毎週水曜日ゆうちゅうぶで「木村佳子の経済都市伝説」が公開されます。第一弾はこれ!

木村佳子の経済都市伝説 第一回

月刊木村佳子が公開された後、毎週水曜日に公開される「木村佳子の経済都市伝説」が14日から見られるようになりました。

撮影の順番としては
マダム路子さんとの番組宣伝対談
この「木村佳子の経済都市伝説」前半後半
「月刊 木村佳子」
だったので、さすがにしょっぱなピンの撮影で、しかもマダムが目の前で聞いておられたので、緊張! ということで、この回では噛みまくってます(;'∀')汗

次第に慣れると思いますので是非、温かく見守ってくださいね!

テーマはこれまで私が株式を研究してきた過程で「不思議だなあ・・・」と思っていることをメインに取り上げていきます。
もしも、皆様の中で「これが不思議」ということがありましたらこのコメント欄(シークレット機能あり)に不思議なこと、解明したいこと、日ごろから思っていることを投稿してくださいませ。

調べて動画のテーマにしたいと思います。( ^)o(^ )

では、また、!

f0073848_21131355.jpg


# by yoshi-aki2006 | 2018-03-08 21:15 | お知らせ | Comments(0)  

業績を残す女性、出世する女性の行動様式


母校に所用で出かけました。
f0073848_01413699.png

お世話になった先生の最終講義があったのです。
f0073848_01451247.jpg
春は卒業や新入生のシーズンですが、先生方のご退官や移動もこの時期なのですね。
f0073848_01521077.jpg
コーポレイトガバナンスやCSRのご研究で企業にも大きな影響を与えた首藤恵教授。

わざわざこの講義を受講しにドバイから駆け付けた教え子も! 先生の人気の高さがわかろうというものです。
私も首藤先生のご講義は大好きでした! 試験やレポートもいわゆるがり勉、受験勉強頭では解けない、自分頭で考えさせ記述するものでした。それによっていろいろな文脈をたどる知性を鍛えることができ、今の株式評論にもとても役だっています。

「持続可能な組織」とはどんなものなのかは株式投資にも有力な視点ですが、
そのためにもCSRやガバナンスへの取り組みは大切です。

難しいことではなく、人にも当てはまることで、
どんなに能力があっても、使ったトイレは汚しまくって平気だったり、支払が汚かったり、飲んで酔っ払って暴れても、翌日は知らん顔のような人とは友達や伴侶になりえないと同じようなことが企業という組織にも当てはまるわけで、
こぎれいなCMを流してイメージ戦略には成功していても、
裏で派遣社員に劣悪な労働環境を強いていたり、
取引先に無理難題を吹っかけている社員がいても会社はその掌握もしなければ、業績さえ上がれば平気な顔をしていたりというようなことでは、いつかは告発されるし、社内も荒れて生産性も落ちる。トップが業績だけ、自分の功労だけに集中するとおのずと組織も利己的集団になってしまう。

ガバナンスやCSRの根幹はだから企業もちゃんとしましょうよということです。
ちなみに両方を組織の中で制度化するとトップの暴走を止める有力なツールにもなりえます。



ところで、首藤先生の講義で一番最初、びっくりしたのは、教壇に立たれたその姿だけで、
生徒側がおのずと拝聴姿勢になってしまうことでした。
何という凛としたオーラなのか!と思いました。

ほかの先生もおっしゃっていましたが、筋を通すという点で、静かながら、強い意志をお持ちだからだと思います。

講義を受けるたび「首藤先生のようになりたいな」とあこがれる女性の見本みたいなかただったんですよ。

いつもダンディというかクールなスーツ姿でそれも素敵だったなあ。どうしてあんなにピタッとスーツが体になじんでいるのかなあ、
たぶん、今まで見た女性の中で一番、スーツ姿がきれいな方だと思います。

ペンダントやブローチ、スカーフの使い方が色といい、素材といい、センスの良さが頭の良さと育ちの良さをそこはかとなくあらわしていて、「ああ、私も先生のような女性になりたいなあ」とお会いするたびに思いました。

主張はするけれども、ごり押しははない。しかし、妥協はしない。いうべきはいう。怒る時は怒るけれどけしてヒステリックではない。誰でもが指導を受けると、冷静に考えるようになる。

変に力まないけれど常にベストを尽くす。

見習いたいことばかりです。

ヘロヘロ、レロレロしてしまうとき、つい、
「年かなあ・・・・、年だもんなあ」とか弱音を吐いてしまうのですが、いやいや首藤先生はご退官間際まで90分一コマの授業を連続して何コマも持たれており、その時間、話っぱなしなのですよ。

人間、やればできるんですね。75分間の講演でその後、脱力感から回復するのに時間がかかる私としてはおおいにお手本にしたい先生でした。
そして、まだまだ本も出されたり、国際的にもあちこちの会議に出られて今後も精力的にご活動されるようです。

ところで、最終講義にはかつての同級生もたくさん来ていました。
大手企業でバリバリ出世街道驀進中の女性の姿も。
その一人、A子さんは
オフの日なのに美容室に行ったばかりのような整った若見えヘア、すきのないスーツ姿で控えめながらメイクもばっちり。「ご無沙汰しています~」と晴れやかにあいさつに来られました。
彼女が出世する理由として考えられるのはこの効果確認習慣が徹底している点ですね。
試験の時もそうでしたが、そのすきのなさ、現場計算があらかじめできる点が、A子さん足らしめている大きな要素だと改めて感じました。
「私、ちゃんとしてきましたよ~、ほら」と対人においてこの効果確認習慣が常に保たれている。

髪は洗いっぱ、顔面も春の嵐かというモロモロ・メイク(肌荒れが・・・・)の私からすると、「さすがだなあ」「忙しい中、ここできるんだなあ」と敬服するわけです。
A子さんは首藤先生とはまた違ったカテゴリーの人ですが、
やっぱ出世する女性は違うなあ、と思いました(^○^)。

様々な人の優れたところと自分を比較して、自分に足りていない部分はどこなのか?を相対的に知る努力が大切ですね。
その後、一人で黙々と脚力強化レッスンをし、ビデオに撮ってみました。
f0073848_12023480.jpg
まだまだ手足の使い方、頭のかしげ具合、姿勢の軸がレロレロしてる~。
現実を知るいい機会ですねえ。ビデオに撮ると・・・・。


さて、またある日は、マダム路子さんと美魔女の皆様と写真を撮らせていただく機会がありました。
f0073848_11584919.jpg
この日の皆さんは16センチヒールでモデルウオークをレッスンしている最中でした。
目指すベクトルを持っている人はいくつになっても美しい!
私も体をギュッとひねって、頑張る~。
それにしても、課題は続くよどこまでも!


