<   2020年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 

やがて認知症だらけの日本に!

奈良で講演させていただき、帰ってきました!
やがて認知症だらけの日本に!_f0073848_00310041.jpg
懇親会への参加もさせていただいたのですが、とてもあたたかく迎えていただき感謝です♪
さて、その懇親会の席で伺ったお話ですが
「60歳台での認知症発症率は数%ですが、75歳になると全体の三割が発症する。あとは推して知るべしなので用心しています」とおっしやった同業者がいて、なるほどと思いました。

さらに、その方は「誰しも認知症になる、という前提で止める薬はないが、遅らせることはできるので努力が必要」ともおっしゃり「人と会う機会を増やすこと、運動、手先を動かすことが遅らせるためには有効」とのことでした。

確かに人と会うことは必要ですよね。仕事であれ、ボランティアであれ、仲間とであれ、人と会って会話し、笑ったり議論したりして脳の活性化を図ること。大切な習慣だと思います。
いろんな会合はある意味、ボケないための仲間つくりという側面があるので何かの会合に入っておくことが大切かなと思います。

そして適度な運動。筋肉貯金の習慣をつけておくこと。
程度問題があるので自分に合った方法をみつけたいですね。

うちの老親二親の例を挙げると
お姑はかつて、ものすごく健脚でした。日舞、民謡などもして体を鍛錬していましたが、93歳を迎え、足腰がめっきり弱りました。そして、最近では足がむくんで土踏まずがなくなってしまい、歩けなくなっています。
血管が弱っていることや筋肉貯金の原資ともいえる食生活などが原因だろうかなと思います。

彼女はつい一~二年前まではものすごくしっかりしていたし、遠い駅前まで重い野菜を買いだしに行くなど、体力もあったのに急速に衰えてきました。
物忘れもちょっと出てきましたね。

まったく運動とは無縁だった、うちの母親はどうかというと、足腰が弱くなり杖をついていますが、太っていながら、よく保たれているなと不思議です。
父も最終的にはボケましたが筋肉を使うような運動は一切せず、たばこも吸いまくっていたのに大病を患わずに85歳まで生きました。
なので運動は激しいものでなく自分に合った方法がいいように思います。

双方ともに大酒のみがいなかったことが長生きのコツの一つではないかと思いますけれどね。

実母は食欲旺盛。パッチワークが趣味なのが幸いしてか現在のところ、まったくボケてはいません。そして関心は自分のことだけ。そして自分の思い通りにすべく人に指図しまくります。耳が遠くて自己中心でははた迷惑ではありますが、これも長生きの秘訣なのかもしれない。

さて、自分はどうかと顧みると、
①道を歩いているときなどにふと、ああ、次のステージに行く時間軸にいるんだな、と漠々とした感情を覚えるようになりました。
永久を感じるというか、ビル群の中を歩いているとき、砂漠を歩いている遊牧民のような気持ちをふと覚えるというか。
寂しいような虚しいような、しかし、覚悟して砂漠道を歩いていくような。
なんだか前世占いのような話ですが、砂漠を歩いているイメージというのは昔からずーっとあります。
しかし、こうした漠々感からボケが始まるのかもしれない、という予感はありますねえ、怖いことに!(^^)。

②劣化シグナル? 目の奥が痛いというか、鈍痛というか、 PC、スマホの見過ぎということもあるかと思いますが、目がしばしばするような超乾燥状態が続きます。一時、涙袋がものすごく大きくなって、目が開かないくらいになったので脂を抜いてもらったことがあり、その弊害なのかなとも思いますが、目の後ろ側=視床下部に乾きみたいな感じがあります。

③そうした状態に慣れてきたころに、ちょっと視野狭窄を感じるようになりました。目の前にあるものが見えていないというか、料理している最中に「ないないないない」と探している器具がすぐそこにあったり。

④面倒なことは極力避けるようになりました。滑った転んだが多い面倒くさい人とは付き合えないし、面倒な仕組みのものもパス。営業さんからいろんなことを言われても「ごめんね、そういう面倒くさいことで時間とられるのは嫌だから、ほかに行って」と断ります。服でもコートでも、靴でも面倒くさいものは一切パス。込み入った料理もパスです。

ちなみにこういう状態がさらに深化するとボケるんじゃないですかね149.png

①はさまよいの入り口かもしれないし
②~③は体劣化のシグナルかもしれないし
④は込み入ったことができなくなることすなわちボケの始まりかもしれません。

ちなみにボケた父の遅行スパンを自分が歩いているかも、と思う例は様々な新製品を購入しては使いこなせず人にあげてしまうというようなことをしている点です。

父も新製品を次々購入してはぶんなげて私たちに払い下げしていました。
一眼レフ、ワープロ。
バイクは結構長く乗っていましたが、意欲はあれど使いこなせない道具を買ってはポイ捨て。

こわいわあ。どうしよ?

