中途半端なアイドル立ち位置は感心しない。あの騒動を「なんだか不思議なことが起こっている」と見ていた一人として、まだ「あの日」は終わっていない。

だから、アイドル立ち位置で微笑まれては気持ちがついていけない。一体あれはなんだったのか、しっかり見つめようよ、といいたいな。
#小保方晴子
#Stap 細胞




by yoshi-aki2006 | 2019-12-30 04:02 | アンテナ | Comments(2)  

岡山 倉敷はお水がめっちゃ美味しい❗

倉敷で講演させていただきました!
岡山 倉敷はお水がめっちゃ美味しい❗_f0073848_10383660.jpg
岡山 倉敷はお水がめっちゃ美味しい❗_f0073848_10392328.jpg

今から羽田に向かいます😃

岡山はお水がとても美味しい❗
豊かな県なんですね☺️ 東口ではそのお水が飲めるようになっています。

夜は桃太郎さんが迎えてくれましたよ。
岡山 倉敷はお水がめっちゃ美味しい❗_f0073848_10443373.jpg
お水が飲めるのは桃太郎さんのすぐ近くです。                            
暖かくて、クリスマスが近い感じがしないんですが。

さあ、東京はどんなお天気かしら?

毎日、YouTubeにアップしていますので、是非、動画もご覧くださいね❤️
15時に更新です👍

動画の中で出てくるお話の参考サイトはこちらです🎵
http://www6.nhk.or.jp/nhkpr/post/original.html?i=20369
上のリンクをコピペしてみる方法以外にここをクリックしてみる方法もあります。私の動画でヒントにさせていただいた記事です

by yoshi-aki2006 | 2019-12-18 11:02 | 感謝 | Comments(0)  

寝る直前にご飯を食べてみたら? 実験してみてよかったこと

夜、寝る直前にどうしても白い炊き立てご飯が食べたくなり、我慢して寝る選択を封印して白いご飯食べたいという欲求に従って、えいやッと0.5号のコメを炊き、箸休めとして常備していた

ちりめんのごま油炒り
きゅうりの浅付け
きゃらぶきの醤油煮

をおかずにしてあつあつのご飯を頂きました。

〆に黒豆茶を飲むと、急激に眠気がやってきて、「食べてすぐ横になると牛になるとおばあちゃんが言っていたなあ・・・」と思いながらも、そのまま寝てしまいました。

ああ、それにしても、おいしかったなあ・・・・。
白ご飯の湯気、てり、が思い出されます。
今日は0.5合にしておいてよかったなあ・・・・。
もし二合炊いていたら二合もろとも完食していたろうなあ・・・・、などと思いながら、気がつくとカーテンの隙間から太陽がさんさんと。
翌日になっていました!

ところで食べてすぐ寝ると、覚めはよくないです。胃が痛むし、体も重いです。
以前は寝る前にほとんど食べず、朝と
昼にたっぷり食べていましたが、
その時の目覚めは最高でした。体が軽かったものです。

やっぱり食べてすぐ寝るのはよくなかったなあと思いつつ、とても軽めの朝ごはんにして、そのまま運動量の多いレッスンへ。

するとあら不思議。
動ける動ける。
充電完了と思えるほどエネルギーが体の隅々までチャージされている感じがありました。
これは発見ですね。
なので朝に動ける元気な体を用意するには前夜、寝る直前にしっかり食べる。
そして夜中に体にエネルギーチャージを済ませておくというスタイルがいいと思いました。
ただし、肉は夜食べてはだめですね。
消化にエネルギーが取られすぎて、興奮し眠れません。
豚骨ラーメンもダメ。
ちなみにこうしたものを食べてしまってどうしても眠れないときはビターチョコレートを食べると私の経験では楽になります。

痩せたい時は寝る前に食べず、朝と昼にしっかり食事すると体重は減ります。
飢餓感いっぱいで起床するので、反動のあまり朝に食べ過ぎることも再々なのですが、すると、その日一日ボーとしてしまうので、頭脳労働やレッスンが控える日には向きません。

夜食べないと朝、ものすごくお腹が減っていて「さあ、何食べようかな」とそれが頭の中を占め、朝からステーキを食べたりしてしまうのですが、
食べ終わった後、睡魔に襲われることも多いものです。

結局、食べたら眠くなるのは朝も夜も同じってことですね。

さて、そんなこんなで夜食べることが続く昨今。
しかし、
さすがに体重計に乗るのが少し怖くなってきました。
恐る恐る乗ると・・・・・・。

ものすごく痩せてしまった時よりかは1.5キロほど多めでしたが、それでも許容範囲でした。良かった!