株価に関するトピックはアメーバブログにアップしました。お時間があれば閲覧してくださいね!
国際政治リスクと株価

200日線を割るか?



# by yoshi-aki2006 | 2018-03-05 12:08 | ビジネス | Comments(0)  

「月刊 木村佳子」のURLを貼り付けておきますね。データとしてご活用ください

月刊木村佳子

ゆうちゅうぶで観られる「月刊 木村佳子」のURLを貼り付けておきますね。
時間は15分ほどになります。

ぜひ、3月相場の参考にしてくださいね!

スマホだとサクサクとデータと動画が同時視聴可能ですが、PCだと音声は聞こえるものの、動画が遅れていくこともあるかと思います。
その場合は、動画を横にスクロール等して資料画像を出してみていただくといいかなと思います。よろしくお願いいたします。

f0073848_22331584.png
                           月刊木村佳子



# by yoshi-aki2006 | 2018-03-01 22:36 | マネー | Comments(0)  

3月1日正午からゆうちゅうぶで「月刊 木村佳子」が視聴できます


月刊 木村佳子」の収録を先ほど終え、3月1日の正午からゆうちゅうぶで視聴できます。
こちらをクリックしていただくと見ることができます
先ほど、撮影が終わり、明日公開のための編集作業をしていただいています。ぜひ、正午に視聴してください。三月相場のヒントにもなると思います。
資産運用だけでなく、生活防衛のお役に立てていただければ幸いです。

また3月7日水曜日から毎週、水曜日には「木村佳子の経済都市伝説」が同じくゆうちゅぅぶで観ていただけるようになります。
その番組をマダム路子さん「国際魅力学会 会長」が宣伝してくださいました。
「木村佳子の経済都市伝説」番組宣伝

よく講演会などで、
当日、追加したスライドなどの資料を見たいというお声を聴きますし、もっと伝えたいと思うことも多いので、できるだけ反映させていきたいと思います。

さて、金沢、福岡、東京中野での講演が終わり、3月17日横浜パシフィコ「東証フェスタ」、3月26日名古屋証券取引所IRセミナー(ナディアパーク)の講演準備に入ります。

f0073848_17304391.jpg

東証フェスタの告知サイト




へのリンクは上記の通りです。私は3月17日11:00~と14時台の2回です。


f0073848_17311587.jpg
f0073848_17353474.jpg



# by yoshi-aki2006 | 2018-02-28 17:36 | お知らせ | Comments(2)  

不安な相場では下げても好きな株を買う

f0073848_02041332.jpg
毎日寒いですね~。
そんな中、石川県に講演でした。
雪が心配でしたが、二か所とも大きな天候の崩れに見舞われず、無事に乗り切ることができました!


設営が終わった小松会場に早のり
f0073848_02200514.jpg

f0073848_02061350.jpg

金沢会場へは講演開始15分前に到着
一日二か所講演は珍しいのですが、
やる、と思えばできるもので、そんなに大変ではありませんでした(⌒∇⌒)

金沢は京都と同じく戦災に遭っていないので古くからの伝統的なお店が残っています。

f0073848_02224061.jpg
そんなお店で「清風名月」という短冊をいただきました!
なんか今の心境にびったし!
当たり前のことを当たり前に全力投球すれば月は明るいぞ~~。



有名な近江市場があったので、興味津々で探検しました。
f0073848_02240041.jpg

観光客だらけで、渋谷もびっくり! 時期が春節ということもあり、外国人、特に中国の方が多いです。
立ち食いもできる「お刺身市場」が目の前に。

たしかに、お刺身はとてもおいしそうでしたが、仕事前なので、あえて生ものは食さず、おおきなシイタケ、小豆、しょうゆ、出汁こぶ、みそなど日常ローテーションで使うものを買いました。

おいしそうなものだらけで、また来たいですね~。


あっという間に東京に帰り着き、あら、なぜか東京のほうが寒いわ~。

スーツケースや荷物をもったままうろうろするのも大変なのでまっすぐ家に。
おなかがすいて、寒いし、どうしてもうどんが食べたくなりましたが、家に買い置きナシ。
外に出るには寒すぎる~。
しょうがないので小麦粉と塩水で自分でうどんを作ることに・・・・・。

意外と簡単にできました(^▽^)/。

さて、講演では「逆境に負けない」という点を主眼に経済環境と銘柄についてお話をさせていただきました。
石川県の皆様は落ち着いて買い場を探しておられる印象でした。

上げても下げても儲けられる投資が一番ですね。

いい会社の安値を買い、高値で売るを繰り返すのが基本ですね。

いい会社をしっかり見つけて妥当株価、割安価格で買いたいものです。
ちなみに今、日経平均株価は割安圏にあると思いますよ~。

もっと下がったら?
下がっても好きな株を買いたいものですね。そうこうしているうちに持ち直してくるものです。



さて、2月23日は福岡
f0073848_00204602.png
f0073848_22581196.png
2月27日は東京で講演させていただきますね。







# by yoshi-aki2006 | 2018-02-19 02:52 | マネー | Comments(5)  

美人の条件は究極的には骨である

最近、びっくりするくらいしゅっとした背の高いモデル体型の女性を見かける機会が増えました。
えっ! あなたサイボーグ? というくらいスタイルがいいのです。

同僚と談笑しながら、ビルから出てくる帰宅ビジネスマンの一群で見かけることが多いから、外国人訪日客ではなさそうだし
日本の女性の体形は格段に良くなっているなあ・・・と感心しきりです。

さて、もう生まれ変わったほうが早いと思うので、いまさら我が身をどうこうしたいということはありませんが、
若い世代の人に美しくなるためのアドバイスするとしたら、

美人は究極的には「骨である」と思います。だからダイエットに必死にならず、美しい骨を作る努力をしたほうがいいです。

きれいな形状の骨の上に筋肉が乗り、脂肪と皮がかぶさるわけで、
骨がちゃんとしていれば美は確実に手に入る、と思います。

えっ、骨なんてどうしようもないではないか。

と思われるでしょうか?