電車でのこと。乗ってきた女性がピタッと私にくっついてくる。「何? この距離の取り方?!」とぎょっとしていると目の前の赤ん坊に見とれて、他人との距離の取り方を失念しているわけですね。あかちゃんに見とれることはありますが、表情にホホケが入ってくるとちょっと怖いなあ。

ホームでの初老男性。さかんにきょろきょろしているのですが、所作に不思議感・・・。

駅の改札では切符なしに改札を出ようとしている老人に若い駅員が「切符どうしたんですか?」と聞いている。すると老人はバスパスを出して見せる。おお~。

総務省調べでは人口推計における65歳以上の高齢者人口は前年比32万人増の3588万人で過去最多を更新。
総人口の28.4%、つまり約3割を占めました。
70歳以上の人口は98万人増の2715万人で、総人口に占める割合は21.5%。
後期高齢者医療制度の対象となる75歳以上は53万人増えで1848万人。総人口の14.7%でおよそ7人に1人の割合。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO49851150V10C19A9MM8000/
75歳以上の人の三割がボケているとすると5,535,000人。
総人口1億2,671万人とすると全体の4~5%の人が認知症状態ということになりますね。

総人口12671万人の半分はあかちゃん、子供、若者や壮年期とすると6000万人。
すると初老系の10人に1人はボケているかも?と疑えるわけで、認知症と言えないまでもちょっとな、という人を入れると相当なトホホ状態であるといえますね。

怖いなあ。自分も他人も含めて149.png149.png149.png149.png149.png149.png149.png

しっかりしないと、ね106.png107.png106.png107.png106.png










by yoshi-aki2006 | 2020-01-14 03:20 | Comments(0)  

日本のメディアは今日もお花畑 中東問題緊張

世の中激しく動いている時、やはりメディアは大きな組織であるがゆえにか、なかなか迅速な報道ができないようですね。
組織のむつかしさを感じる内容で速報性がない状態が続いています。

せめてNHKニュースでも世界目線での速報を伝えてくれればいいのですが、トランプ大統領の異常ぶりを強調する識者が出てきたりして、残念です。

地政学的な視座が欠如している報道は一皮むけば情緒論に過ぎず、FACTではないものになってしまいます。
まず、安倍晋三氏はサウジアラビアに行くのか?
行くのか行かないかが大事な問題です。
その理由は
https://www.youtube.com/watch?v=BT71mAzxp7g
で触れたとおりです。

サウジアラビアには豊富な資金がサウジアラムコ上場によってもたらされており、アメリカの軍産共同体を動かすポンプがしつらえられています。

このポンプのスイッチを誰かに押させたいのが軍産共同体の株主です。
この度、押させようとの動きが見て取れたので、次の展開がどうなるか知りたい。
おそらくトランプ大統領も彼なりにそうした大株主たちをコントロールしようと、それなりにディールしているはずです。
意のままにならないよ、ちゃんと大統領選挙で応援してくれるなら考えてもいいよ、といったところでしょう。

だから安倍さんがサウジに行くかどうかは重要な情報です。

報道でそうした視点をもって示唆してもらえればいいのですが、ないですね。だからyoutube全盛となってしまうのでしょうねえ。
さらにライブ配信へと報道の沸点は移行していくでしょう。

この事態をロシアや中国はどう見ているのかも知りたいですね。
中国問題は片が付きそうなのか?

興味は尽きませんね。
おーい、プロの報道、もっともっとщ(゚Д゚щ)カモーン





by yoshi-aki2006 | 2020-01-08 13:53 | 時事 | Comments(0)  

味覚障害が教える人生時計

「私、最近、味がわからなくなった・・・」という声をよく聞くようになりました。
あるとき、母がそう言い始めました。彼女が50歳代の後半になったころかな。

私も「あら? なんだか味がわからないなあ」と思うことが増え、
踊り仲間の人も「最近、お料理の味がわからなくなった」と言っています。

疲れや更年期などのホルモンバランスの変動、単純な老い。いろいろな原因が考えられそう・・・。

NHKの健康番組でもとりあげられていることから、一定数の自覚者がいるってことでしょうね。
https://www.nhk.or.jp/kenko/atc_552.html

亜鉛のサプリをとると改善が期待できるほか亜鉛を多く含む食品を積極的にとるのもいいようです。
番組では「牛肉やレバー」、「チーズなどの乳製品」、「牡蠣やカニ、いわしなどの魚介類」、「しいたけ」、「ワカメやひじき、もずくなどの海藻」に亜鉛が多く含まれているから積極的に食べましょうと紹介しています。