というわけで、これからも寝る直前に食事というスタイルは続きそうです。
今夜は頂きものの酒粕を使った野菜たっぷりの酒汁をば。。。。。
みそ汁とはまた違った趣でおいしいでーす。




さて、月刊木村佳子12月号(youtube 12月1日更新)で触れておりましたように日経平均株価は24000円奪還を果たしました。
これから先の予測は週末はヤフーファイナンスに寄稿しますので是非、ご覧くださいね。
https://info.finance.yahoo.co.jp/kabuyoso/specialist/yoso/5054


by yoshi-aki2006 | 2019-12-14 21:18 | 医食同源 | Comments(0)  

おいしすぎるバリュー食! !

コンビニ。出張ではよく行きます。
というのも不慣れな場所で、欲しいものがだいたい揃う点で時短ショッピングのニーズを満たしてくれるからです。
コンビニは時短ニーズを満たしてくれる点で便利ですね。

買うものは出張に際して持ち忘れたちょっとした文具(ホワイトマーカーだったり蛍光ペンだったり、付箋、ペンの類)やお夜食デザートとして果物やヨーグルト、インスタントスープ、ローカロリーのお菓子、気分転換用にガム、グミなど。新聞、雑誌、コーヒーを買うこともあります。持ち忘れ系ではまれにストッキングや口紅などをワンシーズンに一度程度。

今の出張はほぼ、現地前のり、翌朝、会場ホテルで朝食、講演してすぐ帰るパターン。
事前打ち合わせ会で主催、協賛、スポンサーさまらと夕食をご一緒することもありますが、前述パターンとの比率は7:3くらいです。
ほとんどはさくさく仕事して、あっさり帰ります。

こういう行程でコンビニと付き合ってきたため、これまで「あの食べ物買いたさに入る」ってまず、なかったのですが、先日、講演が終わって、すぐ締め切りに間に合うように原稿を仕上げなければならない事態に見舞われました。ちなみにテーマが株のため、ぎりぎりの入稿が多いです。

飛行機の時間が迫っているので、まず、空港に向かいます。着いてから原稿を書くと締切に間に合わないため、
乗継駅のちょっとした休憩スペースでパソコンを広げ、原稿の最終仕上げをして17:00厳守に向け、送信することにしました。
さて、経験されている方ならお分かりいただけると思いますが、講演で頭脳中のエネルギーを使い果たし、ブドウ糖を供給しなければ、もう一滴も頭を動かす成分がない、という状態です。

乗継駅の改札前にセブンイレブンがあるので、何か探してブドウ糖を供給することに!

店内を物色している時間はなく、レジ回りを見回すと「あ、これだ」というものがありました。
その時、買い求めたのが肉まん、アンマン。

味はほとんど期待していなかったのですが、食べてみるとこれがめちゃくちゃおいしい!!!
あまりのおいしさにびっくりしました。
セブンイレブンの肉まん、アンマンってすごくないですか?

なぜ、今まで、コンビニの肉まんやアンマンをパスしていたのかしら。
どうせおいしくないだろう、と頭ごなしに見下していたからでした!

いやー、ホントおいしい!

これから肉まん、アンマンを求めてセブンイレブンに行ってしまいそうです。
どこが作っているのかと調べると中村屋でした

さて、バリュー食でおいしいものをもう一点あげれば、イエローハットの長崎ちゃんぽん。

基本、一人ごはんで外食はめったにしないのですが、「長崎ちゃんぽん」のお店は別です。
ここは「国産野菜を使っている」という点で入店モチベーションをきかたてますし
「塩分ひかえめ」「清潔感」もばっちり。

「コストに見合うかどうか」という点では、主婦として日々の食事つくりで
重たい野菜を買い、冷蔵庫に補充、保管し、料理のたびに野菜を洗い、皮をむきの下ごしらえの大変さは十分実感しています。

長崎ちゃんぼんはその野菜がたっぷり入っている点で主婦心に刺さる! 私の代わりにこんなに野菜をたっぷり料理してくれてありがとうって思います103.png
お値段も安い!
そして何より、おいしい!

おいしすぎるバリュー食の代表格ですね。

きっと開発者が工夫しているんでしょぅね。
がんばってるなと思います。
こんなにおいしいものをお得感のある値段で提供できているという点で社会のインフラとして関連事業者には感謝です!

さて、8月から毎日更新してきた木村佳子チャンネル、晴れてgoogleからパートナー認定の運びとなりました!
心より御礼いたします! ぜひ、引き続きご覧くださいね!
https://www.youtube.com/channel/UCRD4v3Q6bziuiqPnzbGEEOw














by yoshi-aki2006 | 2019-12-05 02:51 | 感謝 | Comments(0)