しかし、若い女性なら姿勢よくしていることでだいぶ、矯正が可能だと思いますね~。
姿勢を正しくすることで、骨もおさまるべき場所に収まり、体勢を作ることができます。
どんなに上から塗ったって骨が正しい位置に収まっている人の美しさにはかなわないから今からちゃんとしたほうがいいです。


こういうことをもっと早くから知っていればなあと思いますが、
自分の10歳代、20歳代を振り返ると、頬杖をついたり、猫背になったり、って姿勢が多かったですねえ。
どうして頬杖を突いていたかというと頭が重かったからですね。
それは背筋が弱かったり、頚椎、胸骨を支えるインナーマッスルが弱かったからだと思います。

あの頃の自分が知っていればな~。

それともう一つ。
美醜にかかわる重要部分として「歯」がありますが、だらしない食生活だったり、夜の飲み会、食事会でつい寝る前の歯磨きを忘れたり、間食したりしているうちに虫歯になり、片方で噛むうちに顔がゆがみ、だんだん人相が悪くなる、ということに気を付けたいですね。これは自分の痛い経験です。

親が子供にキチンとそういうことを言って聞かせて、「美人になりたいのなら、歯を大切にしなさい。そのためには食べる行為をよく考えなさい」と注意喚起しなければなりませんが、私の母は一人娘でちやほやされてわがまま放題に育った祖母の娘として、あまりそうした情報提供を受けてこなかったらしく、大事なことは何でも後でいう本人の特性もあり、

私は自分で「美人は究極的には骨であり、その骨は姿勢と食生活が作る」という経験則を「時すでに遅し」「顔がゆがんでから気がついたし」の晩年に知るわけです。
おお~~、ミゼラブル!

が、しかし、気がついてからは遅まきながらでも直そうと努めています。
虫歯はすぐ直す。
ビッと姿勢を正し、骨があるべきところにあるように矯正に努める。
その骨に筋肉と皮を乗っけていく。

骨をちゃんとしたければ姿勢が大事ということを電車乗車中などにしゅっと立って体を正しい姿勢にして骨を収めて鍛えたいですね。

ちなみに、私は電車で1番と5番の足を交互にして、つり革から手を離したり、ルルべを試みたり、すいている時は2番にしてルルべをしたりしています。

いまさら、ではありますけれど(*'▽')

体のことで「エステとジム、どっちしよう?」と知り合いの女性経営者に聞かれたとき、速攻でジムとアドバイスしたら、彼女は私よりも年上なのに、奮起して毎日ジムに通い始めました。

「いまさら」組でも頑張る
崩れゆくビルではダメなんだ~~!!
「まだ、間に合いそうな人」は今から頑張ろう!!


f0073848_00274482.jpg

しかし、悩みは
体を鍛得れば鍛えるほど目がくぼむこと・・・・・・。

辛いものだよ、人生は、はあ!

さて、株式市場の動向ですが、
ゴールドマン・サックスは1月下旬、顧客に
「調整がいつあってもおかしくないから利確するべし」とのレターを出していたそうです。

確かにダウがこの調子で上がり続けるのは「暴騰」状態といえたし、調整が必要だったタイミングです。
大勢は押し目買いタイミングに差し掛かっているとの見方です。

ただし、調整幅は見方が分かれるところで
ゴールドマンは10-20%調整の可能性を指摘しているそうです。

20%はすごいな、と思いますが、ピンチはチャンス。

緩急つけて対処したいですね。

講演会のお知らせ
●2月17日 金沢、小松
f0073848_00195821.png

●2月23日福岡



f0073848_00204602.png


●2月27日東京
f0073848_22581196.png






木村佳子の教材動画
有料動画ですが、学校に通ったと思って投資してくださいね~

【東証フェスタ3月17日土曜日】
木村佳子の特別講演
東証女子株会
のダブルヘッダーです。
どうぞ、ふるってご応募くださいね~
講演スケジュール一覧です








# by yoshi-aki2006 | 2018-02-11 00:44 | ボディ | Comments(1)  

株式暴落を楽しんでいますか?

待ちに待った株式暴落。
こういう時に「待ってました!」と買いたいものですね。

今日のような日にオタついているようでは株式投資は楽しめません。暴落が「楽しい」ものでないと株式投資は失敗します。
さて、今日の経済ニュースはほとんど、「アメリカの経済指標が強すぎたのでインフレが加速し、金利上昇が速いテンポで進みそうなことを懸念した」「アルゴリズムがその動きを加速した」などの解説で占められていますね。

そういう分析はあふれかえっているので、ここではあまり言われていない視点をご紹介したいと思います。
「好調な株式市場が大暴落したとき、トランプ大統領は視点を外部に向けさせるために北朝鮮に制裁を行わざるを得なくなる」
というものです。

その促進が株価大暴落なのだ、という見方をしている意見があります。

この説は傾聴に値すると思います。

というのも、目下、平昌オリンピックで南北朝鮮は融和ムード。
文大統領はそもそも、思想的には北寄りと言われます。

また、南シナ海や東シナ海における中国の進出が進むことは中東石油をタンカーで輸入している日本には脅威ですし、貿易品の輸出にも支障が生じかねません。

基地を日本に置くアメリカにも不都合です。よっていずれは朝鮮半島問題と中国の南、東シナ海問題は日米にとって何らかの決着をつけなければならない事柄です。
オバマ大統領の時、ろくに予算もつけられなかった軍関係の費用はトランプ大統領に代替わりして、ようやく元の水準まで戻しつつあるようです。

国内の株価が下落し、中間選挙を控えてポピュリズムに頼らざるを得なくなるトランプ大統領がアクションを起こす可能性は高まってきたとみるべきではないでしょうか。

ひょっとしたら平昌オリンピックで何か予期せぬ対立、事案が発生するかもしれませんね。

ちなみに高値での暴落は過去例では3回目が潮目のかわり時です。
一度、今回のように大幅に調整する→すぐ高値基調に戻る→また大幅に値下がりする→また高値に戻る

そして三回目はもう、高値には戻ら値下がりが本格化する。

そんなパターンが見られました。
ちなみに私は今回の下げで前から欲しかった成長株に投資しました。
一つは分割含みの高成長株。一つは優待配当安定株です。

米株メインの投資を楽しんでいますが、米株ではレイセオンやボーイング、ロッキード、ユナイテッドテクノロジーなどアメリカを代表する企業に注目しています。

値下がりの時には「待ってました!」と喜んで帰る投資をしたいものです。
個人投資家が儲けるには暴落投資が一番です。

というわけで株式投資の学習動画
木村佳子の株ブームで始めて暴落で去る投資家にならないための株式投資のポイント

●2月17日
石川県小松、金沢での講演
f0073848_00195821.png
●2月23日福岡
f0073848_00204602.png
●2月27日東京中野

f0073848_22581196.png
個人投資家が資産を増やすには暴落投資が一番!