みんな、始終食べているつもりですが、量が足りないのかも。

しかし、考えてみると四捨五入して60年も使い続けている舌が劣化しないわけないですよね。
再生と死滅のバランスがついに均衡できなくなって老化が始まり、
再生が追い付かなくなって死ぬわけなので

そうとう舌もがたが来ている証だと思います。
動物は歯がだめになると死がすぐやってきますが
人間は味がわからなくなってきたら
「ぼつぼつ」
と自覚したほうがいいのかも。

医療や食生活、衛生状態がよくなっているので幸いにも長生きできてしまえますが、
味覚の後退で
「そろそろ」
と生物時間の限界が来ていると知らなければならないな、と思います。

株式の見通しについても味覚障害が教える人生時計同様、時計感覚で見た場合、午後3時ころって印象ですかね。
まだまだ明るい。
でも夕方に差し掛かるときではある、という自覚。

しっかりうまい具合に管理したいと思います。

さて、今年はどうしても行きたい場所があり、そこに行くのを目標にしようと思います。
下北半島 仏が浦です。
味覚障害が教える人生時計_f0073848_23270955.jpg
画像は下北ナビより
https://simokita.org/sight/

海外でなくてもこんな素敵な場所が日本にはいっぱいあります。
楽しみでーす!


さて、お知らせです。
1月18日名古屋
味覚障害が教える人生時計_f0073848_00145286.png
1月27日大阪朝日ホール(どなたでも入場可能です)
味覚障害が教える人生時計_f0073848_00085591.png
に伺いますね。お時間がありましたらご来場くださいませ。

by yoshi-aki2006 | 2020-01-07 23:33 | 健康 | Comments(0)  

消費者と接する仕事はどこであれ大変だ! 日本郵便に提案  #日本郵政グループ

男版のギャル曽根である家族のすざまじい食欲。この世話に三食、格闘し、しかも双方の老親の足腰が弱り、一人は介護施設入り、もう一人は戸建てに住まい、その世話も大変です。

特に正月は兄弟、その配偶者、そして甥、姪らが加わるため、体が動く家事能力がある人はしっちゃかめっちゃかだ。

仕事納め以降、年末年始の一連の家事に忙殺されることに。
ここに毎年、年賀状出したの忘れたの騒動が加わります。

せっかく印刷した年賀状が見当たらないまま、大晦日に突入。結局、出し忘れが多発した昨年のどたばた。
それがなんと、年が明けてからでできたんですねえ。
きれいな印刷だったので、それを生かす手はないかと考えながらまた、今年も年末に突入。

ああ、出さねばと思いつつ、あっというまに正月。

おせち料理を実家、自宅などに手配したりして、まだまだバタバタが続きます。

そんな中、介護施設をあちこち見て回りたいという老親。
日曜日をつぶして案内する兄弟夫婦。
せめてもの彼らへのねぎらいにと会食をセット。

双方の老親は頭はさえているものの、足腰は弱っているという状態。
なので特にうちの母親の指示、指令が多いこと多いこと。

あれして、これして、あれ持ってきて、これを置いて・・・・・。

疲れ果てますね。めまいがしました。
しかも理解不能なこだわりの強さにはちょっと驚きますね。

人の頭の文脈は自分とは違います。
頭のいい人のシナプス回路ならまだしも、
うちの母のシナプスは不思議世界そのもの。

年末は築地とアメ横に買い出しに行く。これが絶対定番なんですよね。
「何しに行くの? 足が悪いのに人混みに行ってどうするの?」
といっても、聞く耳持たず。

兄弟夫婦に連れて行ってもらい、帰りは千疋屋に行き、3000円のメロンパフェを食べるのが恒例となっているんですね。

私はため息です。
ベットと一緒に入居できる施設は月額60万円!
そんなところには入れられませんよ! お金どうするの?
こちとらは金銭のやりくりで暗澹たる思いなのに、この母親ときたら、まったく我関せず。
私の不幸の源泉はこの母親と家の男ギャル曽根の果てしない食欲。

収入曲線が放物線末期に差し掛かってくる不安と戦いながら、このふたりの世話。

陽光に光り輝く目黒川のさざ波に向かって
サリーちゃあああああーん。早くそっちにいきたいよおおおおおお
と叫びました。
サリーちゃんは昨年、急逝したわが愛猫です。
とてもいい子でした。上品でした。賢かったです。よくわきまえていたし生きるポリシーを感じさせる子でした・・・。