講演でもお話ししたいと思います。ぜひ、お越しくださいませ。お待ちしていますね🎶





# by yoshi-aki2006 | 2018-02-06 22:59 | マネー | Comments(2)  

なにくそ、という気持ちがかすれてきたら脚力を鍛えよう

この12年間、ヨガ、ピラティス、時々ベリーダンス、時々バレエ、時々フラメンコというローテーションで筋力維持に努めてきたのですが、
ヨガはアーサナというポーズを解いた後のほーーーッとした感じが好きでこの数年、比重を増やしていました。

が、年々、華麗なる加齢現象が進行し、
また、よせばいいのに大学院で勉強や試験対策ですわりっぱの生活が続いたこともあり、
体もさることながら、
意識もぽよよーんとしてきて、
「ああ、このまま、だんだん朽ちていくのかなー」という自覚も生じ、
「あー、もうそろそろ、耐用年数切れ状態かなー」と諦念めいた気持ちも覚えていたのです。

が!

去年の連休過ぎあたりから、脚力強化プログラムを組み合わせてから、一気に気力が復活してきました。

人の気力の低下は脚力から。
今はそう思う次第です。車ばっかり乗っていてはダメなんですよ。

足で地面を踏みしめる。
大地を蹴る。
地団駄を踏む。
つま先立ちをする。

90分間立ちっぱなし、休憩なしで週3日のローテーションで脚力強化を続けていくうち、次第に気力や強い気持ちがよみがえってきました!

強い気持ちの時に発する言葉として
負けるもんか、とか、こんなことでへこたれない、などがあるかと思いますが、
こんちくしょー、コノヤロー、ふざけんじゃないよ、というものもありますね。

こうしたキッとした気持ちになって発することばがわいてこなくなると腑抜けも同然です。
あ、この人は何を言っても怒らない、と「人でなし」「ろくでなし」に舐められもします。だから、キッとしていることが必要なのです。
特に自分で家賃の心配をしなくて済むような暮らしが長い人とか、
貯蓄がかなりたまって、もう、あくせく働かなくてもいいような人、
競争しなくてもよい生活が続いている人は好人物、いい人コースに陥りがちなので今一度、強い気持ちをよみがえらせる努力をお勧めします。

満たされたが故の寛容さや
優しい人柄は愛されますが、仏であるばかりが人の道ではないと思います。

不動明王のように「見逃せない!」ということに対しては憤怒の形相で対峙しなければならない。
その憤怒醸成機が脚力です。
脚力は「憤怒」をよみがえらせてくれます。
なので、「いい人」漬物になって久しい人や気力散漫にお悩みなら、ぜひ、脚力を鍛えることをお勧めします。

さて、先日退任したアメリカの金融政策を決定するFRB議長イエレンさんは優しそうな外見ではありながら、時々はびりっとした意見も混ぜて、なかなかの手腕を発揮した人だったと思います。

今度のパウエルさんも外見は優しそうですが、どの程度の力量なのか、市場では早速、「腕試し」の動きが入ったように見受けられます。
イエレン氏が開催した最後のFOMCでは利上げ見送りとなりましたが、関連記事
NY株式市場が良すぎる経済指標を嫌気して大幅に値下がりした状況を受けて
就任後の発言が注目されるほか、3月の政策会合を待たず、どの程度の力量なのか、をこの後も再々
試される場面が続きそうです。

そうした環境の中で、
個人投資家はボラテイリティを生かして上手に資産を増やしたいですね。
しっかりと頑張りましょう!

●2月17日石川県小松、金沢で講演します。
お申し込みはしん証券さかもとまで。
f0073848_00195821.png
●2月23日は福岡です。

f0073848_00204602.png
メール、またはFAXによりお申し込みください。
「2月23日福岡セミナー参加希望」と記載の上、 住所・氏名をご記入ください。
seminar@nsj-r.jp
FAX:03-3662-0361



●2月27日は東京・中野・レオパレス21本社にて講演いたします。

「2月27日東京セミナー参加希望」と記載の上、 住所・氏名をご記入ください。
seminar@nsj-r.jp
FAX:03-3662-0361

動画で勉強されたいかたは3時間半のコンテンツ(いったん購入されますと一定期間繰り返し見て勉強していただけます)
繰り返し見て勉強できる動画セミナーのご案内です






# by yoshi-aki2006 | 2018-02-05 00:36 | 生きる力 | Comments(0)  

すがすがしい人々~築地仲卸の大将たちに学ぶ一意専心

すがすがしい人とはこういう人をいうんだなあ、と何気なくつけていたテレビ画面に引き付けられました。
NHKの築地を取り上げたドキュメンタリータッチの番組だったのですが、そこに登場する築地の人々の美しい顔、姿に魅せられました。

「ああ、ちゃんとした人がいる!」みたいな、「ああ、こういう人がいてくれるんだ! よかった!」というありがたい気持ちを覚えました。
人は一心不乱に仕事に打ち込むとこんなきれいな光を放つんだな、と思いました。
番組詳細のリンクです。
築地に生きる人々を取り上げたNHKの番組詳細
特に印象に残ったのが
豊洲移転を機に店じまいするエビ専門の仲卸 水榮の大将  森田克己さん。本当にすがすがしく、きれいな人でした。
話される言葉にも一言一言、納得でした。
「お願い事はしない。お願い事は自分が実行すればいい話で、神様には感謝の気持ちでありがとう、と頭を下げるんだ」みたいな話をされていましたが本当にその通りだと思います。

築地 水榮さんを取り上げた別のサイトを見つけました

取引先のすし屋さんの勝負を応援するマグロ仲卸の大将。お名前を見逃しましたが都知事の視察の際にも対応されていたから、有名なかたなのだろうと思います。この方も本当にすがすがしく、きれいな人でした。

番組に登場されていた三代が運営する点心専門店、喫茶、丼店、カツオ削り節屋さん、サンドイッチ屋さん、包丁専門店で研ぎを受け継いだ方、屋久島の活魚を仕入れて独自の商品造りに道を開く大将、各地の漁協、漁師さん、仕入れる板さんなど
どの人の顔も「この道一本道」を歩んでいる人が放つ光に輝く、いいお顔をされていました。

そうそう、こういうお顔は浅草の大将や築地の料亭の大将にも感じたことがあります。
人というのは一生懸命、真剣に「業」に打ち込み、人に対応しているとこのようなお顔になるんだな、と強く心を打たれました。


最近読んだ本で見つけた経営者の言葉に
「自分が当たり前のことを一生懸命していたら、だれから何を言われても心が動揺することもないしアガることもないし、だれに会っても堂々としていられる。だから私は誰よりも早く会社に来て、自分がやらなければならないと感じていることを全部、自分がやるのです」というものがありました。

まさにそうだな、と思います。

いつも「私事」「自己満足」が最優先で「私が得すること」にまずアンテナが働き、人を踏み台にするような人や
頭がよくて狡く、自己利益を最大級にすべく、そのごまかし方が天才的にうまい人
ともかくがめつく、人の余剰や幸せ、ラッキー、平和、くつろぎなどを全部自分のものに吸い尽くさないと気が済まない人
人の挑戦をカーテンの陰からジーと見ていて、その失敗や苦労をデータとして取り込み、大したことない、自分もできると値踏みもして、自分は後手から勝負もしないでいきなり専門家集団に滑り込もうとする輩

など、すがすがしさの対極にいる人はみんな人を利用し、人のふんどしで最大限の得と自己肯定の糧にしようと汲々としています。
特に国内外の政治関係のニュースを見ていると人の足の引っ張りばっかりやってますよね。
アベノミクスで株価も上がり、好況になっているのに、批判ばっかりしている野党。力を合わせて日本国民の幸せをサポートすればどんなにか歓迎されるのにな、と思います。

政治と言えば築地の大将たちは石原、舛添、小池各都政にある意味、振り回されました。
各政治家の言い分は言い分として特に小池都知事にはよく顧みていただきたいと思います。
本当に党利党略やご自身の政治における企みにおいて、命をささげて食商業界に寄与している水産物、築地の仲卸業者、店舗運営者の真剣勝負に恥じるところはなかったですかと。

人が放つ隠しようのない光彩の比較において、すべてが如実に物語られているように思います。

視点を米国に移すと、トランプ大統領の大減税で景況感は一層改善し、黒人のトランプ支持率も倍加しているのに黒い服を着て議場でばかばかしい抗議をする民主党議員。トランプのセクハラの前にクリントン元大統領のセクハラはどう総括したのか、オバマ・ヒラリー陣営のトランプの電話盗聴事件はどう決着したのか、クリントン財団のロシアンゲートはどうなっているのか、足元の疑惑はらいもしないのに、
本当にばかばかしいです。

そう思っていた時に見た築地の大将たちの姿だったので、
世の中、そういう人ばかりでは全然ないんだ、捨て身で「業」にまい進して「生き神」のようにありがたい人がこんなにいるんだ、と心洗われました。
そして
私も迷いなく、仕事に精進しようと思いました。

さて、正月返上で編集していた動画が9か月間の歳月を経てついに完成しました!
全部で4時間近くあり、全部見ていただくには有料となります。
サンプル動画から視聴できますので、気に入っていただいた場合はセミナーに参加したつもりでご購入くださいね。
基礎編と応用編があり、ここでは応用編のサンプル動画をリンクしました
動画を見て「一意専心」の気持ちで資産運用に励んでいただければ幸いです。


# by yoshi-aki2006 | 2018-02-03 05:26 | 生きる力 | Comments(0)  

アウトレイジ 最終章を早稲田松竹に見に行ってきました!

見逃していた「アウトレイジ 最終章」が早稲田松竹にかかるというので見に行ってきました。
JR高田馬場駅からすぐ。

道すがら外国人観光客がここにも多数。
リーズナブルな飲食店が多いですからね。
歴史的建造物も残っているし。

f0073848_21381338.jpg

初日ということもあるのか、中高年、若者などで始まる前は行列。
着席してからも満杯で盛況でした。

で、これから映画をご覧になる人に悪いので内容は伏せておきますが、
関西人の私からいわせると、大阪弁、神戸弁、その筋の人の使う言葉と比較すると、映画のは相当に上品だと思いました。
それと、
映画「凶悪」の登場人物のように気持ち悪い粘っこい闇を持つ人物が少なかったんじゃないかな、とも思いました。
みんないい人すぎ。
それに今の世の中、暴対法でその筋の人は干上がっているわけで、それでもその筋にいるのは何らかの個性的な考えがあるからで、
もうちょっとその筋の人たちの計り知れないものを描いてもよかったかな~と思いました。

そんな中、気持ち悪い人間像を演じようとして成功されていたのが大杉連さんですね。
大杉さんの質量、密度がなかなか良かったです。が、もっと極悪に描いてもよかったかと思います。

それから相変わらず白竜さんにはしびれました。
ものすごくイカシテルんです。
特にラスト近くの構えるシーンのカッコよさったら!
大好きです!

印象に残ったもうひとり。すざまじぃイケメンがいました。
吉岡役の池内博之さんです。

昔のオダギリジョーを彷彿とさせる超美形で演技も決まってたし、存在感もありましたね。
北野武さんはこうしたキラっとした若手で化けそうな人材をまぶすことを忘れない。

女優さんの出演が皆無だったんですが、
余貴美子さんや高岡早紀さんを配役してもよかったと思いますね。そういう台本、書いちゃおうかな。

今回、北野武さんは刑事役ではないのですが(アウトレイジと「その男、凶暴につき」がごちゃごちゃになってますね)、やっぱり刑事役のほうが向いているかな、と思いました。

今回、タイトルに「最終章」となっているので、このシリーズは終わっちゃうのかと思うと残念です。
何か違う形ででも、同じシリーズ、継続してもらいたいなと思います。

アウトレイジ、162.pngラブ113.png










# by yoshi-aki2006 | 2018-01-27 22:12 | アンテナ | Comments(0)  

因果はめぐる~小池百合子さん、希望の党から離党勧告

玉木雄一郎さんは国会質問の時に声が良く通って言語明瞭という点で注目していた議員さんでしたが、気の毒で災難なことに希望の党の代表になってしまい、いろいろな紆余曲折の末、でしょう。
今回、その玉木・希望の党から小池百合子さんに離党勧告を出すとの報道を目にしました。

玉木さんはやり手の青山繁晴さんに加計学園問題に関してガツンと一発、かまされて、ちょっと青かったなあ、と思いますが、党内の長島昭久氏との調整はついているのでしょうか?