さて、表題です。
そんなこんなで年明け、大きな郵便局にていただいた年賀状の返信書きをしていたのですが、その時のこと。

いや、実にいろんな消費者、お客さんがいますねえ。
高齢者の例。
「切手を10枚ほど」
ほどってどうなん?
10枚、と指示してあげないと相手は困りますよねえ。

63円切手なのか、84円切手なのか、そういう指定もしない人が意外と多いですねえ。

やたらと丁寧なのは20~30歳代くらいの女性。
「あのう、お伺いしてもいいですかあ。こうやって送った場合って、何時くらいに届くんでしょうか。もし、遅れるとしたらだいたいどんなくらいの遅れ方なんでしょうか? こっちは九州でえ、こっちはえっとお、北海道なんですがあ・・・」

えっ、二件も聞くのか。

聞きたい気持ちはわかるけどなあ。
後ろを見てよ後ろ。
ずらーっと行列ができているときにそんなに個別詳細をねっちり聞かなくてはならないものか?

あと、きっちりしすぎの高齢者のかた。
切手をしっかり貼り付けた小包みを持ち込んで、
「切手多すぎですよ」といわれて、はがそうとするが、はがれない。
郵便局員がたまりかねて
「お客様、ものすごい行列ができていますので、貼りすぎの分、こちらではがしておきますから、はい、これ、貼りすぎの分のお金」と言われるまであきらめないんだなあ。

なぜ、切手を貼ってしまってから窓口にくるのか。
貼りすぎは自分の過失だから、
行列を作る人のことも考えて、
「いいです。このまま、出してください」といってもいいと思うけどなあ。

で、行列の人に向かって、丁寧にあいさつし、言い訳し。
それ、必要なのかな。
みんないらっとしているのに。

彼女をじーっと見ていると行動がうーん、そうなるかあというものだった。
まっすくは帰らず、郵便局の中のチラシだのパンフだのを見て、何かと持って帰ろうとする。
階段が目の前にあってもエレベーターに乗る。
ベビーカーが出てくるのに、前に立ちはだかってまたたいそうに丁寧に大謝りしてしまう。

あるある、善意の人の厄介な行動パターン。
自分も時には近いことをしちゃってないかなあと自問したり。

で、日本郵便に物申す。
電通のおすすめに乗り、高額ギャラを払って嵐などのCMをやるお金を
窓口で多様なお客さんに振り回され、てんてこ舞いしている郵便局員の職場環境改善に回すようお願いします。

切手の自動販売機を作るだけでだいぶ違うと思います。

口頭注文での、多様すぎるわけのわからなさから窓口職員の職場環境改善を図るべき。
切手の自動販売機
小包みの計量機
早く届く安い送り方のAI回答。

ぜひ、電通での高額広告費用はそうした消費者にもメリットのある窓口改革費用に回してくださいね。

ヤフーファイナンスに1月6日~10日までの相場見通し寄稿しました。
https://info.finance.yahoo.co.jp/kabuyoso/article/detail/20200105-00073094-minkabuy-nikkei-5054

月刊木村佳子
https://www.youtube.com/watch?v=9TXhgwu39YY

木村佳子の新春コラム
https://kabutan.jp/news/marketnews/?b=n202001020027



#日本郵政グループ


by yoshi-aki2006 | 2020-01-05 17:56 | アンテナ | Comments(0)  

お正月は鮒クンを池に帰しました!

1月1日家族のお正月のお膳の支度。
2日は老親宅の正月のお膳の支度。
主婦に正月はないですね(^^;)

さて、帰り道でのこと。
お正月は鮒クンを池に帰しました!_f0073848_16424276.jpg
道になぜかお魚が。

近くの池から跳び跳ねて来たみたい!
よし、私が戻してあげましょう!
お正月は鮒クンを池に帰しました!_f0073848_16505931.jpg
ところが、予想外のことが。  
お正月は鮒クンを池に帰しました!_f0073848_16573243.jpg
今度こそ成功させねば!



お正月は鮒クンを池に帰しました!_f0073848_16483467.jpg
今度は池に戻すことができました!

お正月は鮒クンを池に帰しました!_f0073848_17000336.jpg

ちゃんと泳げるようになったかなぁ?



by yoshi-aki2006 | 2020-01-04 17:04 | 日々の暮らし | Comments(0)  

カルロス・ゴーンに逃げられた!



あけましておめでとうございます!

ボーっとしていられないですねえ。動画ネタがさっそくありました。
ぜひご覧ください。
そして今後の日本を考えましょう!

今日は正午に株探で新年の見通しもアップします。
「木村佳子の新春コラム」株探でぜひ読んでみてくださいませ。
https://s.kabutan.jp/news/n202001020027.amp
本年もよろしくお願いいたします!

by yoshi-aki2006 | 2020-01-02 09:57 | 時事 | Comments(0)