前原、小池、長島氏らが目指していることが見えていないで小池外しを推進すると、今度は玉木さんが困るのではなかろうか?
つらつら考えつつ、その点に興味津々です。

小池百合子さんは1月26日都知事の定例会見で久しぶりに拝見しましたが、目頭にアンチエイジングの一環で何か処置されたのか、ちょっと顔の印象が変わっていました。

のどにイガイガが詰まって何度も整えながら話の内容も行きつ戻りつの会見で、
かつてのビンビンしていた選挙時とは違って、話しぶりも、体型、お顔の表情もとても弛緩されており、それが今の小池さんの状態を如実に表しているように感じられました。

さて、その小池さん、あれ、まだ希望の党党員だったんだっけ、
というのが一点。

かつてはご自身が「排除の論理」で動かれていたのに、今度は排除される側に立たれたのだという点が一点。

因果はめぐる、といいますが、これほどぴったりな因果応報はないですね。

あざなえる縄のごとく、幸福と災いはやってきて、
しかも因果応報
の見本のような状況を目の当たりにして、人様にしたことは自分に跳ね返ってくるという戒めを今回の報道で思い出させてもらったな、と思います。

とはいえ、小池さんは知事の残りの任期をしっかり、都民のため、ご自身の公約実現のためにがんばっていただきたいものです。

たしか小池さんの公約の一つに「満員電車ゼロ」があったと思いますが、今、山手線など信じられないほど混みあっています。インバウンドでアジア系、欧米系とわず、わんさと乗り合わせているし、都市計画や再整備の問題も大きいです。駅近オフィスビル林立かつ住居マンション建設で乗り合わせる人が膨れ上がっているのです。

ぜひ、公約実現を。
混雑の緩和のために都知事として全力を尽くしてほしいものです。

この状態でオリンピックを迎えたらどれほど過酷な車中になるか、今から憂鬱です。
もし、混雑緩和が図られたら、今回の希望の党・離脱勧告なんて
まったく目じゃないほど、支持率の回復につながると思います。

それにしても定例会見で拝見するお姿に美容に割くお時間のゆとりがあることはよくわかりました。
見られてナンボのお仕事ですもの、外見維持も大切なことです。

公約実現、頑張っていただきたいものです。




# by yoshi-aki2006 | 2018-01-27 03:29 | アンテナ | Comments(0)  

日本の危機、少子高齢化を脱出するヒント

国会が始まりました。

記録的な寒波襲来や火山活動、地震の頻発で政治以外の要素も多々あり、先々について予断を許しませんが経済は好調です。
円高が株価を押さえる可能性はあるものの、日銀の存在もあるうえ、株高の動きに乗り切れていない人には押し目があれば、願ったりかなったりということで、

状況は悪くないといえます。

さて、表題の日本の危機である少子高齢化、つまるところデフレ脱却が可能かどうかですが、
江戸時代末期の日本の人口は3000万人ほどといわれ、
明治初期に3480万人、
明治45年には5000万人を超え、
昭和42年には一億人の大台に乗った歴史があり、

うまくスウィッチングできれば、大和民族が900年後に2人になる計算だとされた大和民族の危機も避けられるのではないでしょうか。
アベノミクスが株高・円安・日銀頼みでスタートし、翌年のオリンピック招致決定で日本の再構築にスイッチオンとなり、すざまじぃ勢いでやってくる外国人のインバウンドによって何とか、このコースの先にかつての人口構造を取り戻すチャンスがありそうです。

もちろん、江戸時代は鎖国によって戦争とは無縁な国家でしたが
グローバル化の推進に舵を切った明治維新からポツダム宣言までの日本は戦争漬けです。

富国強兵政策は戦争とセットでしたから、今回、その轍を踏まない形で人口構造をインフレチェンジしたいものだと思います。

いくつまで生きられるかはわかりませんが、
未来はいかようにも変幻自在。
悲観ばかりではもったいない、というものですね。

さて、それにしてもお野菜の高いこと!
粉ものも油も値上がりし
スモールチェンジも進行しているので、株価は上がれど家計には厳しい日々が続いていますね。

私は食材も徹底的に逆張りです。
かいわれ、豆苗、小松菜、ピーマン、アボカド、白菜などを多用して、

大根、キャベツ、レタスはPERの高い銘柄のように「見ているだけ」にしています。

今日の夕飯は
ニシンの塩焼き ショウガ添え
アボカド、アスパラのゆでベーコン添え
納豆・葱のあげサンド
エノキの煮切酒お浸しふう
梅干し
なめこの味噌汁

でした。
デザートは日本茶、みかん、ティラミスチョコ

エノキの煮切酒お浸しふうは作り置きができるので重宝です。
納豆のあげサンドもトースターでサクッと仕上がり、味の失敗もなくうれしい一品。

動物性の食材はこれだけ食材に恵まれている現況にわざわざ動物の命をとってまで食したいとは思わないのでできる限り、
植物性の食材で工夫して健康に良いおかず作りに励んでいます。

株の銘柄も食材も

PER的割高割安視点でしっかりと選別。

そして、未来に目を向けて悲観もせず、楽観もせず、彼岸にたどり着くべく日々精進あるのみです(*''▽'')

2月は小松、金沢、東京で講演させていただきます。目下レジュメつくりに励んでいます。ではでは!



# by yoshi-aki2006 | 2018-01-25 01:42 | マネー | Comments(0)  

2度と飲みたくない、2度と食事したくないと思われないために気をつけること

先日、ある人とたわいもない話をしていた時のことです。

「××さんと飲んだんだけど、会うなり、金がない、仕事を紹介してのお願いが始まった。もう、あんな人とは二度と飲みたくない」

とつくづく愛想が尽きたという表情でした。

私もそういうケースに遭遇したことがあります。「久しぶりに飲みませんか?」としきりに誘われるので、「あー、仕事紹介して、だな」と
思いました。何の用事もないのに、さほど親しくもないのに、しきりともみ手で誘ってくるのだから、お願いごとに決まってます。

飲もうよ
飲もうか

で展開している話ではなく、

「お会いしたい」「ぜひ」

と同業者があり得ない猫なで声で誘ってくるときはなんか頼まれごとであることが多いです。
で、ちょっと顔を出していないご無沙汰な店があったので、そこでならと会うことになりました。

マスターは顔なじみ。でも、この人、どんな人と飲むのかなーと客である私をそれとなく観察はするものです。
開店直後。店は静か。
懐石ミニコースでさあ、一献と行く前に、つまり飲む前に、シーンとしている店内で開口一番、その人が口にしたのは
「金がなくて、仕事がなくて、困ってます。仕事紹介して」
でした。

えっ! いきなりですか? そんなに?

正直、そう思いました。

もうこの一言で、「この人と飲むのはこれが最後だな」と思いました。
新鮮なお刺身が運ばれてきたというのに、一人で飲んだほうがよほどおいしく味わえたなあと。

いや、私だって知り合いが仕事に困っていたらひと肌脱ぐし、思い切り、真剣に紹介してあげますよ。
が、この人はどんだけ仕事を紹介してあげてもお歳暮一つ送ってきたことがないし、ありがとうと感謝の言葉を自分からいち早くいってきたこともないし、紹介してあげた仕事先でちゃんと仕事はしているものの、報告もないのです。
「仕事をいただきました。ありがとうございます!」と報告してきていれば、以降も困ったということがあれば、いくらでも相談に乗ってあげたと思うんですよ。

が、一度もそうしたことはありませんでした。

そもそも酒の席でおいしいものを目の前にしてお酒がまずくなるようなことを店主が耳をそばだてている中で発言して平気な神経がこの人物の自分勝手さ、自己中心さを物語っています。

そんなことだろうと思った。

そう思い、「本来ならあなたが若手に仕事を紹介してあげなければならない年恰好なんだからさ、お互い、頑張りましょうよ」といいました。
でも、情け深いというか、お人よしというか、それでも私が「書き仕事なら紹介してあげられるわよ」というと
「書き仕事なんか一本原稿書いていくらでもないじゃないですか。講演なら稼げるじゃないですか」
と金に困っているといいながら、仕事を選ぶわけですよ。

さすがにバカ言ってんじゃないよとカチンと来ました。
そんなおいしい話がどこにあるというのでしょう?

その日、私はおごってあげませんでした。手ぶらでやってきて、自分勝手なお願いごとをして、しかも仕事を選ぶとは何事ぞ。
二度と飲みたくない、と思う人はこういう人です。

人はバカじゃないんだから、口に出して言わなくても「あ、この人、困っているんだな」とかわかるものです。それを口にしないで我慢している姿こそが人の胸を打ち、「よし、何とかしてあげよう」と思うものです。
それをなんじやらホイ?

「高い仕事を紹介してくださいよ」
だって? 顔洗って出直してこい、じゃないですか。

二度とごめんだわ、と思い出すのはもう一人います。
そんなに親しいわけでもないのに、
「ランチしませんか?」と異常な執念でアプローチしてきて、会うなり「離婚して慰謝料ももらっていない。お金に困っている。仕事紹介してくれませんか?」
と言ってきた人がいました。外車を乗り回し、億ションに住み、セレブな暮らしをしていると噂を聞いていたのに、あらまあ、どうしたの?
「夫が浮気して女にお金を貢いで・・・・」
と同情を引くようなことを会うなり長々披露します。
情け深くお人好しな私は人材派遣会社の女社長を紹介してあげました。

さて、その人。
勘定の時にすーっとトイレに行き、ものすごく長い間、帰ってこずに、しょうがないから私が勘定しました。

すると帰ってきて、「あ、そうなんですね」と勘定が終わったことにしれっとしているわけです。ランチにしては高い店だったんだけどな。

いや、これはなかなか、と舌を巻き、いや、どこかでちゃんとするかも、と思い直しました。
たまたま女社長が近場にいたので合流し、女社長の前では「一生懸命、なんでも仕事させていただきます」と殊勝なことをいいます。

まあ、頑張ってくださいな、ということでお開きに。

しかし、そのお茶席でも絶対にレシートをつかんで支払うそぶりは見せません。女社長にお茶位、おごればいいのにな。せっかく忙しい中、来てもらったのだから。

ケーキなどのショーケースもあるのだし、勘定しないのならせめて女社長にケーキの土産でも持たせればいいのに、とその人を見ているとしらーん顔しています。

そんなに金がないのだろうか?

と思っていると、帰り際、「私、デパートによりますので」とさっさと身をひるがえしていきました。
後日、菓子折りでも送ってくるのかと思いましたが何も挨拶ナシです。私ならデパートに行くのなら、交換したばかりの女社長の名刺住所に菓子折りでも送っておくけどなあ。

その後、仕事先で顔を合わせる機会があった時にも「お世話になりました」という言葉は聞けませんでした。差し入れでも持ってくれば
印象が変わるのに気が利かない、気がつかないんだなあ。挽回する機会がせっかくあるのに。

後日、女社長から、電話があり、
「あの人、使えないわ。こちらの貴重な時間を使って一時間ほど電話でアドバイスしてあげたのよ。そして、こちらがすぐに紹介できる仕事も提案したのよ。なのに、そんな小さい仕事は安いですよね。もっと高い仕事がしたいです、というのよ。賞味期限キレているのに、全くわかってないわ」
とのことでした。

二度とこの元セレブ妻さんとも食事したいとは思いません。

両者に共通していることは何だろうなあ。

あえて言えば、両者とも若い頃、ちやほやされた、ということでしょうか。
今もその手形が使えると錯覚しているんでしょうね。

いい歳をしたオジサン、オバサンなのに
いつまでも僕たち男の子、女の子感覚・・・。

というわけで、二度と飲みたくない、食事したくない、と思われてしまうのは

勘定の汚さ、調子よさ
おごってもらって当たり前の態度、当たり前のように人に金を払わせる人は嫌われるし、憎まれる
おごってもらったら、後日、ちゃんと礼をする(最低限、礼状を送る。おごってもらった金額の半分~同等程度の菓子折りなどでお返しする、など)
言葉でもちゃんと感謝する。でないと、礼が行き届かない、と思われる
おごってくれそうな人と食事するときは手土産を持っていく
特にお願い事をするなら絶対に手土産が必要
わざわざ出向いてもらった場合はお車代を包む必要がある場合もある、もしくは車やタクシーで最寄り駅まで送る

店をセッティングしてもらったのならその店で相手のメンツをつぶさない

そうしたこと以外に、

相手がきれいな服なら焼き鳥屋などけむりもうもうの店にはいかない
二度と食事したくないと思われるようなガツガツ食い、矢継ぎ早な注文は慎む
食べ方、飲み方にすべてがでる 相手はそれを見ている

食べ終わった食器類の扱いに育ちが出る
割り勘の時にみんなの分の割り勘分の自分分の領収書はもらっても、みんなの分の領収書を「あ、私、それ使うわ」ともらわない。
これをする人は信用できない。
領収書の諸問題はおろそかにしない

などなど。

人はざっくばらんにしているようでも見るところは見ています。

二度と飲みたくないとか、二度と食事したくないと思われないために、

マナーや人としての基本的なありかたをしっかりさせたいものですね109.png
わざわざ嫌われるために飲み、食べ姿を見せているのは残念です。
あった人全員を自分のフアンにしてしまえる魅力を磨いていきたいものです101.png

# by yoshi-aki2006 | 2018-01-20 06:23 | 人間考察 | Comments(0)  

1回の食事量はげんこつ一個分が目安 

 名古屋で講演し、新幹線口まで車で移動。すぐ新幹線に乗るつもりが、ふと、ふらふらーと「うまいもの通り」に。
いつもは「やまや」さんでひつまぶしを頼むのですが、お待ち客の末尾に着くと遅くなるかもと別のスパゲティ屋さんに入りました。

「ミニ」「レギュラー」「大盛り」とサイズが選べるのでお店の方に聞くと、「レギュラー」がスタンダードのようなので、牡蠣フライスパゲティ「レギュラー」を頼んだら、どかーんと大量の麺がのっかった皿が運ばれてきました。

「うわっ、こんな量はとても食べられないや」とあまりのボリュームにタジタジとしました。

ひつまぶしだって「ミニサイズ」でいいのに。

失敗したなー。こんなことならミニサイズにしてサラダを頼むんだった。
と思いつつ、ひたすら麺、麺、麺と格闘です。
牡蠣フライとウインナーとスパゲティソースと麺。お味はおいしかったので食べてしまえるのですが、それにしても量が・・・・。

食事はバランスよく、を心掛けているため、次回はミニサイズとサラダにしようと思いつつ、残すのも申し訳ないのでフーフー言いながら完食しました・・・。

案の定、歩くと胃がでんぐり返っているのがわかります。一度にたくさんの量を食べたから胃がびっくりしているんですね。
一度の食事量の目安はげんこつ一個分がベストといわれます。
今日のスパはげんこつ3つ分はありましたねえ。いや4つかも。
しかもスパゲティがげんこつ3つ分。あとは牡蠣フライ。

代謝が盛んだった時はうどん屋さんで二杯は食べていたものですが、今は小サイズで十分だなー。
それといろんな種類の食材を食べるのが健康の秘訣ですね。
体が変わってきていることを実感します。

今年も遠方出張が多いので体調管理をしっかりしなければと思いました。


食後、遅ればせながら対策をと野菜ジュースを飲みました。バランスのいい食事、程よい量の食事を一食一食、丁寧に取りたいものです。

さて、名古屋での講演が終わりました。
f0073848_21484573.png
皆さん、正月からめちゃくちゃ儲けている方が多かったです。
実際、恐ろしい勢いで株価が展開したので資産が増えていないほうが不思議です。
が好事魔多し。

高値と波乱とセット。

しっかり対策したいですね。
f0073848_21525248.jpg
私の後に講演されたストラティジストの講師さんは厳しめの見方を示されました。
が、厳しめの見通しを言われると、「そうは言われても・・・」と思いたくなるのが人情。

もうちょっと、もうちょっと。
と思いたいですよね♪

次回名古屋は3月26日月曜日、デザインセンターホールで名証IRセミナーに伺います!





# by yoshi-aki2006 | 2018-01-18 21:55 | 医食同源 | Comments(0)  

グランドデザインは政治で、生活の質的向上は民間の力で!

おはようございます
4:20分起床。お猫さまのお食事を作り、与え、トイレの始末をして自分の朝食と掃除。
あっという間に6:00です。朝のうちに、昨日、し忘れたことをすることに。

それは信号のところに設置されてある大きなお花鉢に水やりに行くこと。
管轄はわかりませんが、定期的に街路の大鉢にきれいなお花を植えてくれているんですよね。
今回はシクラメンです。

ところがここの所の雨不足で鉢の中の土がカラカラになっている。
花も茎からくたーっとなっているのを信号待ちをするたびに見て気になっていたのです。

その大きな花鉢に2リットルほど水をあげに行くことに。

水やりを時々しようと思い立ったのは川の遊歩道に置かれてある、やはり大きな花鉢がいつもそれはきれいな花を咲かせていて、かねがね、楽しませてもらっているのですが、早朝の事務所行きの際、落ち着いた年齢の女性がしっかりとお水やりをされているのを目撃したからです。

「おはようございます。お水やりをされているのですか?」と声をかけると
「はい、近くに住まいがあり、ここの鉢は私が世話をしようと」
と草笛光子さん系の美しい女性が答えてくれました。

ああ、そうか。彼女が毎朝、お水やりをしてくれているからここの大鉢は見事な花を咲かせているのだな、と思いました。

「ありがとうございます。いつも楽しませていただいています」とあいさつして、
私も街の花鉢に気が付いたときはお水をあげようと思った次第です。

身近なことで自分ができることから。

政治がグランドデザインを示し、民間は自分でできることから実行していくことで生活環境を向上させていく。この両輪が稼働して、「いい国」になっていける。政治や行政と民間の力がリンクしあうこと。
そして、一人一人が身近なことからできる範囲で「見過ごせないこと」の問題解決をしていくことが大切だな~。

みんなが気持ちよく過ごせるように整えていく工程に自分も教わるものがあるし。


さて、相場は基本的に強いと思います。
ただ、スタートダッシュが強かった分、1月ならではの益出しの売り株も出てくるので、一服一服しながら、という時期に差し掛かっているのでは? 売り材料が何もないときこそ、嗅覚するどく。

銘柄の流れをよく見極めたいですね。

というわけで、18日の名古屋講演でヒントをお届けできたらと思っています。

1月の政治経済の主な予定は
22日通常国会 日銀金融政策決定会合 
25日ECB(ユーロ圏の金融政策)
30-31日 アメリカFOMC

そして来月4日、アメリカではFRB議長がパウエル氏に交代します。









# by yoshi-aki2006 | 2018-01-15 07:34 | 日々の暮らし | Comments(2)